たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

『天高くグレ肥ゆる秋』 その2

2015-10-31 07:12:15 | フカセ釣り

10/25(日) 10:00です。

地元の方のアドバイスで、グレが釣れ始めます。

アドバイスは、「仕掛けを軽くして、グレに違和感無くエサを食べさせる事」と
「波止の影を利用した、明暗釣法」に、「基本的な仕掛け操作」と「海と魚の状況分析」です。

私も朝から色々と仕掛けを代えて、海の状況に合わせた釣り方を・・・
試行錯誤していましたが、正解まで辿り着けずでした。

魚との距離を詰める過程をするのも、グレ釣りの醍醐味とも言える楽しみです。

答えが出れば、「難題のテスト用紙も、解答用紙を片手に持っての・・・如くになります」

連続で釣れます。

23~27cmの『口太グレ』がメインです。
「みんなお腹がですぎや~」


綺麗な『尾長グレ』も釣れます。

27~28cmですが、メタボ腹の真ん丸体型です。


グレを7~8匹を釣り上げた所で、昼食タイムです。
 
晩酌用の肴を自前で確保できたので、安心して食べれます。
ノンアルコールビールで乾杯です。

昼からも好調に釣れ続きます。

サイズも相変わらず、23~30cmです。
メタボ健診で、行政指導が入るような・・・グレばかりです。


16:00頃になると、周辺のグレ釣り師が帰り始めます。

先端が空いたので、アドバイスを頂いた方(ついでにグレも・・・)の隣に入ります。
(この時も「こっちへ来なさい、良い型のグレが居るから」と呼んでくれます)


エサ取りは皆無なので、釣れればグレのみです。


16:30頃に、強烈な引きが有りますが・・・瞬殺でされました。

6:00~17:00まで、32匹(23~30cm)の結果でした。

30分ほど、近況の状況や深浦地区の釣り情報を頂いて、お別れです。
(魚も10匹ほど頂きました)


ここの波止は11月から工事になる為、『立ち入り禁止』になります。
釣行予定している人は、ご注意ください。
(12月中旬まで、立ち入り禁止みたいです。)

次の釣行は、年末年始までお預けです。

魚は、大切に料理です。

月曜日の夜
『尾長グレ・口太グレの刺身』

口太グレは、脂が激のりです。「うまかとです
尾長グレは、脂の乗り丁度良くて、
グレの風味をほど良く感じられて、「まいう~」です。


『グレのハランボ焼き』

フライパンで焼きます。
グレ自身の脂で、揚げ焼き状態になります。
(グレのお腹は、ラード状の脂があります)

『グレ丼とグレの味噌汁』

締めには、持って来いです。


火曜日の夜
『グレのタタキ』


①皮付きのグレ短冊に、魚金串を打ちます。


②ガスコンロの直火で、皮面を炙ります。

プロパンガスは、火と水蒸気が出るだけなので、大丈夫です。

③冷水にとらず、自然に冷まします。
 身をスライス➡皿に並べる➡ラップをして、冷蔵庫で冷やします
 大根おろし・ネギなどの薬味をのせる➡ポンズをかけ回せば完成です。

激ウマです。


『タカベのフライ』

アジフライをお上品にした味わいです。
タルタルソースも合いますが、ソースにからしがお勧めです。

ビールが進みすぎます。

水曜日の朝
『グレバーガー』



水曜日の夜
『グレ刺身の3日熟成』

不味くは無いけど・・・「いまいち~」。

水~金曜日の朝 木・金曜日の夜
『グレの干物』

味が凝縮しています。

朝は、グレの味噌汁を付けて、焼き魚定食です。

朝食用でしたが・・・、夜も日本酒片手に食べれば・・・・、
飲酒が止まりません。


①海水より少し濃い


②天気よい日に、一日干しです。


③ラップをして、冷蔵庫で保管です。
 1週間ほどは、保存できます。

 食べれない分は、冷凍庫で保管です。


残りは、切り身にして冷凍庫でストックします。


コメント

『天高くグレ肥ゆる秋』 その1

2015-10-29 20:31:25 | フカセ釣り

10/24(土) 21:20に愛車の釣り具を乗せて、釣行です。

今回は、高速道路を使わずに・・・下道を走ります。

心に溜めたストレスを発散するが如く・・愛車を走らせます。
目的地は、320km先の『深浦漁港』です。

パワー不足の愛車をアクセル全開で、峠を登り・・・
下り坂をアウト・サイドインで、鋭く攻めの走りです。
(足回りが弱い、ミニバンなので・・・苦戦します)

途中、小腹が空いたら・・・コンビニの肉まん・あんまんをモグモグして、
先を急ぎます。

遅い車が居れば・・・幅寄せなどせず、一陣の疾風如く抜き去ります。
(徳島県民の交通マナーは、最悪なので・・・徳島道を走る時は、お気を付け下さい)

