撮り散らかし鉄の記憶

撮り散らかした鉄道写真の中から記憶に残るシーンを

京阪 木津川北踏切(2018.5.3) 8007F 快速特急 出町柳行き 洛楽HM

2018年05月13日 23時25分20秒 | 京阪
5/3に、快速特急「洛楽」に運用される8000系を撮りました。
先の投稿の通り、休日には快速特急「洛楽」が上下5本運転されますが、使用されるのは看板列車の8000系です。
1989年に登場した8000系も登場から30年近く経ちますが、節目節目で更新されており進化を続けています。
最近では、表示幕のLED化も始まっており、こちらは自分にとっては苦手なので、あまり歓迎できません。

また、この春のシーズンの「洛楽」のヘッドマークですが、叡山電鉄の観光用車両「ひえい」の運転を記念した、特製のヘッドマークとなってます。

1枚目は、木津川橋梁を渡る8007の快速特急「洛楽」の出町柳行きです。
「洛楽」のヘッドマークの下のほうに「ひえい」の車両がデザインされていますが、小さくて分かりにくいです。



2枚目は後追いで、宇治川橋梁に向かう8057です。
8007Fの表示幕は幕のままですので、臨時快速特急「洛楽」の表示が切れずにキレイに写ります。



『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京阪 木津川北踏切(2018.5.3)... | トップ | 京阪 木津川北踏切(2018.5.3)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ななうらです (ななうら)
2018-08-16 08:51:28
HK559さん

阪急京都線が2ドア車を廃してしまった状況において、京阪電車はずっと継続していることは素晴らしいと思います。

ノンストップの副票、洛楽HM、はとマークと、正面が先のお写真の新3000系に負けず劣らずで賑やかだと思います。
京都側の洛楽HMが「KEIHAN」のマークを隠してしまっているのも面白いです☆
ご来訪有難うございます (HK559)
2018-08-17 00:10:47
ななうらさん

ご来訪頂きまして、有難うございます。
京阪間がノンストップから途中停車駅が増えて2扉車が使い難くなった中で、京阪は上手に2扉車を使いこなしていると感心します。

やはり扉間にクロスシートが並んでいる優等列車はプレミアム感があって、8000系は看板列車にふさわしいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京阪」カテゴリの最新記事