ふどうさん屋のどんげこんげ日記

季節は、いつでもどこでも感じられます、それがみえますか?
宮崎市ふどうさん屋 Q&Q不動産

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

涼を求めて滝の下

2008年07月30日 | Weblog
梅雨が明け毎日30度をこす真夏日が続いている。

家の窓をほとんど開け網戸にして扇風機を回し、風が通るようにする。

生ぬるい風が通る。少しは我慢できる。

でも、ついに我慢できなくなり車を走らせた。

夏きたる。海だ、山だ、川だ、と人々は涼を求め出かける。

家にいてもエアコンをつけ涼しさがあればずっといられるが、そうもいかない。

思い立つまま出かけて行ったのは尾鈴山の瀑布群だった。

きょうは白滝の方へ向った。歩く事40分ぐらいたった所に紅葉の滝があった。

途中の遊歩道ではヒグラシが鳴いていた。木陰の中、沢に来ると涼しい。

でも滝つぼの所はまだ涼しかった!白滝まで行くには時間がなく、紅葉の滝から

引き返した。

「でも結構歩いたなあ、それだけでもいい。運動もした、癒しも得られた。」

だから滝さがしはやめられない。

                 by ヒロ



コメント

リニア実験線を訪ねる

2008年07月28日 | Weblog
国道10号線を北上し都農に入る手前から東の方を見ると、いつも目に付く物が

ある。それはJR日豊線東都農駅の海よりに一直線に延びたリニアモーターカーの

実験線跡だ。実際にその高架の下に行ってみた。

その高さは結構高く、そしてずらりと並んで見える。まるで海側に出来たすきまの

あいた要塞のような感じがする。このリニアの実験線は、もうなにも使う事の

出来ない廃墟みたいになってしまうのか?

こんなにたくさんコンクリートを使い出来た高架も、もったいない!

新聞に載っていた。この実験線の一部を使い「エアロトレイン」という浮上式超高

速列車の研究を鉄道総合研究所がしているとの事。

昨年には時速百キロでの有人浮上走行にも成功したと。

エアロトレインに乗れる日が来るのが楽しみだ。

               by ヒロ





コメント (1)

蓮ヶ池で蓮の花を見つける

2008年07月24日 | Weblog
仕事で新名爪から旧道10号線を街の方へ戻る途中で蓮ヶ池の前を通った。

そこには薄いピンク色をした蓮の花がきれいに咲いていた。

この付近はため池が多い、田んぼに水を引くために作られたのではないだろうか?

ずいぶん昔、バイパスが出来るまではこの道をよく通っていた訳で、佐土原から

街に行く時、蓮ヶ池の前を通ると「もうすぐで街中に入るなあ」と感じていた。

その当時蓮ヶ池は浮き草がはびこっていて、蓮の花など見かけなかったような

気がする。すぐ上には蓮ヶ池史跡公園が出来てこの蓮ヶ池も整備されたのだろう。

私が見た事のある蓮の花は白がほとんどで、こんな薄ピンク色が混じったきれいな

花は初めてだった。これからもっと広がって咲いて欲しい。


コメント

蝉の羽化

2008年07月22日 | Weblog
会社のコンクリートの壁に蝉の抜け殻がへばりついていた。

なぜコンクリートの壁なのか?普通は木の幹や太い部分でよく見かける。

幼虫から成虫になる時を羽化というみたいだが、蝉は成虫の蝉になってからは

一週間ぐらいしか生きていないと聞く!蝉はただただその間鳴き続ける。

夏の暑さの中、精一杯鳴いている蝉の声は夏だから当たり前と思っているし、

蝉の一生が短い事もみんな知っているからかもしれない。

我が家の周りは大きな木々も多く、鳥達もよく見かける。

以前に比べやかましいくらいの蝉の声がしないような気がする。

蝉の種類が減ったのか?それともこれから鳴きだすのか?

            by ヒロ



コメント

ひまわりの季節

2008年07月07日 | Weblog
宮崎も梅雨明けしたのではないだろうか?ここ何日か天気もよく、暑い日々だ。

夏の花といえば“ひまわり”だ。

西都の長園という所で、畑にひまわりの花を栽培しているというので行って見た。

ひまわり畑はすぐに分かったが、残念なことに花びらがほとんど落ちていた!

でもまだひまわりという形は残っていた。直径10センチぐらいの丸いこげ茶色

の種の部分がひまわりの顔みたいだ。

ここのひまわりは高さが1mぐらいのものだった。畑一面に咲いた黄色い花を

思い浮かべた。

夏に咲くひまわりの花は、暑い日中、太陽に顔を向けて自分をアピールして

いるようだ。まだまだ暑くなるのはこれからだ。ひまわりのように頑張ろう。

             by ヒロ





コメント