この道のりは、磯釣りをしていた時に通い詰めていたので、
『深浦漁港』までの、国道・県道のコーナー角度や何が有るかは、
頭にインプットされています。
高知市内を最短時間で通り抜けるルートも把握しています。

目的地に、AM3:30に到着です。
夜明けまで、仮眠します。

AM5:30に、携帯の目覚ましをセットしていましたが・・・
1時間弱を寝たか・・・悶えたか・・・分からない時を過ごして・・・
AM5:00前に、目覚めます。


朝食を食べて、夜明け度同時に出撃です。

予定していた、波止の先端は人が居ます。
どうやら、グレ釣り師です。
湾奥に陣取ります。

今日は、グレ釣り師が5人とイカ釣り師が一人です。
この場所は、グレ釣り師が少ないのに・・・珍しい人数です。

準備をして、AM6:00ジャストに開始です。

開始から30分・・・沈黙です。
エサすら取らない・・・海中にも魚が見えません・・・。
「秋の海で無く、厳冬期の海みたいです」。

AM7:00頃に、海の中に変化が見えます。
「タカベに、オヤビッチと・・・グレも見え始めます」

AM9:00までに釣れたのは・・・、
『アカジャコ』

標準和名・・・『クロホシイチモチ

『スズメダイ』


『タカベ』


『キタマクラ』


『オヤビッチ』



唯一釣れた『グレ』は・・・、

12cmの超小物です。海へ返還です。

結局は・・・カモメのジョナサンの給食係に成り下がります。



グレは、海中に見えるものの・・・よう釣りません。

泣きのどら焼きタイムを入れて、落ち着きます。

グレを釣ってからの・・・コーヒーブレイクの予定でしたが・・・。

10分ほど休憩して、釣りを再開です。
直後に、地元のグレ釣り師が自転車でやってきます。
しばし、情報交換です。
色々と教えてくれます。
何より助かるのは・・・しっかりと発音してくれる事です。
補聴器を通して、。聞き取り良好です。
地元情報なので、有力情報です。

この方は、少し離れた所で釣り始めます。

私は、釣れない時間の再開です。

少しすると先ほどの方が、近くに寄って来て・・・魚を置いていきます。
「ここの尾長グレだから、美味しいから食べてね」と30cmほどの尾長グレをくれます。

5分後に、口太グレも頂きます。

私は・・・依然・・・沈黙です。
「他人の釣った魚で・・・晩酌か・・・」と想っていると・・・・、
先ほどの方が、近づいて来てアドバイスをくれます。
身振り手振り手、教えてくれます。

アドバイスを的確に守って、仕掛けを替えれば・・・

一投目から、魚がヒットします。
25cmのメタボなグレが釣れます。

ここから反攻開始です。


続く

コメント

大漁

2015-10-26 22:12:26 | フカセ釣り

日曜日は、大漁でした。

グレ(メジナ)(口太グレ・尾長グレ)が32匹。
サイズが、23~30cmでした。
10匹ほどは・・・・頂き物です。

帰宅すれば、月曜日の早朝です。
遊び過ぎた・・・「やってもた・・・」。

スケジュールが、大渋滞で・・・パンクです。
料理に、片付けに・・・その他ものもので・・・

仕事だけは・・・、予定変更の待ったは・・・してくれない・・・です。

ブログは、落ち着くまで・・・お休みします。
(釣行記は、忘れないうちに・・・書かなくては・・・・)
少しして、戻ってきます・・・。



題 『1・2・3 大漁だ~』

                         なんちゃってカメラマン作


私は、神様は信じないし・・・信仰心も薄い人間ですが・・・
この神様なら、信じていいかな・・・・。

この・・・はしゃぎようは、七福神で宴会が有れば、『恵比寿さん』が一番はしゃぐんだろな。

私も、七福神の宴会に誘ってくれないかな・・・・。

恵比寿さん』の隣で、半尻を出してはしゃごうかな・・・
『弁天様』が居るから、半分だけにしときます)

『弁天様』に、お酌ついでに・・・口説こうかな・・・。
いえ・・・、『弁天様』の魅力とお酌返しで・・・酔い潰されるかな・・・。
隣で、『毘沙門天』がボディーガードで、虫が付かないように居るかな・・・。

