四谷大塚NET(徳島駅前校)

中学受験のパイオニア四谷大塚が徳島駅から150歩の最新耐震ビル「第一未来館」で、安心・安全の教育環境をご提供します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第一未来館に通ってくれてありがとう!

2013年06月29日 23時22分18秒 | 日々の記録

 

今日は、この第一未来館に来てくれていた生徒二人が転校してしまう日でした。

とても仲の良い二人で、先生たちはこの二人が大好きです。

 

一人は少し人見知りのする子で、先生たちと話をするのにもだいぶん時間がかかった

ように思います。とても優しい子で周りの子たちとも馴染み、楽しそうに夏合宿を過ごし

てくれていたときは本当に嬉しかったです。

一人は周りにとても気をつかうおだやかな子で、いつもみんなを元気付けてくれました。

レベルの高い仲間に囲まれ、塾で居るときの彼は本当にいきいきとしていました。

 

「人は、その人の仲間によって判断される。 」  英語の授業でよく使う例文です。

受け身の授業で使いますが、それ以上の言葉であると思っています。

やはり人は、自分がどこに居るか、どこで自分の存在意義を見つけるかによって、

ちがう人生を歩むことになるのではないか、と思ってやみません。

明るい光を放つ人の周りには、やはり明るい光を放つ人がいる、パワーのある人の

周りにはやはりパワーのある人がいる。

周りの人(仲間)がその人の鏡なのだ、ということかもしれません。

きっと二人も、不安と期待の両方を胸に秘め、新しい環境に身をおき、慣れないなが

らもすこしづつ周りと調和していくことと思います。

自分の居場所は自分で作れば良い、と知識人は言いますが、そう簡単にはいきません。

 

でも、本当に心がきれいな二人は、どこへ行っても大丈夫だと先生たちは思っています。

周りのみんなを幸せに、そして自分も幸せになるために、つねに 「絶好調!」 と口ず

さんでくださいね!

精一杯の君になれ!!

 

 

本日の授業です。

 

◆ 小学5年生 理科・社会 ◆

   理    科  動物と人のからだ  予習シリーズ・演習問題

   社    会  北海道 政令指定都市  予習シリーズ・演習問題

 

◆ 小学6年生 理科・社会 ◆

   理    科  滑車と綸軸  予習シリーズ・サブノート・演習問題・週テスト・SP

   社    会  現代の日本と世界  予習シリーズ・サブノート・演習問題・週テスト

 

 

次回もがんばろう!

 

 

 

 

コメント

こどもの気持ち

2013年06月28日 21時18分37秒 | 日々の記録

 

今日は小学生とたくさんのことを語り合いました。

(もちろん勉強もしましたよ!)

ひとりの子が私に語ってくれたことは・・

 

自分の学校のクラスでちょっとした問題がおきた。

もともと仲がわるかった二人がもめてしまった。小学生にとっては大問題だと思う。

二人が仲がわるいことは周りのみんなは知っていたし、友達は気をつけていた。

問題がおこったあと、学級会で話し合うことになった。

問題がまとまらず、下校の時間がきたので担任の先生が 「時間がきたから終わろう。」

と、知らん顔をしたので腹がたった。がまんできずに先生に

「先生がしっかり自分達のことを見ていてくれたらこの問題は防ぐことができたかもしれ

ません。」 と、言った。すると

「そんなことを言われるなんて思ってもみなかった。責任を人のせいにするのはよくない。」

 と先生に言われた。

 

・・と、いうことです。みなさんはどう考えますか?

