がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning




監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン 、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、カリン・コノヴァル、ジュディ・グリア、テリー・ノタリー、ガブリエル・チャバリア
あらすじ猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿をを隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。

「猿の惑星」前日譚「猿の惑星」シリーズの最終章
人類の脅威となる利口な猿がいかにして誕生していくのか描き
賢くなった猿たちと滅びゆく人類との確執
どちらも 猿側のリーダーで性格を持つシーザーの良き理解者が存在していた
シーザーは、そういう人達から「人間を理解」することを学び取り
人間は、人間なりの「シーザーに対する理解と愛情」を持ち
このスクランブルに「互いの距離」が存在していた
そして ここに互いのバランスが程好くあった
 今作品は その「互いの距離とバランス」が存在していない
シーザーの人間的行動。
そして、シーザーの奪われし知能
争いは、人間たちの愚かさの表れ

しかし・・・疑問が浮かぶ
猿インフルにより人間達は知能を失うのが判りきっている
なのに何故??????
だの ちょいちょい突っ込みが💦 
 ↑
解る方は、お解りかと(笑)

人間たちは、言葉を失う。それは「動物的になっていく」
知能を奪われていく猿と人間
秩序とバランスは崩壊する
争いが始まる

そっか・・・やっぱりシーザーは戦争をしたくなかったんだね
本当に そっと静かに 人間との距離を適当に程好くいたかったんだね

コバと同じだとシーザーは気がついちゃったね


旧1作目につながる内容になっていたなぁ
猿が人間を支配するのは何故か
人間は言葉を話さないのは何故か
口のきけない ノバの存在が旧1作目にも出てるし
シーザーに感情移入して観ちゃう

ん~~ ラストは・・・
もっと続きが出来るんじゃないかしら
どういうふうに猿の惑星になったかってのとか
感染ルートは???とか
でも ここまで シーザーを観て来たので
シーザー!! 素敵な作品を色々、ありがとー!ってキスしたいわ(笑)





コメント ( 5 ) | Trackback ( 4 )



« バリー・シー... デッドプール... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (セレンディピティ)
2017-10-24 15:19:39
qさん、こんにちは。
シーザーは人間から大切に育てられてきたから
いつか人間と分かり合えるという希望を
捨てずに努力してきたのでしょうね。
前作までは人間の方にもシーザーのよき理解者がいたけど
そういえば今回はいなかったですね。
ノヴァだけかな...

シーザー亡きあとの猿たちがどうなっていくのか
ひょっとしたらあと1作くらい、スピンオフが作られるかもしれませんね。
 
 
 
続きもアリかなと (qシーザーにキスを)
2017-10-27 17:13:51
旧作シリーズ大好きで
何回も繰り返して観続けていて
この新作シリーズで
何は無くともシーザー目線で観ちゃいます
シーザーと人間の多々を観て
どういうふうに「旧作に繋げるかな」と
楽しく観ていると
これでセストのシーザーかぁ・・・
と残念なんですが
今回の作品は
人類側からの
悲壮感とか絶望感が無かったなぁ

シーザー御疲れ様というキスを贈りたいですわ

 
 
 
続き (ノルウェーまだ~む)
2017-10-27 20:14:07
qちゃん☆こちらにも
確かに続きが出来そうよね。
今回は完全にシーザー目線で、猿部門の物語はしっかり完結していたけれど、新天地を見つけた=人間と猿が逆転するという事ではちょっと強引過ぎる気もするね。
猿インフルが判っててあの状況はちょっと…よね~
 
 
 
スピンオフでもアリかと (q やはり)
2017-10-28 20:16:43
まだーむ
ウィルスの影響で・・・って
それ以前に脳をやられてると?
人類側からみた悲壮感とか絶望感は?
描いて無くて、なんだかなーになっちゃった
人間の闇に触れたシーザーの絶望的な表情
随所にみられる「シーザーの表情」が
このシリーズが好きで観続けているので
御疲れ様とキスを贈りたい気持ち
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-11-06 23:19:08
そうそう、まだまだあの1作目につなげるには、あと数作は撮れるでしょうと思っちゃいますよね。
チャールトン・ヘストンも自由の女神もどこへ行ったの?
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (ネタバレ映画館)
喋れないのは駅前留学しなかったからか!?
 
 
 
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (セレンディピティ ダイアリー)
「猿の惑星」シリーズ最新作。ピエール・ブール原作のオリジナル「猿の惑星」(1968)へとつながる、プリクエル3部作の第3弾。監督は前作と同じマット・リーヴス。前2作と同様、......
 
 
 
猿の惑星:聖戦記 (だらだら無気力ブログ!)
子役の娘がめんこくてイイ。
 
 
 
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......