只今準備中

2020-12-01 19:30:48 | 野生動物写真

年を重ねるごとに「月日が流れるのが早くなった」を痛感中の私です。

「そろそろ始動しないと年が変わる」で、たぬき日和の準備開始です。
しっかりと準備体操をして、備えます。

『タヌキストレッチ』

D野鳥園の狸一族のタヌキストレッチは、最初は前脚を伸します。
(ここの狸は前脚からが基本型です)

身体上半身も弓なりにして伸びます。

「最初の登場は、兄ちゃん狸君」です。
今年に生まれた推定4カ月(撮影当時)の雄狸です。







しっかり伸びた事を確認にしましょう。

顔に力が入りすぎて入る事が多いので・・・・

「顔もリラックスして、ストレッチをして下さい」です。

前脚を伸ばしたら、次は後脚を伸ばします。



後脚をしっかり伸ばしたら、腰を引き上げるように下半身全体を伸ばします。

斜め横から見れば、こんな感じです。



後脚も目一杯伸ばします。

脚と同時に身体も伸ばす事が重要です。

しっかりと身体全体を伸ばしていきます。

人間には無理ですが「背中も伸ばしていきます」のストレッチもできます。

お腹に力を入れて、すくみ上がる様に両脚も伸ばします。

「人間には無理なポーズ」です。

父ちゃん狸の出番です。

年齢は「3歳前後の若狸」の雄狸君です。
(左側は母ちゃん狸のポン子さんです。)

父ちゃん狸の二代目ポン太君です。

「行くよ」と前脚を上げて教えてくれました。

「まずは、前脚を伸ばします」で、豪快にギュッ~でした。

太っていても・・・しっかり伸びます。

しっかり伸ばせば、身体が倍以上伸びます。




最後は後脚を伸ばして終了です。

愛妻の横で「幸せ伸び」でした。

続きましては姉ちゃん狸のストレッチ編」です。

今年に生まれた推定4カ月(撮影当時)の雌狸です。
前脚と後脚を広げて「まとめて伸ばします」のバージョンです。

最初は他狸同様に前脚からですが、

前脚を伸ばしたまま後脚も伸ばします。

両脚を滑らす様に伸ばすので、難しいです。



柔軟性とパワーも必要とする姉ちゃん狸にしか見られない荒技です。

そのまま崩れ落ちないように戻ります。

腕力が必要なタヌキストレッチですが、
日頃から腕立て伏せで鍛えている姉ちゃん狸ならではの短時間ストレッチでした。

狸は、猫に匹敵するほどの身体の柔軟性を備えています。



寝起きは広い場所に出て、ストレッチをして活動開始時間に備えています。

最後は母ちゃん狸のストレッチ編」です。

「年を取ると狸も身体が硬くなる」の推定年齢7歳のポン子さんです。

最初は前脚を交互に大きく伸ばします。





両前脚を伸ばしたら、ゆっくりと胸を地面に付けます。

「無理せずに、ゆっくりと伸ばしていきます」で、1/2速でした。

胸を付けたら「無理しない程度に、しばらくステイ」のストレッチです。



充分に身体を伸ばしたら腰を下ろしてリラックスです。

「年配の方は無理しては、いけません」のポン子さんならではのストレッチでした。


「身体だけでなく、色々と柔らかくする必要が有ります」のポン子さんでした。

ブログは・・・・ストレッチが終わって、まだ始動前です。
全く記事を打っていないので・・・・・・・
これから「2カ月ほどさかのぼって」投稿記事を作成します。

「途中で、狸寝入るするかも」ですが・・・・・
相変わらず多忙なので仕事納めまでずれ込むかも・・・・・
忙しい合間を縫ってブログ打ちです。

今週の金曜日よりをブログを再開します。
金曜日は、狸曜日で狸君。
土曜日は、釣行記(秋の釣り)。
日曜日は、休みか雑記か鳥写真。
月~木曜日は基本的にお休みです。
の予定でお送りします。

コメント

タヌキパワー〇〇

2020-10-23 18:38:18 | 雑記

ブログをお休みして早1ヵ月で「時間が経つのが早いですね~」の私です。

「そろそろブログを再開するか」とタヌキパワーの確認です。
たぬき一族の私なので、タヌキパワー活動の源です。
『狸腕立て伏せ』



「プロレスラー兼タレント(元❓❓❓、じゃない❓❓❓)の浜ちゃんには負けません」で、
アニマルパワーを見せてやるぜ~」で気合も十分です。

スタートで「1回目」です。



「オイオイオイ(アニマル〇〇さんの口調でお願いします)」でした。

「まだダメですね~」で、

「もう少しブログをお休みします」の結果でした。

多忙中及びやっておかなければ・・・が沢山なです。

今日は持病の定期健診で「相変わらず酷い」で・・・また引きずるかも・・・・。
(大学病院の検査も案内されたし・・・⇦治療では無いので、止めときます。)

休日の過ごし方も大幅に替えて時間を作っていますが・・・・
「まだ、ブログを再開出来る状態には・・・ほど遠い」です。

寒さが超苦手の私なので、気温が下がるごとに・・・・ヤダヤダの状態です。
(10月前に冬支度は完了して準備万端ですが・・・・)

