退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「社会学あるいは『子どもの理屈』とそれがもたらすもの」について

2017-07-31 02:21:05 | Weblog
くもり。今日も蒸し暑い。

橋爪大三郎・大澤真幸他著「社会学講義」を読む。

「社会学の歴史と概要」がわかりやすく書かれている。
元々は「ドイツ発祥」だということを覚えておこう。

橋爪大三郎の「説得力」が圧倒的。
まるである種の「詐欺師」のような。

ちょいと「あぶない人」だと思われることしきり。
ちなみに院生当時の宮台真司は彼に「勉強しろ」と怒られたことがあるらしい。

こうした「先生たち」になら教えを請いたいもの。
少なくとも教育においては「先生を選べない事実」がそこここにある。

「出会い」というとまるで恋愛のようだけれど
どういった人々と接触したかという「影響」が実は大きく。

それぞれに「素敵な出会い」があることを祈るのみ。

マル激を観る。

そもそも英語で書かれたわが国の憲法の意味を
これまで誰もアメリカに沿って解釈したことがなかったというのにふむふむ。

「交戦権」と「戦力」と訳された英語はそこで初めて使われた言葉だとのこと。
つまり「歴史をたどることができない言葉」なのだと。

要は日本国民を「12歳」だと言ったマッカーサーが
「再び『いたずら』をしないように」と念押しするために書かれたもののよう。

「改憲派vs護憲派」などという対立にはあまり意味がなく
それは「戦争に負けた国」がその事実を受け入れられないことから生まれた「貧しさ」。

70年以上経ってもそこから「成長」できていないのだとすれば
われわれは「子ども」なのだとあらためて自覚した方がいいのかも。

つまり。

「戦争に負けた」からこそ自らが納得しがたい「手打ち」を受け入れざるを得ず。
その過去を忘れ「お前だっていい加減じゃないか」というのは「子どもの理屈」。

ましてわが国の現状を思えば頭を垂れるしかないはず。
そして今後もこの種の「幼稚さ」はさらに勢いを増しそうなのが怖ろしい。

「国際社会」の中で生きるしかないのは事実なのだから
その場所で「まとも」だとされることは無視できないのが「普通」。

そうした「ルール」にあまりにも鈍感だと「対話」もできなくなり。
繰り返すが北朝鮮をヒドいと言っている場合ではなく。

「国内という磁場」があまりに「国際という現実」を見失わせている「構造」よ。
ここから逃れるためには「現場」を知るしかないだろう。

「不愉快な現実を見ない習慣」がはびこると
かくもバカげたことが「日常」になってしまうことを覚えておきたいもの。

地理的単位の大きさを問わず
自分が「当然だと思っているルール」のいびつさを知ることは大切。
コメント

「出来にくい文化的サロンと素敵な経済思想あるいは外国人を招くこと」ついて

2017-07-30 01:46:44 | Weblog
くもり。蒸し暑い。

今宵も老舗バー。

客はマスターが昔やっていたビアホールでバイトしていた「かつての若者たち」のみ。

ちびちび飲んでボトルを空ける。
ニューボトルは次回ということで。

マスターが店を「文化的サロン」にしたいと言うのだけれど
今となってはそれも難しかろうと思うのみ。

「つまんないんだよね」というのにうなずく。
「語るに足る友」よ来たれ。

井上義朗「二つの『競争』 競争観をめぐる現代経済思想」を読む。

好ましい「知性」を堪能した次第。
アダム・スミスの「道徳感情論」「国富論」を詳細に読み込んだ内容。

その読解ぶりが素晴らしい。
ここでもそろそろ「正義」というキーワードが登場。

敢えて贅沢を言えば著者の考えを盛り込んだ後半がいささか物足りず。
加山雄三のペリー・コモのマネを評価しつつオリジナルには辛い黒柳徹子のような気分。

それとは別に。

クインビーのマスターにメールを送ってはいたのだけれど
どうやら「正体不明」だった模様。

ツイッターで連絡があったので「すみません」と謝りつつメールをあらためて。
「スマホ」を使いこなせていなかったせい。

そろそろ今年も「墓参りの季節」でそろそろ日付を確認しようかと思っていたところ。
どこか「以心伝心」を感じて少し「幸せ」。

ここからはちょいと宣伝など。

I'm so proud I introduce you to this bar。
英吉利西屋」。

「英吉利西」means 「England in Japanese」。
If you visit Nagoya, drop in at this bar。

Many kinds of scotch and other liquors are waiting to welcome you。

By the way, why do we drink?
Because we want to。

We just drink for any reason。
I don't believe anyone who doesn't have any addiction。

