自由に五七五

季語を意識して画像を1枚載せて楽しんで行くつもりです。
川柳もどきになるのはスタートが万流だったから。

孫からのお土産もらい敬老日

2020年09月21日 | 写真俳句
先日新聞のチラシを見ていたら、恐竜と孫が騒いだ。

住宅展示場のチラシに確かに恐竜。しかも二社とも。

日曜とあってパパママとそれを見に出かけたようだ。

脚を伸ばしてお隣山形方面へドライブしてきたのか

山形の酒をお土産と貰った。それに鮎。

へ~、プールとか予防注射連れて行ったお礼かと思ったが

今日は敬老の日。そんな意味があると今朝気付いた。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 昔から謂われどおりの秋彼岸 | トップ | 咲き初めのそこは日陰よ曼珠沙華 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鮎太)
2020-09-21 09:08:42
よかったですねえ。今のところ何もありません。
Unknown (KITAURA)
2020-09-21 09:22:00
やはりまだまだ若い安のりさん実感
でませんね・・・テレビ、ラジオから
65歳から高齢者と言ってますがまだ
60代は若いですから高齢と呼ばれたく
ないでしょう?
我が家もまだ届いてませんが栃木の孫か
ら宅配が留守のため手元にはまだですが
親が送ったんだと思います・・・私も
実母に孫の名で何十年も敬老の日に送った
こと思い出しました。
Unknown (秩父武甲)
2020-09-21 15:39:36
こんにちは

優しいご子息一家ですね。
立派な鮎と山形の地酒、お幸せですね。
Unknown (たんと)
2020-09-21 16:22:02
敬老の日のよいプレゼントになりましたね。
美味しそうです♪
Unknown (安のり)
2020-09-21 17:33:21
鮎太さん
 私もこの四連休なんの祝日か
全く気にしてませんでした。
昔のように15日は敬老の日の方が良いですね。
Unknown (安のり)
2020-09-21 17:36:54
KITAURAさん
 この頃は死亡欄みても90歳代が多いですね。
65歳から高齢者、ちょっと可愛そうです。
私は後期高齢者となりましたがこれ位から
高齢者でも良いですね。
 敬老の日は全く無縁と思ってましたが
いつしかそう呼ばれても不思議ではありません。
息切れもするし疲れやすくなりました。
Unknown (安のり)
2020-09-21 17:38:06
秩父武甲さん
 貰ったときは単なるお土産と思ってました。
今朝のニュースで敬老の日といわれやっと納得です。
Unknown (安のり)
2020-09-21 17:39:19
たんとさん 
 お酒は冷酒でしたがピッタリでした。
飲みたいと買いに行こうかとも思ってました。
それに鮎では喉がゴックンでした。

コメントを投稿

写真俳句」カテゴリの最新記事