もちろん、物事は多角的に、多面的に考えなければ真実は見えてきません。

実際に、私自身もその問題をすべて聞いたわけではありませんし、担任の先生とその生徒の

信頼関係がどこまでできているのかもわかりません。

そんな私が軽はずみに  その先生はなんなんだ---!というわけにもいかないでしょう。

ですが、先生や目上の人に対して自分の意見を言うということが、こどもにとってどれだけ勇気

がいることでしょう。ましてや、内容が相手を注意したり間違いを正したりするモノならなおさら

ではないでしょうか。

その子は憤りを感じていて、誰かに言いたくて言いたくて仕方がなかったとおもいます。

ポツリと話してくれたことがとても嬉しかったです。その話がどのように進んでいくか、話合いが

あったらまた教えてね、と伝えました。

自分の意見をはっきり述べることができる、間違いをしっかり正せる、この小さなリーダーを

応援したいと思います。

 

本日の授業です。

 

◆ 小学2年生 リトルクラス ◆

   国    語  おなじ部分をもつ漢字  p33の問題 p35・36をノートに写す

 

夏期講習会は新しいお友達がたくさん増えますよ!

しっかり第一未来館のことを教えてあげてくださいね!

 

次回も頑張ろう!

 

 

コメント

「夏期講習会 がんばるライバル紹介キャンペーン!」

2013年06月27日 23時09分10秒 | 日々の記録

 

今回の夏期講習会は、みなさんの友人をたくさん紹介してほしいという願いをこめて

「キャンペーン」を実施することになりました。

もちろん、一緒にがんばるライバルがいると競争心に火がつき、成績がぐーんと上がる

きっかけになります。 「あの子にまけたくない!」 「あの子に追いつきたい!」 という

純粋な気持ちも原動力になりますね。

また、何かをきっかけにして 「徳島第一グループ」 を知ってほしい!という気持ちもあ

ります。徳島第一ゼミ、四谷大塚NET徳島駅前校、ハイブリッドコース、東進こどもえいご

塾、、、 高校生が通う東進衛星予備校まで同じ建物にあるのですよ!

こんな建物は先生もみたことがりません。徳島にいるたくさんの子供たちにこの塾を知って

ほしいし、この塾に通い、この塾を卒業し、またその子のこどもが通える塾にしたいと思って

います。たくさん友達を誘ってくださいね!

 

本日の授業です。

 

◆ 小学4年生 CBAクラス ◆

  算    数  つるかめ算  予習シリーズ残り・演習・計算問題

  ※ つるかめ算が難しい!と言って、なんども口ずさんでいましたね。

     がんばって定着させましょう!

 

◆ 小学6年生 SCBAクラス ◆

  算    数  速さと比  プリント仕上げ・演習問題 

  国    語  随筆文  人と人との間に  演習問題

 

 

小学6年生は受験生として何をするべきかを真剣に考えましょう!

次回もがんばろう!

 

コメント

カサ を忘れていませんか?

2013年06月26日 23時02分00秒 | 日々の記録

 

梅雨入りしてから、雨が少ない日が続いていましたが、ここ数日は夜になると

カエルがゲンキに泣き、サラサラと雨の音が聞こえ始めてきましたね。

第一未来館へ来る小学生も、低学年の子は長靴というよりはレインシューズを

はいてくる子が増えました。

水溜りの上を嬉しそうに歩きながらゲンキに通塾してくれていますね。

レインシューズをはいているにもかかわらず、靴下をぬらしてしまっているので

きっとお母さんやお父さんには叱られているかもしれませんね。

 

学校から直接来る生徒はとくに、カサをもってくる子がおおいのですが、帰りは

お迎えのため、カサを忘れる子が本当に多いです。

皆さんをまもってくれる大切なアイテムですよ。

 

モノを大切にしましょう!

 

 

◆ しょうがく1ねんせい リトルクラス ◆

   さ ん す う   3つの かずの けいさん   p56をしあげてきてね♪

 

◆ 小学5年生 SCBAクラス ◆

   算    数   第17回 容器と水量  予習シリーズ残り・演習・スペプリ

   国    語   第17回 発展問題 物語文・小説  漢字テスト直し×5 演習

 

 

雨がふっていると、カサがないとこまりますね。

忘れえかえらないようにね。

次回もがんばろう!

 

 

コメント

自分のノートを見直しをしよう!