当ブログの再開予定ですが・・・・・
今年中には帰ってくる予定ですが・・・・まだ未定の状態です。

コメント

ブログはお休み中です

2020-09-14 05:14:18 | 雑記




諸事情により、ブログをお休みしてます。

再開は未定です。

コメント

2020年夏休み4日目『子狸2匹目』

2020-09-13 18:40:04 | 野生動物写真

本日のラスト投稿です。

夏休みの4日目です。
この日は、夕方のみの活動でした。

前日に子狸君が見られたので、今日も期待して巣のある場所へ向かいます。
巣に陰ができ始めるPM5:00頃に活動を開始するので、その時間に合わせます。

待つこと数分で、巣のある茂みからが出てきます。

日中の暑い時間帯は巣で寝ているみたいで、日が当たらなくなった時間に出てきます。



「ん前日に見た子狸とは違う・・・・黒ブチ配色」で、新たな子狸でした。

慎重に茂みから出てきました。



シャッター音で、こちらに気付きましたが・・・・

「誰だ貴様」の表情でこちらを見ていました。

「この子も警戒心が薄いな」で、前日の子狸同様に「長生きできるかな~」でした。







辺りを1匹でウロウロしていました。

直ぐに、もう1匹の子狸君が姿を見せてくれました。

もう一匹に比べると黒ブチが少ないです。
2匹が合流してウォークしていました。

今日出てきた子の方が少し大きく育っていました。
後日の確認ですが「左側が雄」で「右側が雌」でした。

大きく育って(推定3ヵ月)いて、外の世界にも少しは慣れていました。









少し前から「人目につかない夜中に活動していたの❓❓❓」で、巣から出てきたばかりの雰囲気は無かったでした。

巣のある茂みから、もう1匹が顔を出しますが・・・・

父ちゃん狸でした。

巣からて出てきて、ゴロ狸をしていると子供が寄って行きます。

「さすがは男の子」で、生後3か月で反抗期みたいでした。
「父ちゃん勝負」で突っかかりそうでした。

互いに「何でヘッピリ腰なの???」になっていました。

ケンカはせずに匂いを嗅いで、スキンシップをしていました。





推定で生後3ヵ月ですが、体長は親ほどに成長していました。

今度は母ちゃん狸のポン子さんも東側から帰ってきました。



二匹の子狸が出迎えていました。

両親狸のツーショットです。

動き回る子供に振り回されているみたいでした。

ポン子さんand男の子狸君です。



父ちゃん狸に寄って行く時とは違って、リラックスしていました。

子狸は落ち着きなく、興味津々に動き回っていました。



体長は大人と変わりありませんが、身体のラインは細かったです。

集合写真が欲しいですが・・・・

この日はバラバラに動きまわり「1匹離れていますが、こちら向きの集合写真は上手く撮れません」でした。

D野鳥園に行くたびに「狸君に遊んで貰っています」の狸派の私です。
(今日(9/13)も4匹が元気に姿を見せてくれました。)


諸事情により、明日よりブログをお休みします
早ければ1か月ほどで帰ってきますが、休養期間は未定です。

コメント

(2020年9月)の鳥撮り『ツバメチドリ』『ヨシゴイ』他

2020-09-13 11:06:43 | 野鳥写真

今日も2本目の「ポチッとな」で、投稿です。

9月に撮影した野鳥です。
D野鳥園でメイン活動して「狸君and野鳥だったので、撮れる野鳥は限られていました」の9月です。

D野鳥園ではありませんが・・・
『ツバメチドリ』



体長25cm チドリ目ツバメチドリ科 夏鳥・旅鳥

この日は10羽以上の群れで見られました。
前日は30羽以上も居たそうで「Sさんより情報を頂いたので、撮影しに行くか」でした。
撃沈のカマス釣行後に、探していると見付けられました。

稲刈りが終わった田んぼに、群れで降りていました。

少し距離があったので、着陸中の写真は良いのが無かったです。

「プチ飛び出し」を撮影でした。









短距離飛行で、着陸はブレ写真でNGでした。

何かに驚いて群れが一斉に飛び出しました。

「しまった~」で、飛び出した時はカメラを向けていませんでした。

頭上を大きく円を描くように飛んでくれたので、飛び物撮影を楽しませてくれました。

幼鳥と成鳥が混じっていました。

バッタを咥えたツバメチドリも飛んでいました。


乱れ貼りでお送りします。























毎年数羽は飛来していましたが・・・・タイミングが合わず「初めて多く撮影できた」でした。
(「飛来しても休日まで待ってくれない」ばかりでした。)

D野鳥園では「人気者のこの方」です。
『ヨシゴイ』

体長35cm ペリカン目サギ科 夏鳥

9月に入ってから姿を見せてくれる頻度が高くなっていたので、良い写真が撮れました。

いろんな憶測や情報が飛び交っていましたが、結局は雄雌の2羽で学習舎前で営巣して雛が孵っているみたいでした。
(台風10号後に、姿が見えなくなってしまったので・・・「雛は確認できず、再び迷宮入り」になっています)

飛び出しシーンです。



SS・・・1/400 F値・・・5.6 ISO・・・640
PCでトリミングと露出補正しています。

「SSが1/400では、足りませんでした」で、SS不足ブレでした。

手前の葦に飛び込む前に、スピードが落ちたのでピント回復でした。

「相当の飛び出しスピードがあるぞ」で、大チャンスをものに出来ませんでしたが「この時は、良い色で撮影できた」で満足でした。

適当に、乱れ貼りでお送りします。























納得いく写真は少なかったですが「レアな方なので、撮影観察できただけで良かった」です。

9月に入ると秋の渡りが始まったので、小鳥類がD野鳥園を通過し行きます。
『サンコウチョウ』



「たぶん・・・幼鳥」です。
なかなか手強い方でしたが、至近距離で撮影できました。

『コサメビタキ』



バツタを捕獲していました。
「長い旅に出るので、栄養を摂っていました」で、蛾などの虫類をフライングキャッチしていました。

『センダイムシクイ』

数羽の群れで、餌取りに忙しそうに飛び回っていました。

夏鳥では無く、留鳥ですが・・・・
『ケリ』





ツバメチドリのおまけで撮影でした。

他にも夏鳥・留鳥もさつえいしましたが「適当抜粋でお送りしました」。

コメント