And I do believe in God only when he or she doesn't behave himself or herself。
Perhaps it is the nature of the game。

Nobody knows about the future。
I wish I could talk with you about anything。
コメント

「ことばを捉える素敵なことばあるいは生き物の多様性」について

2017-07-29 02:04:59 | Weblog
くもりのち晴れ。木陰の風は涼しい。

昨日は「季節労働」の疲れで爆睡。

というより気力がなかった感じ。
いつもと同じくらいの時間まで起きてはいたのだけれど。

西江雅之「『ことば』の課外授業」を読む。

「しなやかな知性と文章」に心地よい刺激を受ける。
「言語学」ではない「言葉への接し方」を知っておこう。

「学問は尻拭いである」という喝破が素敵。
「バイリンガル」という言葉の中身についても同様。

二十代で「スワヒリ語辞典」を編纂した「実力」をじっくりと。
「欧米ではない視点」を忘れずにいたいもの。

海老沼剛著 編集・撮影川添宣弘「世界の両生類ビジュアル図鑑」を見る。

著者には申し訳ないがほぼ「見るだけ」。
この種の生き物たちが案外「飼われている」のにむしろ驚く。

平たくつぶれた形をしていたりコケに似ていたりするカエルよ。
トマトを思わせるものもあればやはりキレイなヤドクガエルなど。

カエルとはかけ離れた面相のものもいて。
その他にサラマンダーやイモリの類も。

それにしても。

世界にはかくも多様な生き物たちがいる。
その事実を十分に味わうにはわれわれの寿命は短すぎて。

嗚呼。

圧倒的に狭いわれわれの視野と知識。
頭を垂れるよりないというのが「基本」だと思うのみ。
コメント

「特定の人々に犠牲を強いないことあるいは『理想』に向かう意志」について

2017-07-27 01:38:17 | Weblog
晴れ。暑い。

佐藤優「沖縄と差別」を読み始めて途中で再読だと気付く。

このところ主要メディアではすっかり影をひそめた感じが強いけれど
辺野古移設の話はどうなっているのだろう。

太田昌秀元知事が亡くなって今日が「県民葬」だった模様。
安倍首相がなぜか参加したとのこと。

「住民が反対する場所」に基地を作れないのは本土では当然。
それがこと沖縄になるとなぜか「OK」にされてしまうのが「差別」だったり。

首相は相変わらず「基地負担軽減」などと言っているよう。
沖縄をさらに「独立の道」へ後押ししているとしか思えず。

この「差別構造の解消」が実は「まともな国」への一歩でもあるはず。
自衛隊ともども一方的に「犠牲」を押し付けるのをやめないとどうにも。

軍事に疎いので詳細は不明だが
そもそも沖縄に米軍基地が本当に必要なのかどうかも疑わしく。

「地政学的理由」と「便所が近いから便所掃除しろという理不尽」。
素人には後者に分があるようにしか思えず。

「専守防衛」を本気でやるなら「武力」をもっと高めないと。
もちろん「外交的努力」はしつつだとしても。

このあたりの話の「本当」はいったいどこにあるのだろう。

ひとつだけ確かなことは「国内向けと国外向けの二面性」をなくすこと。
それを続けているから話はいたずらにややこしくなり。

結局のところ「その場の状況」に押し流されるだけで
「理想」に到達するための「地道な努力」が見失われているような。

われわれは自分たちの国をどのようなものにしたいのか。
その「意志」が問われているのだと思うのだが如何。
コメント

「通勤電車と雑誌あるいは深夜のグズグズ」について

2017-07-26 02:45:49 | Weblog
くもり。大粒の雨がときどき降るものの蒸し暑い。

久方ぶりに朝の通勤電車に乗る。

思ったほどの混雑ぶりもなく。
座席も確保できて案外のんびり。

眠気をどうにか遣り過ごして仕事を終える。