2013年06月25日 23時10分19秒 | 日々の記録

 

宿題チェックをしていると、みなさんのノートの使い方におどろかされたり、

またまた感心させられたりします。

書道や硬筆をしている生徒が多く、止め・はねのうつくしい「美文字」を書く

生徒がとても多いです。

 

ノートの使い方にもこだわりがあるようで、宿題用ノート(漢字用・予習シリーズ

用・演習問題用と、なんと3つにわけてる子もいます!)と授業用ノートをしっかり

区別している子は少なくありません。

 

授業用ノートも、先生の黒板の板書を写す場所と問題を解く場所がしっかりわけ

られていたりします。その子のもともとの性格もあるとは思いますが、勉強をする

上で自分なりにどうすればまとめやすいノートになるか、復習しやすいノートにな

るかを発見していくのでしょう。

 

まずは、だれかに見てもらうことを意識して、字は丁寧に書くこと、詰めて書くことが

良いとは限らないことを意識してくださいね。ノートの指導は随時行っています。

きれいなノートがつくれない、丁寧に書いているつもりなのになんだかノートが雑。

たくさん悩みはあると思います。見本のノートも紹介しますので、生徒の皆さんはい

つでも相談にきてくださいね。

 

本日の授業です。

 

◆ 小学4年生 CBAクラス ◆

   国    語  第17回  説明文   予習シリーズ仕上げ・演習問題

  ※ 全国統一小学生テストの返却をしました!

    ガッツポーズを決めてくれた子もいましたね。

    きちんとお父さんやお母さんに伝えられたでしょうか♪

 

◆ 小学6年生 SCBAクラス ◆

   算    数  第16回 点の移動  予習シリーズ・一行計算

   国    語  第16回 随筆 人と人との間に  予習シリーズ・漢字の練習

 

小学6年生は木曜日、算数の補習です!!

補習者は(多数!!)きちんと問題をもってきてください!

 

次回も頑張ろう!

 

 

 

 

 

 

コメント

保護者会への参加、ありがとうございました!

2013年06月24日 22時55分18秒 | 日々の記録

 

6月23日(日) 全国統一小学生テストの返却保護者会がありました。

会員生の保護者様対象ではなく、一般生の保護者様対象でしたので、あまり

みなさんには大々的には伝えていませんでしたが、それでも参加してくださった

お母様、お父様、ありがとうございました。

先のブログにも記述したとおり、テストの返却は生徒面談にて実施していますが、

この機会に保護者面談を希望してくださる保護者様は希望日時をお知らせください。

 

午後からは中学生の保護者様対象の保護者会を実施しました。

今回は、もっともっと徳島第一グループの中で生徒たちがどのような表情で授業をうけ

どんなふうに塾で過ごしているのか、をぜひ皆様にしてほしいという思いから、生徒の

スナップショットをあつめたスライドを用意しました。

 

写真を見ながら、どのお母様、お父様も本当に嬉しそうで、話をしている私自身も 「あ、

そういえばこの写真のときはこんなことがあった。」 ということを思い出しながら懐かし

い気もちになりました。

たくさん写真をとり、記録に残しておくことは大切だと改めて感じました。

 

中学生対象の保護者会を再び実施します。 7月5日(金) 20:00から21:15 です。

23日に参加できなかった保護者様のために準備いたしますのでぜひご参加ください。

 

本日の授業です。

 

◆ 小学3年生 ジュニアクラス ◆

   国    語  第17回 説明文  第17回 p2・3  ホームワーク p26~28

   ※ 授業前や休み時間に廊下で読書をする生徒が増えてきました。

      とても良いことですが、廊下に座り込んだり教室の前にたまったりするのは

      やめましょう。

      自習スペースがあいていればそこを利用してもいいですし、教室で読んで

      もいいのですよ。よんだあとはきちんと片付けもしましょうね。

 

◆ 小学5年生 SCBAクラス ◆

   算     数 容器と水量  予習シリーズの基本問題 ・ 一行計算

   国     語 物語・小説文 予習シリーズ仕上げ 漢字の練習

   ※ みなさんのゲンキいっぱいの写真を校舎に掲示しましたよ。

      本当に良い表情をする生徒たちですね。

 

全国統一小学生テスト、小学5年生は徳島県1位・2位・3位がこの校舎からでました!