『毘沙門天』は、「皆の者、生きて帰ろう」と出陣前の如く、酒を煽っていそうかな・・・。

やはり、私は『恵比寿さん』と釣り談義かな・・・。

「魚は、大きくしてから釣らなくてはならない」と説教されるかな・・・。
いえ・・・、『小物釣り師』の私なので、言い負けません。

『恵比寿さん』となら、朝まで語り合っていそう・・・です。
それどころか・・・・宝船から夜釣りで「先に、どちらが釣るか」競争していそうです。


10月は神無月で全国の神様は、島根県の『出雲大社』に集まりますが、
恵比寿さん』は、集合せずに私達の傍で居てくれます。

神様たち留守中に、皆を守ってくれる心優しき方です。

もしかすると・・・「全国の神様が留守にすれば、誰が人を守る」と口実をして、
タイ釣りをしているかも、「神様の『釣りバカ日誌のハマちゃん』的な存在かな」。
こんな神様なら、「私も信じて、信仰しても良いかな・・・」。



今週は、頑張るから「金曜日の仕事がおわったら、宝船で宴会に誘ってくれないかな・・・・。」

以前みたいに・・・バカ騒ぎできる日に戻れなかな・・・。

コメント

10/17(土)の撮影練習(十月桜・棚田ライトアップ)

2015-10-21 22:14:18 | イルミ・ライトアップ・オブジェ写真

16:00頃に、『十月桜』が咲いている徳島県上勝町です。

ほぼ満開状態です。

ソメイヨシノなどに比べて、花数は少ないですが、
2月上旬まで、花を付けて落としてを繰り返して、息の長い開花期です。

夕方のなので、撮影コンディションが難しいです。

空を入れると・・・スケルトン(花びらが透け)状態になります。
露出に注意しながら、背景を色のある場所とぼかし具合に注力します。

昼寝を1時間ほど入れたので、少し軽くなった頭の感覚を研ぎ澄まします。
マクロレンズで勝負です。









 


薄ピンクと白の花びらが、美しいです。
「私には、この咲き方が好みです」。


日が暮れて、本日の本命被写体の『棚田のライトアップ』です。

棚田(山の斜面に作られた、段々畑です。)が、
高さ約20センチの竹筒に入れたロウソクが1111本設置されています。
ロウソクは、ウェデイングなどで、残ったものを再利用しています。

出来が悪いので・・・・乱れ貼りです。













実際は、凄く綺麗だったのに・・・・、
「表現力に・・・センスに・・・・技術が・・・終わってます」
ダメ写真を量産でした・・・・「やってもた・・・」。


帰宅すれば・・・・22:00でした。
少しの睡眠時間で、日曜日のレースに臨みました。
(ドラキュラ症候群なので、問題無しでした)


おまけです。

日曜日の朝に撮った、野良猫さんです。


ご飯頂だいのポーズに・・・、


警戒ポーズです。





「なにか・・・足らない・・・。」

試行錯誤していると・・・
歌舞伎役者風の猫が登場です。

男前です。すでに、ポーズをきめています。

『恵比寿顔』


『雌ヒョウのポーズ』

なかなかの役者です。

野良さんなので、これでエサを貰って、生計を立てているのかな・・・。

エサ代わりなる物を持ってなくて、「御免なさい」です。
「ギャラ泥棒と訴えられそうな、猫さんでした」


もう一つ、おまけです。
独り言です。
ヒョウの文字変換で、🐆が出てきました。
(ライオンやキリンは、出てきませんが・・・・
🐢(亀)、🐯(トラ)まで有るとは・・・知りませんでした)

コメント

10/17の撮影『お松権現』

2015-10-20 22:03:10 | 猫写真

昼前から再始動です。

最初に向かったのは・・・・、
宝くじ売り場です。
『第1回おかやまマラソン』がプリントされた、
西日本宝くじです。
(私は、年末ジャンボのみですが、今回は記念に購入です)



金運を上げるために、『お松大権現』に向かいます。
 
合格必勝・商売繁盛・勝負事の利益が有ります。

『日本三大・怪猫伝』の別の顔を持っています。
1万体以上の招き猫が収められています。

ちょとだけ撮影させて頂きます。
(バチが当たらないか・・・ビビりながらの撮影です)
 







化け猫の資料殿も有りましたが・・・・、
ビビって・・・・撮れずでした・・・・怖かったです。

本殿にお参りして、「宝くじか当たりますように」とお願いします。

立ち去る時に、鳥居の傍に『猫さん』を発見です。


マクロレンズで、撮影です。






ここの神様の化身かも知れないので、(ワイロを渡してで無く・・・)おやつをあげます。
ついでに、「この宝くじを当てて下さい」と『猫さん』にお願いします。

無茶なお願いと無礼な写真を撮りまくったので・・・、

呆れかえって・・・「いいか減にしなさい」と物下へ隠れます。


帰る時に、こっち見てくれて一泣きしてくれました。



次は、『十月桜』と『棚田のライトアップ』で、撮影練習です。



題 『金運上がれ~』

                      欲望のなんちゃってカメラマン作

「お金欲しい」
以下、ノーコメント。

コメント