がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning




監督 ドゥニ・ビルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタほか
あらすじ2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。


前作から35年ぶりを超えているかどうかは別にしても
よく作った!!!!!!と思う


2019年から30年後の2049年の世界
幕開けはレプリカントが機械なら問題ない。
反抗しなければね
人間と見分けのつかない"レプリカント"の反逆を阻止するために結成された捜査官 "ブレードランナー"の一員だった
いったい何者で、二人の関係がどのように発展していくのか

レプリカントを狩り、家に帰ると、レプリカントの製作者の作ったホログラムに写る女性。
従順なタイプのレプリカントは3D映像しか持たないAIの恋人と恋に落ちている
人間とレプリカントとの愛と対比なのだ

新人 Kは2049年の世界に新たな危機が迫る中
行方不明のデッカードをカギを握るとされて探し出す
ここに地球は環境破壊がさらに進んだ様子が素晴らしい
ロスの郊外の大地
まるで核戦争でもあったかのように
赤茶けて荒廃

広い視点から、様々に荒廃した地球の風景
仮想の世界。リアルの世界は、はっきりと、しっかりとしている
自由さがあった、反面に、猥雑な「暗さ」もある
Kの不安がシンクロしていた。
己は何者か・・・
何ゆえに「植え付けられた」記憶か・・・
彼の「人間らしい」感情。
記憶を追う

独特の映像美は繰り広げられる。
音楽など、引き入れて来る
思うに、近未来系の未来の世界を描く作品が多いが
よく「前向き」に明るさを描いていたりする
この作品ならではの世界観は別だ
前作に引き続いて暗鬱で薄汚れたリアルなデストピア系のイメージ
また
クルマ好き、メカ好きも楽しめる。
飛行可能な警察車両「ポリススピナー」
新人ブレードランナー「K」の足として活躍する

人間とレプリカントの間にある溝

肉体を持たないAIの女性。肉体を持つ娼婦と一体化する

美しさが漂う
目を惹くようなドンパチは最小限と描いているのも上手い
何故なら 滅び行く地球の感覚
人間、レプリカント、そして今回はAIと、
それぞれの愛に的を絞っているのだ
ドラマとしても、繊細に作ってあった

あ゛。いえ。レプリカントのレイチェルが子供を産んで・・・💦




コメント ( 10 ) | Trackback ( 5 )



« 亜人  無限の住人 »
 
コメント
 
 
 
見事だったね☆ (ノルウェーまだ~む)
2017-10-30 22:10:29
qちゃん☆
ホント仮装の世界もリアルの世界もしっかりと構築されているのに、ちゃんと自由さもあって本当に見事だったよね☆
この暗くて陰鬱な近未来イメージに、ヴィルヌープ監督のスタイリッシュさが加わって更に進化していたと思うわ~
 
 
 
Unknown (q)
2017-10-31 20:00:08
雪が降ったり
くすぶった世界も
これまたパラレルワールドに似合う
これからの「中間」世界が描いてあったような
よく続編を作ったな~と・・・
 
 
 
こんにちは (yukarin)
2017-11-01 13:49:53
静かに展開される、しかも約3時間の長丁場、でも映像がとても美しくて見入ってしまった。
レプリカントが機械だったらいいけど、生殖機能をもったらもうほぼ人間で....なんか怖くなってきた。
しっかり30年後の世界を描いていたね
 
 
 
Unknown (q 良かったわ)
2017-11-04 20:26:16
yukarinちゃん☆彡
これは観る人を選ぶ作品よね
ハンパない寂寥感だったし
人間とレプリカントというボーダーライン
深いなぁ・・・と思って観たわ
美術も文句なし
ラストシーンの「Tears In The Rain」
やばかった(-_-;)
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-11-06 23:25:36
ラストの「Tears in rain」が素晴らしかったですね。
あのシーンで、この35年ぶりの続編でありながら、その35年がそんな昔でないような感覚に陥りましたよ。
 
 
 
Unknown (zooey)
2017-11-07 13:02:05
ラストの「Tears in rain」は本当によかった。
でも、3時間は長い!
ずっと緊張させられて歯を食いしばって観て
私は疲れました~
とにかくハリソン・フォードが出てくるのに
2時間待たされるなんて、、、
 
 
 
Unknown ()
2017-11-08 18:47:52
にゃむサン☆
なんなんでしょぅねぇ
この作品の「寂寥感」
物足りない感なのに
突っ込みは色々と出ちゃいましたが
子孫を残すレプリカント(笑)
この「Tears In The Rain」でokでしょう!

 
 
 
Unknown (q)
2017-11-09 18:11:32
zooeyさん☆
そうなんです・・・
流石に 長丁場だったので、御尻が💦
この作品は、ダレ感を覚えなかったです
確かに ハリソン氏の登場は引っ張りましたね(笑)
 
 
 
Unknown (セレンディピティ)
2017-11-15 16:31:45
qさん、こんにちは。
映像や音楽がスタイリッシュでしたね。
Kが乗っているスピナーもかっこよかった!!

そう、これがロボットだったら罪悪感がないのに
人間と区別のつかない生命体であるために、見ているのが辛くなっちゃう...
ここまできたら、いずれ人間とレプリカントが
区別されない世界になるかもしれない、と思いました。
 
 
 
Unknown (q)
2017-11-17 17:50:03
セレンさん☆
見事に映像美の表現してましたわ
人間とホログラフィックAIが
徐々に同期するシーンとか
うわーっっ!!!と来ました
静かで淡々とした雰囲気が漂っていて
メンタルは普通の人
そこにも彼の幸せになりたさが・・・
深い話なんですよね~
余韻を残す終わり方も良かった~~
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ブレードランナー 2049 (ネタバレ映画館)
開演前にトイレを済ませておきましょう。
 
 
 
「ブレードランナー 2049」☆超えた! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット......
 
 
 
ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電......
 
 
 
『ブレードランナー2049』 (こねたみっくす)
奇跡を見たことがあるか。 SF映画史に燦然と輝く名作の30年後を描く35年ぶりの続編。それは映画史に残る素晴らしき傑作。 名作をなぞるのではない。名作を独自解釈で語るのではない......
 
 
 
ブレードランナー 2049 (セレンディピティ ダイアリー)
ライアン・ゴズリング主演、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、1982年に公開されたSF映画「ブレードランナー」の続編です。前作の監督リドリー・スコットが製作総指揮を務め、前作で主演し......