Said q winning

がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

2018-04-21 | は行の作品


監督:スティーヴン・スピルバーグ

出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、アリソン・ブリー、ブルース・グリーンウッド、マシュー・リス
ストーリー ベトナム戦争末期の1971年、夫亡き後にワシントン・ポスト紙の単独社主となったキャサリン(ケイ)・グラハムは編集主幹のベン・ブラッドリーと協力し、同族経営に反対する社内勢力をなだめながら采配をふるうが、不正に入手されて持ち込まれた政府の軍事機密文書を自ら精査する間になぜかニューヨーク・タイムズ紙にその文書の真髄をすっぱ抜かれる。NYT紙に依拠する反戦世論と政府権力との対立が鮮明化してWポスト紙が忘れられようとした時、更なる関連機密文書がWポスト紙に持ち込まれ、ケイと報道に命をかける男たちには会社の命運をかけた真の国益のための決断の時が迫る

新聞社や報道とはこうあるべきと言う理想
新聞社ワシントン・ポストと国家権力の軍事機密文書を巡る攻防。
権力に屈せず、「報道の自由」の勝利。
終幕にてウォーターゲート事件を映す
単純に言っちゃうとアメリカ初の女性新聞発行人となった女性は
ワシントン・ポストのトップになり成長するというストーリー
えぇぇぇぇぇッッッ💦普通の主婦がねぇ(* ̄- ̄)ふ~ん
例えば、株を上場。パーティーは有力な人達と拡げる。
全ては「全米を動かすリークの為」だ

政治的メッセージはメインはワシントン・ポスト

ご丁寧に「最高機密文書」の副題
71年の実話であり現代的だった
報道の自由か、会社の存続か
メディアと政府との闘いは見応えアリ

だけど・・・メリハリが足りて無かったな~

蛇足 登場人物が多過ぎなのでチェックしようね

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« リメンバー・ミー | トップ | 泥棒成金 To Catch a Thief... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zooey)
2018-04-24 17:51:15
そう、前半はシーンの多くが新聞社内、
スーツ姿の似たような登場人物が多くて判別しづらいよね。
でも後半は息を呑むような展開でした。
ウォーターゲート事件に繋がる終わり方が憎かったよねえ!
Unknown (zooey)
2018-04-24 17:51:31
そう、前半はシーンの多くが新聞社内、
スーツ姿の似たような登場人物が多くて判別しづらいよね。
でも後半は息を呑むような展開でした。
ウォーターゲート事件に繋がる終わり方が憎かったよねえ!
復活出来て良かったね (ノルウェーまだ~む)
2018-04-24 22:23:18
qちゃん☆
沢山コメントありがとう~映画鑑賞とか復活出来ているようで良かったわ♪
ただの社長夫人だったのが、経営者トップに見合う様な人物に成長していく様を上手く演じていたね~
失礼しました (q 遅いコメント)
2018-04-29 16:24:15
Zooeyさん☆
コメント遅くて失礼しました
序盤に時代背景や登場人物がまとめて出てくるので
分かりにくかったなぁ・・・
重要人物は誰かなと
それぞれのポジションが頭に入らなくて
過去の実話を元に娯楽映画に仕立て
なおかつ今の時代に直結するテーマ
ウォーターゲイト事件を示唆し
ニクソンの破滅を予告して
あれは上手いよね~
コメント遅くて失礼 (q遅れコメント)
2018-04-29 16:37:03
まだーむ✩
コメント遅れて失礼しました
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。
あ。わかる!
キャサリンは企業経営にまだ自信も確信も持っていない、頼りないムードの漂う女性
ふわふわしたお嬢様気質なのよねぇ
要は、アメリカ政府が
彼女にとって大きな転換は
ペンタゴン・ペーパーズ
なかなかニクい作品だったよねぇ


Unknown (セレンディピティ)
2018-05-06 22:13:49
qさん、こんばんは。
ジャーナリズムを扱った作品が好きなので楽しく見れました。
メインとなるのは、報道の自由をかけての闘いですが
キャサリンの視点を入れることで
深みのある物語となっていましたね。
最高裁の判決が出るクライマックスに感動しました☆
失礼しました (q コメント遅くて失礼)
2018-05-14 20:44:22
セレンさん☆

コメント遅くて失礼しました
自分自身、経験も知識もないことは
十分わかっているんですよね
会社の存続と自分の正義を守りながら、大きな決断
どれほどの勇気
メリル演じるケイが苦悩の中、決断を下す
うるうる来ましたよ
原題"THE POST"には、社長ポストという意味もかけられていると思うのでした

コメントを投稿

は行の作品」カテゴリの最新記事