たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

(2017.6.25)の植物撮り『古代蓮』

2017-06-30 02:57:06 | 植物写真

6/25(日)の昼過ぎです。

出島野鳥園を後にして、毎年撮影している『古代蓮』を撮りに行きます。

徳島県鳴門市島田島の休耕田を利用して、植えられています。



まだ、3~4分咲です。
蓮や睡蓮は「9時頃から花が開き始めて、14時頃から閉じ始める」なので、撮影時間には注意が必要です。

『古代蓮』

撮影距離が遠くなったり、太陽光を受けると色が薄くなる傾向が有るので注意が必要です。
この日は、雨模様だったので撮影日に選びました。
丁度、雨が止んだ無風の抜群のタイミングでした。

雨に濡れて、良い色が出ています。
古代蓮は、先端方向になるほどピンクが強くなります。
白部分とピンクのバランスを意識します。


曇り空でも、逆光方向に入ると色が抜け気味になります。
花は、咲き始めの良い状態です。









自画自賛して、撮った・・・・





自画自賛で「こんなもんかな」でした。

最後は、お供のニャンコ先生と遊んで撮影終了でした。



超撥水加工の葉っぱでした。

20分ほど撮影していると雨が降り出したので、終了でした。

お粗末様でした。

コメント

(2017.6.25)の野生動物撮り『濡れ狸』

2017-06-29 05:30:07 | 野生動物写真

6/26(日)は、雨模様です。
AM7:30から出島野鳥園で、鳥撮りです。
「雨が降れば、クイナ類」です。
が・・・・・でず。6羽孵化していたヒナも全滅している可能性があります。

たぬき日和ではないので、彼らも出てこないかな・・・・・と
思っていましたが、雨が止んだタイミングで
『ポン太』

手前の狸道から出てきました。
自慢の毛皮も濡れていますが、活動には関係ないみたいです。

寝ボケて・・・・・変顔になっていました。

欠伸❓❓をして、茂みから出てきます。

毛の所々が束になって、地肌が見えています。

半月前に比べると少し太って来ているので、エサは確保できているみたいです。

子狸も出てくるかな・・・・と待っていると

1匹だけ姿が見えました。

前日と同様に、ポン太が近くをウロウロして茂みから出てくるのを促します。



やはり、子狸は出てこようとせず・・・・・・
追い打ちを掛けるように、想定外の事が起こります。

捨て猫が観察舎の上に出てきます。

1週間前に、捨てられた親子猫です。

ポン太が警戒態勢に入ります。

子狸がいる茂みの側に走って来て、猫の方に注意を向け続けています。
猫は、ポン太に興味を示さず毛繕いをしているだけでした。

5~8分間の時間が流れたところで、ポン太が巣の有る方向へ消えて行きました。

子供が安全な場所(巣)へ戻るまで、臨戦態勢を崩さずに猫親子を見ていました。
今日も巣立ちは無理みたいでした。

1時間ほどポン太も出てこず、雨も降ったり止んだりを繰り返します。
雨が止んだタイミングで
『ポン子』

ポン太と子狸が出てくる茂みの道から出てきます。


ポン太に比べると少し痩せています。

手前をモデルウォークしてくれました。






そのまま、東方向へエサ探しへ出て行きました。

雨が降っても、子育てを頑張っていました。

子供たちが巣から出てきて、移動できるようになるとエサの豊富な他の場所へ移動する可能性が有ります。
ここでは、冬頃まで撮影が出来なくなるかも知れません。

お粗末様でした。

コメント

(2017.6.24)の野生動物撮り『ポン太ファミリー』

2017-06-28 06:15:22 | 野生動物写真

6/24(土)の早朝です。

『ポン太』

ポン子が通過した10分後に、出てきます。
静音シャッターにしていますが、小さい音でも気付きます。
普通のシャッター音だと、ポン太君がビックリしてしまいます。
鳥同様に、「出来る限り静かに撮影」と「レンズを観察舎から突き出して撮影をしない」は鉄則です。

こちらが配慮すれば、気付かれても逃げられる事も少ないです。

ポン太が見つめている茂みに、黒い影がチラホラ見え隠れしています。
「ポン子は、お出かけした直ぐなので・・・・もしや」と思って、気配を殺して見ていると・・・

「出た~お子ちゃまの登場」です。
開けた場所には、ビビッて出てきません。

ポン太が近寄ると少しだけ出てくるだけです。



ポン太が「茂みから出てきない」と促しているみたいです。

どうやら巣立ちを促しているみたいです。

誘導するかのように、ゆっくりと開けた場所へ移動していますが・・・出てきません。

ポン太が辺りをウロウロして、子供の様子をうかがっています。

ポン太の元へ行たいみたいですが、怖がって出てきません。

最初は2匹でしたが、3匹いました。

真ん中の子は、ポン子似みたいです。

ポン太が近寄ったり離れたりして試みをしますが、茂みから出たがらないです。

こちらを見て「ダメだね~、出てきません」と言っているみたいでした。

子供も元気良く動いていますが、警戒して茂みから離れません。









子供とじゃれ合っています。

頃合いを見計らって、移動します。

一緒に出てきました。ポン太の作戦成功です。

1匹はポン太と一緒に出ましたが、2匹は遅れてます。
手のひらに乗りそうなサイズです。

カメラで連写していると気付かれました。

ポン太似の子です。
黒ブチが綺麗に左右対称の美形です。

戻ろうか迷っています。

先を歩いていた子が、先に逃げ出したので・・・・一緒に全力逃走しました。

短い足でも、「速~い」でした。SS不足で、ブレてしまいました。
跳ぶように走って行きます。

ポン太も茂みの場所に戻ります。

最初に出て行った子は、常に下を向いたままでしたが、逃げ出すこと無く外の世界を楽しんでいました。

ポン太も「今日の巣立ちは、諦めた」みたいです。

背中に乗られたりして、子守りをしています。


「こんなのどう」と親子芸で笑わせてくれました。

「なかなかの狸芸です」と褒めてあげます。




巣で過ごしている時は、やんちゃ・おてんばな子供の子守りをしているので、
何時も疲れて、元気無く歩いた理由が分かりました。
「これでは、ポン子も寝不足になって・・・疲れて居眠りするわ」でした。