休憩中の喫茶店では雑誌をあれこれと。

文春、週プレ、ビッグコミックなど。
一番「読みで」があるのはビッグコミック・オリジナル。

図書館で借りた本を持っては出たけれど読まずじまい。
それも「ご縁」ということで。

NHKスペシャル「列島誕生 ジオ・ジャパン」の第一回の再放送を観ながらウトウト。

「絶景」は楽しいけれど「列島誕生の特殊性」を持ち上げすぎのような。
鉄を含んだ火成岩の「磁石」によって「大陸からのちぎれ具合」を測るのにはふむふむ。

目覚めると「ブラタモリ #78 弘前」が始まっていて。
明治維新後に職を失ったサムライたちによって「リンゴ栽培」が広まった模様。

木の中心の幹を切る「芯止め」でリンゴの木の枝は横に広がって採取しやすくなり
サクラは根を活発にして長く生きるとのこと。

「曳家」によって移動させられた天守閣よりそっちが魅力的。
低い所に置かれているせいもあるか。

さて。

やはり深夜に飲みながらグズグズ過ごすのがいい。
もっとも明日はまた翌日に備えなければならないものの。

何だか本格的に目覚めたようなので
もうちょいと飲んで寝る。

来月には「季節労働」がないことを祈りつつ。
コメント

「サル学と季節労働」について

2017-07-25 01:00:48 | Weblog
晴れ。蒸し暑い。

中川尚史・友永雅巳・山際寿一編「日本のサル学のあした」を読む。

若手研究者たちによる「サル学」への誘い。
みなさんそれぞれにあれこれ奮闘されている模様。

もっとも京大・東大が多いので希望者の「道」は厳しいのか。
「好きなこと」をやるためにはそれくらいの「投資」も必要だと思えば。

まだまだ「未知の分野」も少なくなさそう。
ただし「糞とのお付き合い」をともなう場合も少なからず。

DNAのためならエ~ンヤコ~ラ~。
頑張っていただきたいものではある。

かつての「サル学」を知りたい向きには立花隆「日本のサル学」を。
それで研究者を目指した若者もいるとのこと。

さて。

明日と明々後日は久方ぶりの「季節労働」となった次第。
普段寝ている時間に働くことになるのだからイヤになる。

何より「本物の早起き」をしなければいけないのが何とも。
ひょっとしたら来月もという話もあり。

これまでどうにかなっていたのが今年はこのザマ。
「上司の不手際」だと思っておくことにしよう。

というわけで出来るだけ早く眠らなければならないものの
そこはそれいつもの調子で。

昼休みに「爆睡」すればどうにかなるはずという算段。
「カタギの方々」には「贅沢な悩み」で申し訳ないかぎり。
コメント

「人の弱さを知りつつ『見たいところだけ見る』のはダメ」ということについて

2017-07-24 02:57:54 | Weblog
くもり。少しだけパラつく。

島村英紀「人はなぜ御用学者になるのか」を読む。

「現実を無視すること」が「個人の利益」につながる模様。
その程度の「利益」になびく「個人」にも問題はあるのだけれど。

人は「弱い生き物」だから仕方がないのか。
ここでも「最低限」をどこに持ってくるかがポイントのよう。

半世紀かけても「地震予知」は無理。
そもそも「地球内部の構造」が正確にわかっていないのだから当たり前のはず。

加えて人の「歴史感覚」は「自然」のそれと比べると短すぎて。
本書は「科学者の生臭さ」を知ることができるので是非。

マル激を観る。

Nコメでは「自国のメディアの不自由さ」について。

読売新聞の記者が外国人特派員協会で。
「国境なき記者団」の「ランク付け」に「わが国はもっと自由だ」と。

首相に「読売新聞を読め」と言われるような記事を書いておいてこのザマ。
自らの取材に関する「特権」も忘れていい気なもの。

むしろ政治家に嫌われるのが「メディアのあるべき態度」であることは言うまでもなく。
何か根本的な「頭の悪さ」を感じざるをえず。

本編では自民党の石破茂がゲスト。

「理を説く政治家」が彼と村上誠一郎しか見えないという「貧困ぶり」よ。
安倍政権は「言葉の意味の大切さ」を教えてくれたという点では役に立った。

