たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

鳥撮りで・・・『カワセミ』ショッキング・・・

2016-10-30 19:15:36 | 鳥写真

今日(2016.10.30)は、鳥撮り➡犬撮り➡鳥撮りでした。

夕方に、『吉野川第十堰』で、鳥撮り(ミサゴ・カワセミ・ハヤブサ狙い)です。

PM4:00頃に、『カワセミ』が姿をみせてくれます。



堰上で、ミサゴの狩りを撮影中に、通り過ぎました。
この数分後に、悲劇が起こります。

堰下に『カワセミ』が降り立ったので、探しに行きます。

カワセミを探していると、一羽のミサゴが堰上にダイビングをします。
飛び込みは撮影できませんでしたが、水から飛び立つ所を撮影すると・・・



カワセミが狩られています。
一瞬、鮎かウグイかと思われましたが・・・・尻尾などが見られません。
オレンジ色と、羽先にうっすらつ見られるエメラルドグリーンです。

何故・・・・ミサゴが狙って、狩れるカワセミでは有りません。
たまたま飛び込んだ時に、カワセミが通過したのかな・・・
カワセミのスピードに合うには、奇跡的タイミングです。
あり得ない・・・・。

「あの時、カワセミを探しに堰下に移動しなければ、ミサゴが岸近くに寄らなかったのに・・・」
「よりによって、貴重なカワセミが・・・・」
「カワセミを探さずに、ミサゴを撮り続けていれば、決定的瞬間が撮れたのに・・・」
トリプルショックでした。

これも、自然界の掟です。
これが、鳥撮りの難しさ(僅かなチャンスを生かせるか)です。

コメント

(2016.10.29)の鳥撮りが・・・『野キツネ』

2016-10-30 06:13:48 | 野生動物写真

予定外で時間が出来たので、ブログアップします。

土曜日は、夜明け前のドライブをして、『野島野鳥園』で鳥撮りです。
6:45~8:45まででした。
強風の中、期待していたタカ類(オオタカなど)は、全く出ずでした。

代わりに『野キツネ』君が姿を見せてくれました。

西側の観察小屋の前で、出てくれました。
5月には、ニアミス。8月は、目の前を歩いていましたが・・・撮れず。
三度目の正直で、撮れました。

カメラのシャッター音で反応していますが、こちらには気づいていない❓みたいです。
小屋の中からですが、ポン太でも気付くはずなのに・・・・目は良くないのかな❓❓。

拾い食いをします。








カユイ・かゆいをしています。




誰かに見られていると気配を察知されます。


地面に体を擦りつけて、マーキング❓❓❓。


小刻みにステップして、ダンス❓❓❓。





癒しのダンスです。

辺りの警戒を怠りません。






脇をクンクン。


手前に、ウォーキングしてくれます。











S字を描くように、歩きます。

観察小屋の手前ずぎて、身を乗り出して撮影していると・・・・気付かれました。

身を低くして、超快速で去っていきました。

強風で鳥が飛ばずでしたが、天敵のカラスも居なかったので、姿を見せてくれました。

痩せている感じがしていましたが、正常体型かな。
人に依存せずに、生き抜いているので、野生本来の姿です。

今週は、厳しい日々だったので、癒しに出てくれたのかな・・・・。
稲荷神社の神様がサービスしてくれました。

この後は、犬の訓練競技会。➡再び鳥撮り。


犬撮り後に、夕方前に戻ってきますが、鳥の出が不調です。
『ハヤブサ』



園外の海側をぶっ飛んで行きました。
『ハヤブサ』も撮影が難しいです。
「超高速に、警戒心が強く遠距離になります」


椿泊へ移動して、『タチウオ』釣りは、

2投目に、根掛かりで・・・仕掛けをロスト。
3投目に、トップガイドが破損・・・で、ジ・エンドでした。

予備の竿を持っていなかったので・・・約10分の釣行で、晩酌の肴も確保できずでした。
バッドの部分でないので、ガイド交換だけで済むので、軽症でした。

引き続き、ポン太撮影も・・・姿を見せずに・・・・大撃沈でした。
日が暮れてから1.5時間待ちしましたが・・・影も形も無かったです。
駆除されたのかな・・・・。
多くの釣り人が場所に押しかけていたので、出てこれずだったかな。

強風の夜中でも、多くの釣りバカさんたちが居ました。
「私は、釣り+狸撮りで・・・・竿とクーラーと一眼カメラを装着している大バカです。

深夜~早朝まで、突っ走る予定でしたが・・・PM9:30に帰宅でした。

予定外の土曜日でしたが、楽しめたかな。

日曜日も、鳥撮りスタート➡犬撮り(アジリティー競技会)です。

コメント

またまた、無くなる無くす

2016-10-27 20:55:18 | 日々の生活

今日は仕事を終えてから、愛車のエンジンオイル交換です。

早速、オイル交換会員(兼ポイントカード)のカードが見当たりません。
(前回も無かったような・・・記憶が・・・)

