自由に五七五

季語を意識して画像を1枚載せて楽しんで行くつもりです。
川柳もどきになるのはスタートが万流だったから。

白菜の重さつめこむ夜の鍋

2020年11月27日 | 写真俳句
いつしか沈む夕日も山から平地に沈むようになりました。

まだまだ都会の平地を目指しますが夕方の散歩は終わる頃は

真っ暗になりました。

 大根、白菜も出来上がりました。

今日は2回めの千枚漬け挑戦です。

タイヤ交換もしようかと思ってました。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 一時の心にぽつと冬桜 | トップ | 池底に少しの時間落ち葉かな »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KITAURA)
2020-11-27 08:48:47
白菜漬け食べております。沢庵は難しく
今まで1回しか漬けたことありません
主婦失格です。大根のハリハリ漬けが好き
でそれは何度も作っています。
千枚漬け、今度挑戦してみます・・・酢の
物はよく作ります。夏の茄子と同様大根は
用途が多いですね。寒くなってきて甘さも
増すことでしょう。
Unknown (たんと)
2020-11-27 14:21:33
寒さが厳しくなるにつれ
白菜も美味しくなってきます♪
Unknown (秩父武甲)
2020-11-27 15:59:19
こんにちは

家の白菜は種を蒔いたのが遅かったので、結球するのがもう少し掛かりそうです。
本格的な冬支度が着々と進んでいるようですね。
Unknown (安のり)
2020-11-27 19:17:19
KITAURAさん
 沢庵は私も一回だけしかやってません。
一樽作りましたが食べたのは1,2本。
練馬大根は青首とは形が違いますね。
青首大根、聖護院大根色々漬けて
楽しんでます。晩酌の必需品です。
Unknown (安のり)
2020-11-27 19:18:42
秩父武甲さん
 白菜は苗が育つ頃だいぶ虫に食われました。
でも中身はしっかりできました。
今日はそれを友だちに数件配ってきました。
Unknown (安のり)
2020-11-27 19:20:28
たんとさん
 大根は早々にできましたが
今になって白菜も出来上がりました。
外葉は虫に食われておりますが中身はしっかりできてます。今日も少し漬けました。

コメントを投稿

写真俳句」カテゴリの最新記事