もっとも民進党を始めとする野党にもこの種の人物は少なく。
マスメディアの「流れに乗る体質」も忘れずに。

繰り返すが「政治という分野」における「人材払底ぶり」をあらためて。
「理」という一点で「政界再編」もできたらいいのに。

深夜全英オープンを観る。

ジョーダン・スピースの圧倒的なパットにふむふむ。
松山英樹は後半の「立て直す力」が従来の選手とは異なるところか。

「劣等感によるインチキ」がない世界での競争は好ましい。
「自分のダメさ」を元に「世界」を測ればロクなことにならないことは自明。

「自分の底」を自覚したらあとは「這い上がるだけ」。
その「正直さ」に欠ける者たちは結局どこかで「いかさま」をすることになる。

「底」を知るのを怖れるのは「現実に対応できない」から。
要は「チキン=臆病者」。

「見たいところだけ見ている」とそういうことになる。
今後はわが国の「民度」が試されることになりそう。
コメント

「人を知っていた人あるいは難しいことと全英オープン」について

2017-07-23 01:44:34 | Weblog
晴れ。今日も暑い。

本切れで早坂茂三「オヤジとわたし」を古本屋で買って読む。

推薦文に小室直樹。
田中角栄は自分のためでなく金を作った。

本書は三十年前に出た模様。
著者の「語り口」は今となっては懐かしい。

「バセドー病」も手伝っての「コンピューター付きブルドーザー」。
「地頭がいい」ことをあらためて。

「大局」を判断する上で「人の在り様」をよく知っていたということか。
やはり「アメリカに潰された」と思うのが妥当かも。

今宵も老舗バー。

若者の集団客のみでマスターは「営業トーク」をひとくさり。
店を閉めたいけど閉められないという話も再び。

マスターは「後継者の出現」を待っているよう。
「酒好きの女子」が現れてくれると幸いなのだけれど。

帰宅後シャワーを浴びて二階へ。

全英オープンではスピースが首位。
松山英樹は頑張ってはいるものの今回の優勝は無理。

昨日スコアを落とし過ぎたか。
ショットの調子が悪かったみたいで打った後に「手放し」になることもしばしば。

もっとも今回はダメでもいずれという「予感」は濃厚。
TOP10に入れればOK。

ここぞという時のパッティングの正確さが光る。
やはりメンタルが強いのだと納得する次第。

「ワトソン」といえばかつては「トム」。
時代は移り変わって現在では「ババ」。

さて。

眠くなったら寝る。
コメント

「承認と天職あるいはオアシス作りの重要性」について

2017-07-21 02:04:55 | Weblog
『晴れ。やはり風が涼しい。

藤野寛「『承認』の哲学 他者に認められるとはどういうことか」を読む。

著者の私淑するホネットによると
「承認」とは「愛・人権尊重・業績評価」であるらしい。

読みやすい文章ではあるけれどいささか「エッジ」に欠ける憾みが。
「目からウロコ」がないまま「思い」だけが流れて行くような。

「エッセイ」としては悪くない一方「論理」としては微妙。
そこがちょいと残念。

深夜「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観る。

生体肝移植医笠原群生の回。
こういうのを「天職」と言うのだろう。

「呼ばれてしまう人」の存在をあらためて確認する。
救えなかった子どもたちも抱えて。

究極の幸せと不幸という「極限の振幅」を生きる者よ。
若者たちには是非「感染」してもらいたい人ではある。

番組後半では「脳死者からの肝臓移植」も。
この分野はやがて「自分の臓器のストック」を作っておく時代になるのかどうか。

折しもIPS細胞によって生まれた「心筋」が実験段階に入り。
「移植の順番待ち」が複雑さを生み出す「現実」も忘れずに。

番組は当然のように「幸せな結末」を中心に採り上げていたことも覚えておこう。
この名医にしてかつて救えなかった子どもの両親になじられた過去があるのだ。』でまた寝る。

