(2020年9月)の鳥撮り『ツバメチドリ』『ヨシゴイ』他

2020-09-13 11:06:43 | 野鳥写真

今日も2本目の「ポチッとな」で、投稿です。

9月に撮影した野鳥です。
D野鳥園でメイン活動して「狸君and野鳥だったので、撮れる野鳥は限られていました」の9月です。

D野鳥園ではありませんが・・・
『ツバメチドリ』



体長25cm チドリ目ツバメチドリ科 夏鳥・旅鳥

この日は10羽以上の群れで見られました。
前日は30羽以上も居たそうで「Sさんより情報を頂いたので、撮影しに行くか」でした。
撃沈のカマス釣行後に、探していると見付けられました。

稲刈りが終わった田んぼに、群れで降りていました。

少し距離があったので、着陸中の写真は良いのが無かったです。

「プチ飛び出し」を撮影でした。









短距離飛行で、着陸はブレ写真でNGでした。

何かに驚いて群れが一斉に飛び出しました。

「しまった~」で、飛び出した時はカメラを向けていませんでした。

頭上を大きく円を描くように飛んでくれたので、飛び物撮影を楽しませてくれました。

幼鳥と成鳥が混じっていました。

バッタを咥えたツバメチドリも飛んでいました。


乱れ貼りでお送りします。























毎年数羽は飛来していましたが・・・・タイミングが合わず「初めて多く撮影できた」でした。
(「飛来しても休日まで待ってくれない」ばかりでした。)

D野鳥園では「人気者のこの方」です。
『ヨシゴイ』

体長35cm ペリカン目サギ科 夏鳥

9月に入ってから姿を見せてくれる頻度が高くなっていたので、良い写真が撮れました。

いろんな憶測や情報が飛び交っていましたが、結局は雄雌の2羽で学習舎前で営巣して雛が孵っているみたいでした。
(台風10号後に、姿が見えなくなってしまったので・・・「雛は確認できず、再び迷宮入り」になっています)

飛び出しシーンです。



SS・・・1/400 F値・・・5.6 ISO・・・640
PCでトリミングと露出補正しています。

「SSが1/400では、足りませんでした」で、SS不足ブレでした。

手前の葦に飛び込む前に、スピードが落ちたのでピント回復でした。

「相当の飛び出しスピードがあるぞ」で、大チャンスをものに出来ませんでしたが「この時は、良い色で撮影できた」で満足でした。

適当に、乱れ貼りでお送りします。























納得いく写真は少なかったですが「レアな方なので、撮影観察できただけで良かった」です。

9月に入ると秋の渡りが始まったので、小鳥類がD野鳥園を通過し行きます。
『サンコウチョウ』



「たぶん・・・幼鳥」です。
なかなか手強い方でしたが、至近距離で撮影できました。

『コサメビタキ』



バツタを捕獲していました。
「長い旅に出るので、栄養を摂っていました」で、蛾などの虫類をフライングキャッチしていました。

『センダイムシクイ』

数羽の群れで、餌取りに忙しそうに飛び回っていました。

夏鳥では無く、留鳥ですが・・・・
『ケリ』





ツバメチドリのおまけで撮影でした。

他にも夏鳥・留鳥もさつえいしましたが「適当抜粋でお送りしました」。

コメント   この記事についてブログを書く
« (2020年8月)の鳥撮り『2羽の... | トップ | 2020年夏休み4日目『子狸2匹目』 »
最新の画像もっと見る

野鳥写真」カテゴリの最新記事