撮り散らかし鉄の記憶

撮り散らかした鉄道写真の中から記憶に残るシーンを

能勢電 平野(2021.1.3) 旧阪急1755F 初詣HM、1704 誕生60周年記念HM/5146 並び

2021年01月06日 22時37分29秒 | 中小私鉄
1/3に、能勢電 平野駅で初詣ヘッドマークを掲出した旧阪急1700系と誕生60周年記念ヘッドマークを掲出した旧阪急1700系、5100系の並びを撮りました。
1枚目の右側は平野駅3号線に停車する初詣ヘッドマークを掲出した1705(旧阪急2013)、左側は1号線に停車する誕生60周年記念ヘッドマークを掲出した1704(旧阪急2014)です。



2枚目の左側は平野駅3号線に停車する初詣ヘッドマークを掲出した1755(旧阪急2062)、右側は2号線に停車する5146(旧阪急5146)の回送です。
5146Fは妙見口駅15:14発の川西能勢口行きですが、平野駅に到着後は1755Fと車両交換されて回送として平野車庫に入庫します。



昨日、初詣ヘッドマークを掲出した1755Fが平野駅3号線に到着した様子を紹介しましたが、ほぼ同時に川西能勢口駅で折り返してきた誕生60周年記念ヘッドマークを掲出した1754Fが1号線に到着しました。
先日、紹介した両編成の並びから約30分後の光景で、2号線を挟んだ変則的な並びですが、両側の先頭並びを記録することができました。
また、1755Fは平野駅15:28発で車両交換として出発しますが、妙見口駅から到着した5146Fが到着した際に両編成の並びも撮ることができました。
コメント