晴れ。暑い。

廣末登「ヤクザになる理由」を読む。

「犯罪社会学」による「目からウロコ」はこれまたなし。
むしろ「素人」がごく普通に思い付きそうなことのみ。

「家庭がジャングルであること」はすでに明らか。
「先輩たち」を含めた「環境の影響」も同様だろう。

ただ「ヤクザをやめてさらにアンダーグラウンドの道に走る者たちの存在」は気になるし
彼らを「受け入れる準備」が社会になさすぎてはただの「排除」なのも事実。

もっとも「カタギの世界」でも厳しい状況が続く現在
その方面に関して「望ましいこと」が行われる予想はしにくい。

「暴対法」そのものがさらなる「断絶」を生み出している。
強引な「線引き」がいたずらにそれぞれの立場の「先鋭化」を促すだけのような。

さて。

「家庭」も「学校」もある種の「砂漠」だとしたら
それ以外の「オアシス」になる場所が必要なのは確か。

「更生した先輩たち」や「やさしいオバちゃんやオバアちゃん」に頼んで
そうした場所をどんどん作らないと。

「貨幣に恵まれた人々」には彼ら彼女らの「人件費」を支えていただきたい。
もちろん「どうにか暮らせる程度」で結構。

身近な子どもあるいは若者たちを見ている限り
この種の問題は将来いっそう大きくなりそうな予感が濃いので。

とにかく「安心していられるホームグラウンド」を是非とも。
なぜなら大人が思う以上に「過酷な環境」にさらされているはずだから。
コメント

「生物の豊かさあるいは落語的人間と哲学から行方知れずになること」について

2017-07-20 02:15:34 | Weblog
晴れ。今日も木陰の風は涼しい。

林公義・白鳥岳朗「ハゼ ガイドブック」を見て読む。

「美しさ」だけで言えばウミウシには負ける印象。
地味な種類が多いのかも。

ただしこんなにいろんなハゼがいるのは今回初めて知った次第。
どうしてこれほど多いのかを誰か教えてくれるとありがたいのだけれど。

「世界の広さ」をあらためて。
この年まで知らなかったのだからそれを思えば基本は「視野狭窄」だと思ってよさそう。

ハゼの愛好家でない限り「未知の世界」のはず。
もっとも自分はといえばそうでもなく。

少なくとも「生物の豊かさ」に触れるとさらに好奇心が増すことは確か。
もっとあれこれ見てみないとと思うことしきり。

さて。

知り合いの若い男子に「フットボールは何を使うものか」と聞いたら
彼曰く「ボール」だと。

こちらの期待した答えはもちろん「足」で
「ボール」と名の付くスポーツがすべてボールを使うのは「当然のこと」。

思わず「バカ」と言ったら周囲にいた人々が笑ったものの
彼の言ったことは「間違ってはいない」。

少なくとも身近な若い知り合いにこの種の「頓珍漢」は少なくなく。
「愛すべき存在」として受け止めていいのかどうか。

落語の世界にはよくいる人物ではある。
とはいえそれが「身近にいる」と案外やっかいだったり。

たとえば。

「何読んでるの」「本」。
見ればわかるわこのバカタレが。

ついつい「素浪人花山大吉」の近衛十四郎になってしまう。
このあたりの「前提」を共有できなくなって久しいのはどういうわけか。

いつ頃からか「哲学的な言語問題」が日常に「侵入」するようになって。
間違ってはいないがズレてしまうことがあるのは実は「正しい」。

なぜそれが起きるのかといえば
「問われている内容」に関する「前提」が異なるから。

こちらは「本の種類」を聞いているつもりがあちらは「ブツの種類」を聞いていると思い。
いずれも文句なしに「正しい」とは言えず。

がしかし。

日常でこれが起きるとめんどくさいことこの上なく。
好意的に解釈すれば「本」というのは「ブツ」ではなく「いろんな種類を含むもの」なのだろう。

さらに言えば。

「全米が泣いた」というのは物理的に「ありえないこと」なのに宣伝文句として通用するらしい。
「全米が泣いたらいいな」という「銀魂」のそれはむしろ「批評的」に思えたり。

申し訳ないが「銀魂」は観ない。
繰り返せば原作で気に入ったのは「エリザベス」のみ。

って、なんの話だっけ。
コメント