撮り散らかし鉄の記憶

撮り散らかした鉄道写真の中から記憶に残るシーンを

阪堺電軌 松虫(2014.4.21) モ168とあべのハルカス

2017年04月30日 16時50分39秒 | 路面電車
3年前に、あべのハルカスを背景に現役最古参と言われる阪堺電起モ161形を撮りました。
モ161形は1928年に登場し、両数は減ったものの現在でも数両が現役で残ってます。
最近は殆ど通常運用では使用されないようです。
しかし、この写真を撮った頃は夏季以外はラッシュ時の運用に数両が運用されてました。

1枚目は、阿倍野筋から専用軌道に進むモ168の我孫子道行きです。
松虫電停付近は、あべのハルカスが背後に写って、新旧好対照な光景が撮れます。
我孫子道の車庫に入庫する運用のため、行先幕の表示が赤字になってます。



2枚目は順番が逆ですが、阿倍野筋に進入するために赤信号で専用軌道に停車中のモ168の天王寺駅前行きです。
この頃、モ161形は車両ごとに色々な塗装でしたが、モ168は以前の立石電機の広告電車だった頃の復刻版の雲塗装となってました。



モ168ですが、2016年には引退し現在は保存されているようです。

コメント (2)