Said q winning

がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ

X-MEN:フューチャー&パスト 

2014-06-03 | あ行の映画


監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート

ブライアン・シンガーが監督で
とっても楽しみにしてたーーーー
過去に未来
──2つの時代にまたがって、ミュータントたちが種の生存を賭けた闘いに挑む
2023年の地球は、センチネルと呼ばれるバイオメカニカル・ロボットによって人類滅亡の危機に直面している。プロフェッサーXとマグニートーは、センチ ネルの開発が始まった1973年にウルヴァリンを送り込み、その根源を絶とうと計画。タイムトラベルしたウルヴァリンは、ドラッグ中毒状態のプロフェッ サーXと、傍若無人な宿敵マグニートーの若き2人を和解させて、センチネル計画を阻止しようとする。

  ビフォア ・ ハゲ アフター・ハゲ  ビフォー 渋さ アフター 渋さ


ズバリ 約10年後の未来と、約40年前の過去が舞台
まずは「それぞれのミュータント」の持っているスーパーパワー=個性
それが生かされるてる
ウルヴァリンなヒュー様 萌えてましたっっっ

  

 1970テイスト 

つまり。このテイストは「1970年」ってコトなのね
 ウルヴァリンが磁気探知機に引っかからないとか~

どーして過去に行かなきゃいかんのよ?!って
人間達が、ミュータント退治の策として
センチネルを作っちゃったわけで
ミスティークのdnaを必要としててそれがセンチネルの進化に必須アイテムなのね
この"センチネル"はX-MENの一人、ミスティークのDNAを使ったもの
そ・こ・で
ミッション・インポッシブル 「ヒュー様」 ウルヴァリン
ウルヴァリンもチャールズも彼女を止めるべく奔走
X-MENたちは"センチネル"を食い止めるために必死の戦いを続けて

いよいよ最後の防衛線を突破されそうになり、ひとつの奇策を実行

それは、X-MENの中で驚異的な肉体回復能力を持つウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を

1973年の彼の肉体に送り込む

1973年、それは"センチネル"の開発が始まった年。
1973年の自分の肉体に宿った2023年のウルヴァリン

"センチネル"の開発を止めるため、若かりし頃のプロフェッサーXとマグニートーを訪ね、協力を求める
史実を絡ませてるあたりも上手い流れ
あのプロフェッサー=チャールズがねぇ・・・
ベトナム戦争の・・・だったり JFK暗殺の・・・だったり

プロフェッサーXとは、X-MENのリーダー的存在。
2023年のプロフェッサーXはパトリック・スチュワートが、1973年のプロフェッサーXはジェームズ・マカヴォイ
マグニートーは、そのプロフェッサーXの永遠のライバルであり最大の敵、そして最も良き理解者でもある存在
2023年のマグニートーはイアン・マッケランが、1973年のマグニートーはマイケル・ファスベンダー

そしてミスティークとは、その二人の"運命の女性"

未来の鍵を握るX-MENの最初の一人

ビースト(ニコラス・ホルト)、クイックシルバー(エヴァン・ピータース)ら、1973年に存在していたX-MENの力を借りて、プロフェッサーXとマグニートーは、未来のために立ち上がる

ウルヴァリンが過去に行って以降、1973年と2023年の時間を同時進行
二つの時制を代わる代わる描く
1973年と2023年、それぞれの時代に生きるX-MENたち

自分の能力を使って出来ることを全うし、地球の滅亡を防ぐため、"センチネル"と戦う

絶望的な未来を見てきたウルヴァリン

流れの変わった未来を見た時の安堵感
気持ちを読んだプロフェッサーの心情
微妙な表情で表現したラスト2人
 



今回の作品過去シリーズを観てないとわかんないってのもツボ!

 

蛇足 さー 次~


コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ウッジョブ wood job! ~神... | トップ | グランド・ブダペスト・ホテル »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オールスター (ノルウェーまだ~む)
2014-06-06 17:12:36
qちゃん☆
これはX-メンシリーズファンのための映画だねー
私は当然全部見ているから、楽しめちゃった。
オールスター新旧とりまぜて、総出演がファンにはたまらなかったわ。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-06-07 01:13:37
旧シリーズをなかったことにしちゃったあのラスト。
もしかして別次元の話ですということで、また本線に戻っちゃうんでしょうかね?
とにかく次が楽しみです。
Unknown (セレンディピティ)
2014-06-07 18:33:42
こんにちは。
旧作見てなかったので苦戦しましたが
アクション&映像が大迫力でそれなりに楽しめました。
続編も気になりますが...
その前に私も軌道修正しておかなくちゃ。^^
こんにちは♪ (yukarin)
2014-06-09 12:59:54
一見さんにはちとつらい作品だよね。
新旧キャラと設定をうまくまとめたよね。
史実を絡ませるところも好き。
旧シリーズがなかったことになったのは残念だけど、退場組が復活してくれたのは楽しみ。
新たな展開に期待っ。

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

「X-MEN フューチャー&パスト」☆新旧揃い踏み (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
過去と未来を行ったりきたり、若かりし頃のプロフェッサーからマグニート、今は亡きX-メンのメンバーも。 どんな未来であろうとも、どんなに過去に戻っても、『ウルヴァリンだけはヒュー様』の美味しい役どころ。
X-MEN:フューチャー&パスト (Akira's VOICE)
見どころは多いが何でもありすぎる。  
「X-MEN:フューチャー&パスト」 ユニークなアイデア (はらやんの映画徒然草)
スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (こねたみっくす)
スピンオフにてリセットは禁じ手なのか、それとも新たなる手法なのか。でも新3部作の2作目なんです。 職業監督のブレット・ラトナーでもない、アメコミ専門監督化しているマシ ...
「X-MEN: フューチャー&パスト」 (セレンディピティ ダイアリー)
映画の日と重なった週末、アメコミ好きの家族とシリーズ最新作、「XーMEN: フュ
X-MEN:フューチャー&パスト(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST】2014/05/30 公開 アメリカ 132分監督:ブライアン・シンガー出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、イアン・マッケ...