たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

(2019.1.6)の鳥撮り『出島野鳥園の猛禽類』

2019-01-12 05:00:31 | 鳥写真

冬(正月)休みの最終日です。
「明日からの仕事に備えて、近所で鳥撮りを済ませて、昼からは準備」の予定でしたが・・・・
(準備と言っても・・・・・・・特に無しですが)

近所を徘徊して・・・撮る鳥無しで、AM10:00過ぎに「やっぱり出島野鳥園」でした。

日曜日だったので、学習舎が開いているので「風を避けながら椅子に座って、ゆったり撮り」です。
(東の観察舎は、満員御礼状態でした。)

オオタカ・チュウヒの成鳥と幼鳥に、ノスリ・ミサゴ・ハイタカが飛来してくれました。

学習舎に着いた時は、オオタカ幼鳥・チュウヒ幼鳥・ノスリが木止まり「ウエルカムしてくれました」。
『オオタカ幼鳥』

「徳島県でタカ類を撮るなら、出島が1番」で、飛来頻度に近距離撮影が可能です。

「尾羽を広げて、私好み」の飛翔

「もう少し光量が有れば」と「もう少し距離が近ければ」でしだか、好みの写真でした。

「ススキ絡みで、これまた私好み」でした。

「ちょっとバランスが悪いけどね~」でした。

至近距離で、ブッ飛びしてくれます。



曇り空抜け写真でしたが、至近距離と順光方向で「これは良いんとちゃうん」と自画自賛でした。

強面で、池のカモを睨んでいました。

池のカモにアタックしていましたが「今日は、そのシーンは見えず」で、撮影のタイミングが合いませんでした。

見始めて2時間ほど動きませんでしたが「スクラッチタイムに入れば、飛ぶ飛ぶ」でした。

今日は「目を外した時に飛んだり、他の猛禽類を撮影時に飛んだり」で、「撮影タイミングが合わず」が多かったです。
二択に三択の撮影状況だったので「ノスリを撮ろうか、チュウヒも飛んでくるし・・・」と選択ミスが多く、裏目ばかりの日でした。

『ノスリ』

年末から出現率が高くなり「ここの縄張り争いに参戦した」で、連日のサービスをしてくれています。















右に左へ飛んで、忙しそうにしていました。
「これは飛び方は、撮影が無理~」の大胆不敵の飛び方もしていました。

『チュウヒ成鳥』

幼鳥と入れ替わりで飛来でした。

昨年の飛来当初は「撮影に苦労しました」が、「今は、飛来頻度も露出時間も高確率で撮影可能」です。

『チュウヒ幼鳥』



今日はバトルが見えませんでしたが「良い写真を沢山撮らせて頂きました」で、「出島に来たらチュウヒの撮影が出来なくてはね~」でした。

『ミサゴ』

園内の池に対して、ダイブ体勢に入りましたが「3度の降下のみの途中中断」でした。

「この至近距離では、追い切るには難しい」とダイブしても・・・「ミスっていたな」でした。

ほとんどの時間をイスに座って撮影していましたが「この時は、腰を上げて撮影体勢」でした。



数分の登場でしたが「この日のテンションMAX」でした。
もう少しお付き合いを願いましたが・・・「こればかりはね~」で、飛び去りました。

『オオタカ成鳥』

奥の木立に身を潜めていましたが、チュウヒ幼鳥がいなくなったタイミングで姿を見せました。

特に動かずに佇んでいましたが・・・・・
結局はノスリにビビッて、再び木立の中へでした。

少しだけ飛んでくれましたが「ブーブー」でした。

『ノスリvsオオタカ成鳥』

オオタカの逃走で・・・・良いシーン無しの「ピントも効てません」のダメ写真でした。
ノスリ・オオタカ・チュウヒのツーショット写真もありましたが・・・・「使えません」でした。

PM2:00過ぎまでの撮影タイムでした。
イスに座って、観察舎に比べると「心地良い撮影が出来ました」が・・・ピン甘の写真が多かった結果でした。

冷風に吹かれて「身を引き締めながら撮影し無ければ、ピントもチャンスも逃しがちになる」でした。
それに・・・・・・・・・「夜明け時間に合わせて活動(撮影)開始の勢いが無ければね~」でした。
今回は「気持ちが中途半端なので、写真も・・・・」でした。

嫌な写真も撮ってしまいました・・・・・
『カモメの幼鳥』

足に釣り糸が絡まっていました。
「片足を伸ばしたまま飛んでいた」と「低空飛行で変な飛び方」でした。

帰宅して写真を現像すると・・・・・でした。
ラインが劣化して切れるまで・・・数ヵ月もかかるので、厳しいなでした。



狸君の出現も「心待ちにしていましたが、気配無し」でした。

代わりに、猫勢力が活発に活動していました。
シロちゃんも狩り❓❓❓に出て来ました。





茂みに潜む獲物(小鳥❓❓)を狙っていいましたが、全くダメで「不機嫌面をしていました」。
毎朝、散歩の人から御飯が支給されているので「太りすぎですね」のシロちゃんでした。

甲斐虎風の新顔も徘徊していました。

今日の当番(学習舎)のMさんに挨拶をして、こちらには知らん顔でした。

この後に、西の観察舎の端を歩いていたので・・・・広範囲で活動しています。

出島野鳥園では、野良猫君も野生に帰っているので「狩りをしている場面に出くわします」。

(たぶん)出島のボス猫のチャトラン君は、余裕をかまして欠伸をしていました。

毎朝、ご飯が運ばれてくる駐車場を確保しているので「狩りをしなくても、食っていける」とボス猫の風格の太っ腹でした。

「出島野鳥園で暮らしている野良猫は・・・・5匹以上いるな」の捨て猫問題が深刻です。

この日は、野鳥のみならず猫君でも目の前に出てくれた方は「ウエルカム撮影」でした。
他のニャンコちゃんや小鳥も撮影でしたが「これくらいに、しときます」でした。

お粗末様でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (2019.1.5)の鳥撮り『チュウ... | トップ | 1月の鳥撮り遠征『オシドリ』 »
最近の画像もっと見る

鳥写真」カテゴリの最新記事