子供達は、遊び疲れて巣の方向へ帰って行きました。

ポン太が帰る前に、こちらを見て「巣立ちは、まだ無理」と言っているみたいでした。

いつも気を遣って撮影しているので、巣立の練習を見せてくれたのかな????。
撮影距離が7~8mの至近距離で、約20分の親子狸ショーでした。

狸も人間と変わらない親子ですが・・・・・「彼らは、(人間が決めた)駆除対象」です。
駆除に遭わなくとも、車に引かれるなどの危険がいっぱいです。

ヒクイナの雛とカルガモの雛を目当てで、出島野鳥園へ来ましたが・・・・
子狸で埋め合わせでした。
「出島野鳥園では・・・・狸しか撮れない・・・狸の呪いにかかっています」

注:当ブログは、狸関連のブログでは御座いません。

コメント

(2017.6.24)の野生動物撮り『居眠りポン子』

2017-06-27 07:00:10 | 野生動物写真

6/24(土)は、早朝から鳥撮りでした。
夜明け時間を狙って、出島野鳥園に乗り込みます。

先週と先々週は、全く鳥の写真を撮れないほど・・・酷い状態です。
この日も・・・鳥の鳴き声すら聞こえません。

期待を裏切らないのは、
『ポン子』

西の観察舎の刈り込みの場所に出てきます。
眠たそうな顔をしています。
ポン太も対岸の狸道を出てきました。入れ替わりで、ポン子が出てきました。

こちらに気付いていますが、静かに撮影しているので逃げません。



毎週のように出会っているので、慣れてきたのかな❓❓❓でした。


朝食❓❓で、草を食べています。







さすがに、不味そうな顔になっていました。

食べるものが少ないので、草を食べて空腹を紛らわせていました。

朝の散歩を楽しむかのように、ブラブラと過ごしています。





草をアムアムしたり、ボーとして過ごしていました。

茂みの側に移動して、うたた寝を始めます。



時折、首が傾きますが・・・・寝続けています。
10分間ほど動かず、寝ていました。

目覚めたみたいです。

目をパッチリ明けて、充電完了していました。

腰を上げて、ゆっくりとエサ探しに移動していきました。



今日の朝は、のんびりと過ごしていました。

曇り空でしたが、横日の太陽光に邪魔されず「まずますの撮影」でした。


注:当ブログは、狸関連のブログでは御座いません。

コメント

(2017.6.17)の野生動物撮り『カニ捕りポン太』

2017-06-22 05:58:26 | 鳥写真

6/17(土)の早朝~昼前までは『出島野鳥園』です。

ヒクイナのヒナが6羽孵っている情報を得たので、東側の観察舎で待っていましたが・・・
トータル5.5時間も影も形も有りません・・・でした。

退屈しのぎに、AM8:00頃に西側の観察舎を覗きに行きます。

『ポン太』

何時もの狸道で、池の中を見つめていました。


元気無く・・・トボトボと巣の有る茂みへ消えて行きました。
「次は、ポン子が出るかな❓❓❓」と20分ほど待っていましたが、出なかったので東側へ戻ります。

この日は、鳥撮りが0枚の大撃沈でした。
AM11:00になったので、西側の観察舎経由で駐車場へ向かいます。

5分ほど、待っていると・・・・

再び『ポン太』が出てくれます。
「鳥は5時間以上待っても・・・出てくれず。ポン太は、5分で姿を見せてくれます」



足を止めたり、池の中を見つめながら対岸の茂みの中へ消えます。

今日は、近くには寄ってくれませんでした。
先週は、ポン太とポン子の熱愛を(無許可で)スクープしたので・・・「撮影の協力は、しない」と
サービスはしてくれないみたいでした。

「今日は、これで終了」と帰りかけますが・・・・

ポン太が急ぎ足で、戻ってきます。

口には、カニを咥えています。

先ほどとは違い、喜び勇んで小走りしています。



巣の有る方向へ、カニをゲットして戻って行きました。

変える予定を変更して、30分遅らせます。
5~10分ほど待っていると、出てきます。

最初にポン太が出てきて、ポン子の続いて出てきました。

『ポン子』

ポン子も痩せて、元気が無かったです。

巣の方が心配なのか、視線を送っていました。

ポン太の後に続いて、対岸の茂みに消えて行きました。

「巣を開けっぱなしにして、大丈夫かな・・・・」と心配していると、直ぐにポン太が戻ってきました。



巣の方へ戻って行きました。

カニや虫類が、道端で見かける様になってきたので、小腹の足しになりそうな食料は出始めています。
気温が30℃にも迫る夏日だったので、夏毛でも暑そうにしていました。

鳥の少ない出島野鳥園ですが、雨が降れば状況も変わりそうです。
「カルガモのヒナが出始めた」や「ヒクイナのヒナが2羽(1週間前は、6羽)に減っている」に、
「カイツブリの巣が、アオサギに襲われて壊滅した」の鳥情報や捨て猫情報も有ったし・・・
「西側で2匹の狸に、東側で3匹ま狸が活発に動いている」などの狸情報が今週に入っても、
出島野鳥園では飛び交っています。


お粗末様でした。

注:当ブログは、狸関連のブログでは御座いません。


明日から超多忙期間に入るので、ブログを1週間ほどお休みいたします。

コメント