がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning



 

監督・脚本・製作/ジョーダン・ピール
キャスト ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ キャサリン・キーナー ブラッドリー・ウィットフォード

あらすじ:ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚え、さらに庭を走り去る管理人や窓に映った自分を凝視する家政婦に驚かされる。翌日、パーティーに出席した彼は白人ばかりの中で一人の黒人を見つける。古風な格好をした彼を撮影すると、相手は鼻血を出しながら、すさまじい勢いでクリスに詰め寄り……。

これってジワジワくるホラーなんだろうけど・・・
けど・・・(笑)
何かおかしい 
何が起こるか予想が立たなくて
白人の年寄りばっかのパーティー
泣く時に笑うって凄っっっっ
それも凄いけど怖いんだなって女性
引っ張ってく~引っ張る引っ張る
GET OUTは「出ていけ」とか「溺れる」「逃げ出す」って感じで
スラングで「バカな!!!」
この作品は「出ていけ」じゃなくて「逃げろ!」かな
あえて言うなら「自己の内側から出ていく」かなぁ
コメディー的要素もあって
笑っていいの?!ってのはあるんだけど(差別とか)
過激だったり暴動を起こすワケじゃ無い
差別を笑いに包んで皮肉はパンチが効いてる
家族に歓迎されるも、不気味な人物、雰囲気、アイテム
距離感を置く人々等と存在が変

何処かが変で妙。居心地の悪さ

脳外科医で、母が精神科医、兄が研修医
優秀で裕福な医者一家
曖昧な違和感が、具体的に現れて来ると
一枚一枚タマネギの皮をむくようにと「繋がり」持ち始める
実は・・・色々パーツに伏線が散りばめてある
怪しい催眠術を受けるものの
徐々にあらわになる過去と家族の関係
真実が明らかになって来る「怒涛」の展開
いつなにが起きるか予測できない独特な緊迫感
真の狙い。
管理人と家政婦の正体には、ナンダカねぇ~

「HOW」を味わうより
Counterattack ~反復~という感じ
不気味じゃ無く
豪快さ。さっぱりテイスト

演出なのかな?
白人と黒人の差別問題があって
実はシンプル


蛇足 ハリーポッターの世界の方が現実味じゃん?!




コメント ( 2 ) | Trackback ( 3 )



« ローガン・ラ... ジャスティス... »
 
コメント
 
 
 
泣きながら笑う (ノルウェーまだ~む)
2017-11-25 23:52:25
qちゃん☆
泣きながら笑う演技が超絶すごかったね!!
この演技力を見るだけでも価値がありそう…
やっぱり自分の内面から出ていけ!っていう意味もあるよね☆
なかなかの面白い作品だったwa

 
 
 
あれあれまー! (q)
2017-12-01 14:42:13
まだーむ✩
様子が変なことに気づいちゃって観ていたら
どっひゃーーーっっっと来る
先に何が起こるか全く予想つかなかったり
インパクトのあるシーンが💦
泣きながら笑ってるのが
確かに価値があるよねぇ(笑)
大きな伏線
この家も、家族も、何かがおかしい
「出てけ!」の意味は被さって来るのだ
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ゲット・アウト  監督/ジョーダン・ピール (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・カルーヤ  アリソン・ウィリアムズ 【ストーリー】 ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリスは、週末に恋人の白人女性ローズの実家に招かれる......
 
 
 
「ゲット・アウト」 (ここなつ映画レビュー)
だいたい最初に見た時からあの女は性格が悪いと思っていた。ということを差し引いたとしても、悪趣味な作品である。もちろん「性格が悪い」などという生易しいものではないのだけ......
 
 
 
「ゲット アウト」☆ホラー過ぎてコメディ色皆無な良質ブラックコメディ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これどう考えてもホラーだよね? ジャンルとしてはブラックコメディでまさかの「下町コメディ映画祭」で公開された作品。 いやはや怖いけど高度な皮肉が込められたラストは絶品......