いつものこととはいえ、本当に素晴らしいですね!

 

次回もがんばろう!

   

 

 

 

 

 

 

 

コメント

全国統一小学生テスト返却中!

2013年06月22日 23時59分29秒 | 日々の記録

 

明日は保護者会。

全国統一小学生テストの返却も同時に行います。

先生たちはみなさんの成績を見直してみました。成績表に穴があくほど見たはず

なのに・・ 飽きないものです。

どの生徒も同じように気になりますが、やはり今春、新しく入会してくれた生徒のことが

頭に浮かびます。ずっと会員でいてくれている子達は、ある程度は成績の上がり・

下がりには慣れていて(慣れてはいけませんが・・・)下がった原因も自分で分析

していたり、自信があるときは早く成績を返すように要求してきます。

新会員の子たちはヤル気いっぱい、希望いっぱいで入会してくれていますし、モチベ

ーションも高いですが、同時に、予想していた以上におもしろ難しい問題と、鍛えられ

た周りの友人たちにびっくりしている頃だと思います。

そんな中、このテストの成績は気になるところですね。

テストの結果は反省すべきものであったとしても、それに一喜一憂する必要はありま

せんよ。できていない箇所をみつけることがテストの役割りなのです。

反省し、復習し、次につなげる! 強い意志を持ってがんばろうね!

 

本日の授業です。

 

◆ 小学5年生 理科・社会 ◆

   理    科  第17回  音   予習シリーズ・演習問題

   社    会  第17回  東北地方  予習シリーズ・演習問題

◆ 小学6年生 理科・社会 ◆

   理    科  第16回  て こ (2)    予習シリーズ・サブノート・演習・週テ

   社    会  第16回  地球環境を考える  予習シリーズ・サブノート・演習・週テ

 

明日は保護者会!

晴れますように・・!

 

次回も頑張ろう!

 

 

コメント

文章から学ぶこと⑤

2013年06月21日 15時11分44秒 | 日々の記録

 

先日、小学生高学年の国語の授業でのことです。

 

文章の内容は・・・

主人公の女の子はピアノを習っているが、自分の意志ではなく母親の意志である。

母親に練習を強要され 「ピアノなんか嫌い!もうやめたい!」 と言ってケンカを

する。様子を見ていた祖母が 「押し付けるのはよくない。」 と母親を叱るが、母親

は 「自分も強要された。だが、真剣に練習するうちにピアノが本当に好きになった。

この子の音はピアノが好きな音だ。きらいなはずがない。」 と言う。

結局、主人公は怒ってピアノをやめてしまうがふとしたことがきっかけでピアノの楽し

さをもう一度自分でみつけようとする。

 

・・・というものです。うまく伝わったでしょうか。

ここで各自が感じたことを話し合ってみました。生徒からでた意見を記述してみます。

① 「母親の言うとおり、真剣にやってみれば本当にピアノが好きかどうかわかる。それで

  もいやだったら感情的にならずにきちんと相談するべき。」

② 「祖母は自分の夢を娘に押し付けた。母親も自分の娘に自分の夢を押し付けようとし

  ている。どうしてだろう。」

③ 「いや、と言っているのだから早くやめさせたほうがお金が無駄にならなくていい。」

④ 「主人公は最後にもう一度、ピアノを始めようとしたけれど、それは自分の意志だろう

  か。本当は悲しむ母親を見て気をつかったのではないのか。」

などなど。たくさん意見はでましたがまとめるとこの4つにおさまります。

(かなり現実的な意見もありますが・・)みなさん本当に自分の意見を言える素晴らしい

子たちで感心です。

 

