お花が好き ぼおっと眺める草木との時間を記録して

家事・叔母の見守り・散歩と庭仕事の生活の中で、楽しみを見つけかけたおばさんの自己満足のブログです。

小さなダム湖が気になって。

2018年06月23日 | ダム
 此の所雨らしい雨が無くて、庭の紫陽花もぐったり。
 偶にホースで水をかけています。
 この調子では、
 散歩エリアの小さなダム湖はどうなっているかなと気になって昨日行ってきました。

 心配が的中です。

 

 こんなに水位が下がっています。

 

 ダム湖の底が見えています。

 

 

 何時もはダム湖にぽっこり浮かんだような木も地面から見えています。

 

 ダム湖の対岸の木の根っこが見えているし・・・

 

 大雨で土砂崩れが心配な処もあるのに、此方は小さなダム湖が干上がりそう。
 梅雨にこんな姿では、真夏になったらどうなるのでしょう。
 
 

 

 おろおろしながらパチリです。

 

 私が心配したからといって、どうなるものでもありませんが
 困った状況です。
 今日もお湿り程度の雨がほんの少し降りましたが、お湿りで終わってしまいました。
 ダム湖の水量が増えるような雨が降って欲しいものです。
 一度にではなく、通常の雨の量でお願いしたいですね。

 

 

 ダム湖の様子に落ち込んだ帰り道、
 オカトラノオ、ヒヨドリバナが咲いていました。

 

 

 

 オカトラノオも水が少ないからか項垂れている様。

 

 ヒヨドリバナは元気です。

 

 水瓶のダムのある処に雨が降らないと、夏が心配になります。
 地震、天災、人間の力の限界を感じる散歩でした。

 ご覧頂き、有難う御座います。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩で百合の花を色々眺めてきました。

2018年06月23日 | 
 昨日と比べると気温が下がって、涼しい一日でした。
 午後から雨がポツリポツリ。
 ほんのお湿り位の雨で、
 項垂れている庭の紫陽花が喜ぶほどの雨ではありませんでした。

 今 百合があちら此方で見事な花を咲かせています。
 その姿を撮らなくてはと、パチリしてきました。

 真っ白の百合が混み合うくらいに咲いていました。

 

 此れだけ咲いていると、ゆりの里公園のゆりを見ているような気がします。
 それ以上かな。

 

 此れだけ咲かせるのには、お世話が大変でしょうね。
 手を掛けただけ応えてくれているようです。

 

 

 此方の家でも、ユリが咲いていました。
 
 

 


 ウバユリ(ユリ科 ウバユリ属、花期7~8月)が大分伸びてきました。
 もう暫くすると、蕾が顔を出すでしょうね。

 

 

 ウバユリは、この緑の中で目立ちませんが、着実に成長しています。

 

 

 

 此方の家の百合は真っ赤です。

 

 

 

 

 我が家の百合もアップです。
 もっと撮ったつもりでいたら、家のと同じだと撮らなかったようで・・・

 

 

 

 

 

 此方の御家の百合は、黄色の百合。
 沢山花を付けていました。

 

 

別の御家の百合。
 此方の黄色は、ちょっと大人し目の色のよう。
 開きかけの姿も好いかな。

 

 百合が見頃になっているのをみて、もう一度ゆりの里公園に行きたくなりました。
 (6月6日に行った時はちょっと早すぎたようだったので、再チャレンジ)
 腕の悪さを棚に上げて、一番の見ごろに撮りたいなんて笑われますね。

 「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」
 私には縁遠い花ですが、歩ける内に見ておかないと・・・

 ご覧頂き、有難う御座います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大安禅寺花菖蒲祭に行って来ました。NO.1(花菖蒲)

2018年06月23日 | 
 6月6日、ゆりの里公園の後 
 大安禅寺の花菖蒲祭(6/2~6/24)に足を向けました。
 北潟湖の花菖蒲祭を見て、更にまた大安禅寺の花菖蒲祭と欲張りかなと思いましたが、
 今の時期だけの楽しみ、欲張って見に行きました。

