たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

(2019.1.5)の鳥撮り『サンカノゴイ』『クイナ』

2019-01-05 18:19:47 | 鳥写真

今日は「休日恒例の鳥撮り」でした。

1/3・1/4は、少し遠い場所で鳥撮りだったので「身体に疲れが溜まっているので・・・今日は、どうしようか・・・・」と「昼から所用も入っている」で悩みましたが、正月休みも残り2日なので「行くぞ」でした。

少し出遅れたので、AM7:10頃に『出島野鳥園』に到着です。
今日のターゲットは『サンカノゴイ』です。
「東の観察舎の近い場所で見られている」の情報なので、張り付いて出現待ちです。

今日は「徹底してサンカノゴイ狙いで、視線方向も低め」です。
『サンカノゴイ』

体長70cm ペリカン目サギ科
出島野鳥園のシンボル鳥(チュウヒと共に)です。

「見つけるのに一苦労 撮るのに二苦労」の手強い方です。

AM8:29に、観察舎の真正面のヨシ原から飛び出しました。
飛び出し時は違う場所を見ていましたが、隣で撮影していたSさんの「サンカノゴイが飛んだ」で真正面を見ると「目の前にサンカノゴイが大アップ」でした。

撮影開始から、何時飛び出しても対応できるように「カメラの電源を入れたまま、カメラのグリップを離すな」で、鳥待ちしている間は、ずっと胸の前でカメラを握っていました。

飛翔を確認から「2秒以内で、ロック・オン(ピント合わせ)」でした。

SS・・・1/1000 F値・・・5.6 ISO・・・400~1250 
PCでトリミング(約40~50%)しています。

曇り日でしたが「照度は確保できて、日光による光り過ぎや影も出なかった」で、「良い写真が撮れた」でした。



この写真の直後に、薄っぺらい状態になったので「ピントを外した」でした。

ピントを回復する時には、着陸態勢でした。

真順光の撮影方向になったので、「黄金色に輝きました」でした。
羽を大きく開いた場面だったので「羽の模様もクッキリ、〇〇羽(初列風切の上)も見えた」でした。




着地の瞬間は「ヨシの中へ、完全に消えた」でした。
1フライトで、十数枚のOK写真でした。

10分後に姿を見せますが・・・・

左手前の水路際を足早に駆け抜けましたで「良い写真無し」でした。

「もう1回飛ばないかな~」と待っていましたが・・・・・
姿も見えずで、人が多くなってきたので「今日は任務完了で、他の人へ場所譲り」でした。

AM10:30頃に「狙っていた写真を持って帰れたので、満足結果」で撤収でした。

出島には冬鳥として飛来します。
今年の飛来(初確認)は、2ヵ月ほど置くていたので心配でしたが「1週間前に、ようやく到着」でした。

他にもチュウヒ(幼鳥)が超至近距離を飛んだり、ノスリや小鳥も見られました。

『クイナ』

体長30cm ツル目クイナ科
出島野鳥園の代表格の冬鳥です。

チュウヒが近くで低空飛行している時に、近くの茂みから飛び出してきました。
(チュウヒを撮影している時に、サンカノゴイが飛び出さないか確認で、視線を落とした時に出現でした。)

『ヒクイナ』

体長23cm ツル目クイナ科
留鳥で、出島野鳥園では繁殖もします。
1/2(水)の撮影分でした。

出島野鳥園の主要鳥への新年の挨拶は「これで、ほぼ終わったかな」でした。
「あとは、狸君へ挨拶だけ」と主役の登場待ちです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年 元日の鳥撮り その2 | トップ | (2019.1.5)の鳥撮り『チュウ... »
最近の画像もっと見る

鳥写真」カテゴリの最新記事