ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

千葉大学亥鼻キャンパス特別食堂(閉店)

2006年11月06日 | 千葉中央ランチ

日替わりランチ 600円

千葉大学亥鼻キャンパス特別食堂(閉店) 千葉市中央区亥鼻1-8-1

亥鼻キャンパスには医学部と看護学部があって、食堂は看護学部の厚生棟にあります。1階が第一食堂、2階には特別食堂があって、何が特別なのか確かめてきました。
特別食堂は学生が休みの間は営業を休止してしまうため、今年も7月24日から9月29日までの2か月もの間、夏季休業となっていました。
厚生棟の第一食堂の目の前にある階段を2階へ上ると、入り口の上に小さく「特別食堂」のプレートが掲げられた質素な場所で営業しています。
中に入ってみると、ビニールのクロスがかかった4人掛けのテーブルがズラリと並び、壁は木目が目立つ合板そのまま、窓はアルミサッシむき出しで至ってシンプルというか非常に質素。
1階の食堂がいかにも学食然としていたのに比べればわずかな特別感があるものの、先客もひと組だけという寂しい雰囲気では特別感よりも寂寥感が強く感じられてしまいます。
きっとメニューが特別なんだろうと思って見てみると、確かに学食よりはマシかな。
特にこれといって興味をそそる品もなかったので、日替わりランチ(エビフライ)にしてみました。
コーヒー、紅茶、スープはセルフサービスで、部屋の隅に申し訳程度に少量が用意されていて、とりあえずスープを飲んで待っていると、ほどなくエビフライ定食が運ばれてきました。
テーブルサービスつきなのはさすが特別食堂です。
メインのエビフライは3本、かなり小さめです。1本目を口に運ぶと、???
エビフライの体感温度、だいたい35℃くらいでしょうか。かなりがっかりです・・・
もっと特別感を出さないと看護学部の女子は足を向けることはなさそうですよ。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さが美 | トップ | サウサリート(閉店) »

コメントを投稿

千葉中央ランチ」カテゴリの最新記事