たぬき日和

ご訪問有難うございます
休日は、鳥・野生動物・植物の撮影しています
釣行記や日々の生活なども綴っています

(2017.7.29)のキス釣り『蒲生田岬』

2017-07-30 13:25:25 | 投げ釣り

早朝時間は、カマスとメッキ調査でした。
AM8:00過ぎから、蒲生田岬でキス釣りです。

蒲生田岬での釣り人は居なかったので、好きな場所へは入れます。

確実なのは、通称『浜』ですが・・・・・「久しぶりに他の場所にするか」で、
通称『温泉前』です。

イカ釣りが有力な場所です。、久しぶりに空いていました。
(左奥に見えるのが、椿泊です。早朝のカマスポイントです。)

蒲生田のキス釣りポイントの中では、水深が深い場所です。

竿…スカイサーフT30
リール…トーナメントサーフZ45
道糸…PE0.8号(ショックリーダー・・・PE12~2号)
オモリ…15号
針…投魂T-1(5号)・ビクトルキス(5号)
エサ…石ゴカイ


AM8:15に第一投目です。

正面方向から探って行きましたが、豆アジと豆チャリコでした。

2投目は、空針。
3投目は、良い当たりが出るも・・・回収途中に、フィシュイーターに魚を取られました。
その後も、チャリコなどのエサ取りや空針を連続します。
「暑いので晩酌用の魚(肴)を確保して、早めに撤収」を目論んでいましたが、手こずります。

投げる方向を「正面の水深がある場所は不調なので、水深が浅い左方向の磯際」を狙う作戦にします。

作戦成功で、単発ですがキスが釣れます。



15~17cmが釣れました。

磯の近くに投げすぎると・・・

イソベラが釣れてしまいNGで、離れすぎても・・・空針でした。

本日最大寸の22cmが釣れますが・・・・「暑くて、もうギブアップ」です。


帽子を家に忘れていたので、1時間もすれば・・・頭痛が出始めて、危険撤収でした。

結局、1時間で4キッスの「ほぼ撃沈」でした。

どら焼きタイムをしながら片付けて、終了でした。


帰り道の『出島野鳥園』に2時間ほど寄り道して、昼過ぎに帰宅でした。

釣果は、大切に料理して晩酌の肴です。





『カマスの刺身』

身が柔らかすぎる為、食感は悪いですが
「ほんのり乗った脂と身の旨みが良い具合で、まいう~」です。

『カマスとキスの焼き物』

スダチをかけて、日本酒片手に食べれば「お上品激うま」でした。
特にキスは、魚の焼き物の中でもトップクラスです。
カマスも脂が適度に乗っているので、ふっくら食感で「やはり焼き物」でした。

締めは、『キスの天婦羅ソバ』と『チャリンコ飯』で高カロリー食でした。
(酔っ払い最高潮だったので、写真撮り忘れでした。)

今年のキス釣りは、全体的に低調みたいです。
今がハイシーズンですが・・・・徳島県のどの海岸も「今一つ」みたいです。

今回は尻すぼみでしたが、晩酌用の肴が確保できたので「それで十分」結果でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (2017.7.29)の『椿泊のカマス... | トップ | 7月のトレーニング合計 »
最近の画像もっと見る

投げ釣り」カテゴリの最新記事