ピアノを習っていると、習っていない子よりもしっかり楽譜を読めたり楽器に親しみを持て

たり、クラシックをより身近に感じられるのでとても素晴らしいことだと思います。実際、先生

も習っていましたが(先生も練習がいやでいやでしかたなかったです・・。)今では習わせても

らって良かったと思っています。①は本当に優等生とも言える意見ですが、親子でこんなに

冷静に話し合える家庭はあるのでしょうか。ちなみに先生の家では 「やめたい。」「アカン!」

の一括で終了でした。(チーン)

先生が気になったのは④の意見で、この生徒は子供なりに周りにしっかり気を使っているのだ

な、と思いました。自分がこうしたら家族が喜ぶ、家族に幸せになってほしい、と思うのは当然

のことです。

勉強を通して、みなさんの本音が聞けたような気がしました。

 

 

☆☆ 夏期講習会保護者会のお知らせです ☆☆

6月23日(日) 夏期講習会保護者会&全国統一小学生テスト返却会

  ① 小学2.3年生 11:00 ~ 12:30

  ② 小学4・5・6年生 13:00 ~ 14:30

   夏期講習会保護者会は1時間程度で終了します。

   全国統一小学生テストの返却会は、一般生保護者対象ですが、会員生の保護者様

   も参加していただけます。会員生のテスト返却は、結果が戻り次第、生徒面談にて

   直接生徒に返却する予定ですが、保護者面談を希望される場合はお電話にて希望

   の日時をご連絡ください。

   

  ③ 徳島第一ゼミ中学生対象 保護者会 15:00 ~ 16:15 夏期講習会詳細

この機会にぜひ参加してください。

 

本日に授業です。

 

◆ 小学2年生 リトルクラス ◆

    さ ん す う   かさ しらべ  p37~40

     

雨のせいで滑りやすくなっています。気をつけてくださいね。

次回もがんばろう!!

 

コメント

自習記録カードを活用しよう!

2013年06月20日 12時14分35秒 | 日々の記録

 

「塾のサブノートや学校の自学ノートに何をすればいいのかわからない。」

「家でなかなか勉強できない。自習に来てもいいの?」

生徒だけでなく保護者様からもたくさんこのような声が届いています。

 

まず 「自習」 に関してですが・・・

ずばり!毎日でも来て下さい!!

もちろん、家庭学習ができてこそ、自学できてこそ・・ ですが、なかなか家では

誘惑グッズ(テレビ・漫画・ゲームなどなど)が多すぎて勉強に集中できない、とい

う子が多いようです。塾に来れば勉強をするしかないので、みな自分なりに宿題

を終え、復習を終え、というふうに学習を進めています。

最近では学校の帰り、少しよって宿題を仕上げて帰る子もいますし、わからない箇

所を持ってきて、先生に質問して帰る子もいます。

長時間、滞在する生徒もいて、学年を超えて仲良くなり、上級生が下級生の勉強を

見てあげている光景もめずらしくありません。

さらに自習に来た生徒には自習記録カードを書いてもらっています。今日は自分が

何をするのか、どんなふうにできたかなど、生徒も先生もチェックをしましょう。

 

さて、サブノートや自学ノートですが・・  先生達が提案するノートの使用法は

① 塾の復習  塾で学習したページのまとめをする ⇒ 問題をもう一度解く

   問題を必ず解いてください。きれいにまとめをしてあるノートはたくさんあり

   ますが、点数に結び付けるには問題を解かなければなりません。

② 塾の予習  テキストには必ずまとめのページがあります。

   テキストの写しや例題は1人でも十分できることです。

③ 学校のテストの勉強 科目は何でもよいのです。

   期末テストの前には副教科の勉強をしている子もたくさんいますよ。

④ 英語⇒単語の練習・例文の練習(必ず音読もしてくださいね)

  国語⇒漢字・慣用句・ことわざの暗記 理科・社会⇒まとめてから問題に挑戦

  数学⇒計算 計算の間違いなおし などなど

これだけではありません。まだまだたくさんできることはありますよ。

なんでも相談してくださいね!!

