がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning



監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、ペギー・リプトン、デニス・クエイド 
声の出演:ジョシュ・ギャッド

あらすじゴールデンレトリバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生まれ変わり……。


W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」を実写映画化
これってこれって 涙涙に来る +゚(。pдq)+゚。エーン
我が家は、自宅出産の犬も猫も何回も経験して死別も経験して・・・
この「生まれ変わり」でのそれぞれの飼い主サマ
ストーリーが素敵で 
またうるうる😢
泣きが来てしまった!!!!!!
でもね。泣きだけじゃなく、笑いもあるのだ。
飼い主と固い絆で結ばれた犬が何度も生まれ変わって再会しようと奮闘
最愛の飼い主イーサンとの再会を目指すのは「イーサンを幸せにする」ため
イーサンが味わう、家庭や恋、将来の夢等
苦い挫折を通し、人生は、ままならない。
複雑であることが分かってくる。
中身は愛すべき忠犬ベイリーのまま。
複数のエピソードで語られる涙と笑いのストーリー
今は 2匹の 純粋なる駄猫のバカ親炸裂、超越親ばかの我家
愛犬も自宅出産して育てたりと、思いだす事が色々で
涙腺決壊状態だったわ

そういえば監督は「HACHI 約束の犬」や「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」など
ドッグ・ムービー撮ってるもんなぁ・・・上手いわけだ

蛇足 ハンカチは2枚必要


 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 3 )



« アトミック・... 亜人  »
 
コメント
 
 
 
Unknown (zooey)
2017-10-31 20:51:37
はい、私の涙腺も簡単に決壊しました。
このチープな邦題は許せないけれど
でもこのポスターはいいよねえ!?
幼いイーサンとベイリーが顔を寄せ合って本当に幸せそうで
このシンプルなポスター見るだけで
しあわせな気分になります。
qさま、私のところで貴ブログ、
ブックマークさせて頂きますね~!
 
 
 
こちらにも (yukarin)
2017-11-01 12:01:36
これは泣けたー( ;∀;)
転生するということは死んじゃうわけで...辛かった。
そしてイーサンと再開しては嬉し涙で大変なことに....
 
 
 
Unknown (q 涙決壊)
2017-11-04 20:36:23
zooeyサン
 zooeyサンも堤防決壊されたのですね
 生まれ変わりを如何に伝えるか
 犬目線で見た人間界
 面白いと同時に現実味や感動に溢れていました
 邦題の付け方、考えて頂きたいわ~~
はいはい♪ブックマークありがとです
では。私もブックマークしまーす

 
 
 
Unknown (q涙決壊)
2017-11-04 20:46:36
yukarinちゃん
 泣いた~~~💦
 笑いと泣きとね☆来たわ~
 そうなのよ「転生」が・・・はぁ~( ;∀;)
 思い出すと、また きゅっっっと来るわ
 ラブストーリーだよね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
僕のワンダフル・ライフ(日本語吹替版) 監督/ラッセ・ハルストレム (西京極 紫の館)
【声の出演】  高木 渉(ベイリー/バディ/ティノ/エリー) 【出演】  ブリット・ロバートソン(10代のハンナ 声:花澤 香菜)  ジョン・オーティス  (カルロス    声......
 
 
 
『僕のワンダフル・ライフ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕のワンダフル・ライフ」□監督 ラッセ・ハルストレム □キャスト ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイ......
 
 
 
僕のワンダフル・ライフ (ネタバレ映画館)
愛犬には留守番させて劇場で鑑賞。