 第4代福井藩主・松平光通公が祖先と両親への恩を忘れない為にと、
 越前松平家永代菩提所として建立したのが、大安禅寺です。
 境内には約60種類1万株の花菖蒲と千株の紫陽花、100種類のバラが咲き誇り、
 6月はそれぞれが順に咲き出して、楽しませてくれるそう。

 まずは目的の花菖蒲をとお寺の中に入らずに花菖蒲目指して・・・
 大安禅寺は講話が評判で、
 この日もその講話をされている横を通って花菖蒲を見に急ぎました。

 小雨の降る中、苔が潤って緑が目に飛び込んできます。

 

 この横が講話されている本堂。

 

 大安禅寺に初めてお邪魔したので、
 どんな花菖蒲を見れるのか期待が高まります。

 座り込んでカメラを向けている人がいました。
 プロのカメラマンかしら。
 中々動きません。
 居なくなるのを待っておれないので、パチリしました。

 

 越前松平家の永代菩提所とあって、何となく格式を感じます。

 

 同じ花菖蒲でも、何となく風情を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 あっちが好いかな、こっちが好いかなと、パチリパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 花菖蒲の奥にバラ園が有りました。
 花菖蒲だけかと思っていたのですが、バラが又素敵でした。
 続きは又次回にアップしたいと思います。

 ご覧頂き、有難う御座います。


 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

散歩で見た白系の花。(ハンゲショウ、ギンバイカ、クチナシ、ナツツバキ)

2018年06月23日 | 
 今日の昼間は暑かったですね。
 車で走っていて表示30度になっていました。
 日差しがきつくて、服越しにあたっていてもじりじりと暑くて、もう夏って感じです。
 昨日の散歩で見た花をアップしました。

 ハンゲショウが、この暑さの中爽やかです。
 見ているだけで涼しく感じて、暫く佇んでいました。
 (ドクダミ科 ハンゲショウ属 花期7月 虫媒花 別名片白草、半化粧、半夏生)

 沢山咲いていました。

 

 

 この葉っぱの形と色、独特ですね。

 

 

 

 色んな形をしているので、あれもこれもと撮りました。

 

 

 

 ギンバイカ(フトモモ科 ギンバイカ属 花期5~7月 別名マートル)

 

 

 このシベが綺麗ですね。
 ふんわりとしていて、思わず手が出そうです。

 

 

 

 

 ギンバイカの隣に咲いていた花、?です。
 白というよりクリーム色の花です。

 

 

 

 

 

 クチナシの花が咲き出しました。甘い香りが好いですね。
 (アカネ科 クチナシ属 花期6~7月)

 

 このクチナシは八重で、一重より遅れて咲き出します。
 八重は実が生りません。

 

 

 前に載せたのですが、今を盛りに咲いているナツツバキ。
 見惚れて又撮りました。
 (ツバキ科 ナツツバキ属 花期6~7月)

 

 

 虫さんも魅せられてやって来ています。

 

 綺麗な花ですが、一日花です。

 

 美しさが短命だとより美しく感じますね。
 愛しまれて咲く花。
 こう在りたいものだと眺めながら思いました。

 ご覧頂き、有難う御座います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩で見た花。(ヒヨドリバナ、オカトラノオ、クガイソウ)

2018年06月21日 | 
 今日の散歩で、季節の流れを教えてくれた花をアップしました。
 新顔さんです。

 ヒヨドリバナ(キク科 ヒヨドリバナ属 花期8~10月 別名ヒヨドリソウ)

 

 

 

 

 オカトラノオ(サクラソウ科 オカトラノオ属 花期6~7月)

 

 アップで。

 

 

 此方は別の御家に咲いていました。

 

 

 クガイソウ(ゴマノハグサ科 クガイソウ属 花期6~8月)

 

 紫の花、清涼感が有ります。

 

 

 花をアップで。

 

 

 

 今の季節に丁度好い、爽やかさです。

 

 新顔さんに出会えると、又散歩に出かけたくなります。
 今日くらいの気温だと散歩に出かけやすいのですが、
 此れから気温も上がるし、今の内に散歩して体重を減らさないといけませんね。

 ご覧頂き、有難う御座います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加