 

☆☆ 夏期講習会保護者会のお知らせです ☆☆

6月23日(日) 夏期講習会保護者会&全国統一小学生テスト返却会

  ① 小学2.3年生 11:00 ~ 12:30

  ② 小学4・5・6年生 13:00 ~ 14:30

   夏期講習会保護者会は1時間程度で終了します。

   全国統一小学生テストの返却会は、一般生保護者対象ですが、会員生の保護者様

   も参加していただけます。会員生のテスト返却は、結果が戻り次第、生徒面談にて

   直接生徒に返却する予定ですが、保護者面談を希望される場合はお電話にて希望

   の日時をご連絡ください。

   

  ③ 徳島第一ゼミ中学生対象 保護者会 15:00 ~ 16:15 夏期講習会詳細

この機会にぜひ参加してください。

 

本日の授業です。

 

◆ 小学3年生 ジュニアクラス ◆

   算    数  はやさ  第16回 のこり  答え合わせもしておこう!

◆ 小学4年生 CBAクラス ◆

   算    数  等差数列   予習シリーズ残り 一行計算 演習問題

◆ 小学6年生 SCBAクラス ◆

   算    数  立体図形  演習問題 週テスト問題  

   国    語  説明文 「公共性」について  演習問題

   ※ 統一テストの結果を返却しています。各自、よ~~~く反省してください。   

   

台風でも警報がでても塾はあります。先生は待機しています。

通塾が困難な場合、無理をしないでくださいね。

 

次回も頑張ろう!!

 

 

コメント

生徒との談話①

2013年06月19日 11時59分02秒 | 日々の記録

 

どの中学校、小学校にも良くない噂や間違えた情報が生徒たちの間でささやかれるのは

大なり小なりあると思います。

例えば・・ 「今年の学年は昨年と比べて成績が悪い。」 などの話は、生徒たちだけではな

保護者様の間でもささやかれていることではないでしょうか。情報の発信源ははっきりしま

せんが、保護者様独自の観点から見た見解であったり、学校の保護者会等で先生たちの

口から出た一言であったり・・。私たちの耳に届くまでの間にいろんな人の意見がまざり、たい

ていの場合はすこしそれた情報に変わっているように感じます。

 

生徒たちの間でも 「今年の中学2年生は・・」 「1年の成績が・・」 などなど。

いろんな情報を私たち教師に提供してくれます。その内容によっては、「そんなことを誰が聞い

ているかもわからない塾にきて言うものではありません。」 と律することもあります。良い情報

であれば聞いていても嬉しいのですが、そうでないものもあります。

 

ですが、先日、とても嬉しいことがありました。いつものように授業後、生徒たちと談話をしてい

たときの話です。

「今の中学校は、やんちゃな子が多い。悪さをして叱られたり周りに迷惑をかけたりする子が多い。」

ということを言っていた生徒が 「でも、できれば自分達の代でそんなことはやめさせたい。なにをす

ればいいか。」 ということを話していました。

 

なにかがあっても 「我関せず。」 「見ないふり。」 となってしまった今、目が覚める想いでした。

 

わるい噂があるなら、それを払拭するためになにができるかを考えることができる生徒がいる。

それを実行できるかどうかはわかりませんが、その気持ちを大切にしたいと心から思いました。

学習塾として、教育に携わる一員として、何をすべきか、ということを考えさせられました。

 

この生徒は未来のリーダーになれる、と感じました。

 

本日の授業です。

 

 

◆ 小学1年生 リトルクラス ◆

     こ く ご    ことばのちから    p23 ~ 25

             げんきいっぱい おんどくを してくれていましたね!

◆ 小学5年生 SCBAクラス ◆

   算    数  はやさ   演習問題  

   国    語  発展問題  登場人物の人物像を考える  演習問題

 

自習に来る生徒がまたまた増えています。

質問に来る生徒が増え、私たちも大忙しですが、非常に嬉しい悲鳴です!!

 

次回も頑張ろう!!

 

コメント