再発行してもらいます。

今まで交換していたオイルの種類が製造販売中止で見当たらず・・・・。
レジで問い合わせれば、小売りしているので前回余っていた分に足します。

長い会話で・・・・
店内のバックミュージックが邪魔して・・・聞き取りが困難です。

先週の土曜日には・・・・

この『ニャンコ先生』が失踪します。
家の中で、無くなったみたいなので・・・・探したが出てこん・・・。

他にも、最近に無くなしたものが・・・数個あります。

当然のように、無くし物に・・・忘れ物を多発します・・・。
呆れて、『ニャンコ先生』が去っていったのかな・・・。

今週は、防災訓練とか「あれやこれや」で・・・・役立たずの身体に参ってしまいます。

あと一日で、休日なので耐えなくては・・・・。

コメント

先週の鳥撮り『カモ類』

2016-10-26 22:00:20 | 鳥写真

秋が深まるにつれて、カモ類が多くなっています。

『ヨシガモの♂』



替羽中の雄です。
冬になるにつれて、緑頭が濃くなります。

こちらは、まだ夏着(夏羽)の『ヨシガモの雄♂』です。
雌は、このままの色なので・・・・分かりにくいです。
胸にうろこ状が見られるのが、雄です。

『マガモ雄♂』

居眠り中に、撮ってしまいました。目を閉じていました。

『シマアジ』



雄雌が混じっています。まだ、夏羽です。

『カルガモ』

冬服(冬羽)に着替えています。

『ホシハジロ』

手前が雄♂。奥が♀雌。です。

『コガモ』



上が夏服(夏羽)。下が冬服(冬羽)。


他にも、トモエガモ・オナガガモ・オシドリ・ヒドリガモなど、沢山のカモ類が飛来しています。
それに伴い、猛禽類も活発に動いているみたいです。
平日は、鳥撮りに行けないので・・・・悶々しています。

おまけです。
カモ類みたいですが、クイナ科の
『バン』


『オオバン』

食性は、カモ類と同じく水草(時には、陸草)食いです。
長距離飛行は、出来ません。

『ピンクとんぼ』

赤トンボの変体かな・・・・、分からん・・・です。

 『リラックス中のゴロニャ~ン』

セイダカアワダチソウの陰で、リラックスタイム中でした。
邪魔しない様に、望遠レンズで撮影でした。


お粗末様でした。

コメント

徳島城公園で、猫撮り(2016.10.23)

2016-10-25 20:16:11 | 猫写真

カワセミ写真展の後で、徳島城公園で撮影タイムでした。

『カワセミ』と『猫』と『秋の風景画』の撮影練習です。

ニャンコ先生と秋の徳島城公園を散歩しながら、良い絵を探します。


徳島博物館に動きが有ったので、覗いてみます。

1枚だけ頂いて、逃走します。
覗きのおっさんと間違われたら・・・・大変です。
いきなり・・・・乱れています。

『カワセミ』が出る『弁天池』を見ますが、カラスだらけでした。
毎年、寒くなってから飛来すので、まだ後のようです。

風景画も、撮り所が無しでした
今年の夏は、雨が降らず・・・木々も元気が有りません。
(今年の晩秋の紅葉は、ダメみたいです。)
標準レンズとマクロレンズを忘れていたので、望遠レンズのみの撮影だったので・・・良かったかな・・・。

ブラブラと散歩しながら、猫探しです。

『第1ニャンコ』



望遠レンズで、こっそり撮影します。
至近距離は、マクロレンズが必要みたいです。

『第2ニャンコ』

猫おばさんに、ご飯を貰っていました。
ここの猫さんは、エサを沢山貰えるので、メタボ猫が多いです。

『第3ニャンコ』



女子高校生に、片隅に追いやられていました。
しっかりとポーズして、スマホ撮影に協力していました。

『第4ニャンコ』



薔薇花壇を歩いていたので、黒薔薇ニャンコを狙いましたが・・・
思うように、歩いてくれませんでした。

徳島県では、秋薔薇シーズンに入ったばかりです。





春薔薇とは、違った魅力を見せてくれます。

咲き始めは、数は少ないものの状態が良いので、撮り頃です。
マクロレンズを忘れていたので・・・・試し撮り程度でした。

休日に、ブラブラ散歩してリラックス出来ました。
ニャンコちゃんを探しながら、ゆったりとした時間を楽しめました。

コメント