退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「好きでもないのに口を出すこと」について

2013-05-30 03:27:43 | Weblog
雨。霧雨も降る。

時枝誠記「言語生活論」読了。

後半はいささか疲れを覚える。
折り目正しい文章の「功罪」ということにしておこう。

二宮清純「プロ野球の一流たち」を引き続き読む。

中学生の頃は「ベースボール・マガジン」とかを買って読んでいて
その後は山際淳司「江夏の21球」や海老沢泰久の作品などをあれこれと。

このところとんとご無沙汰していたので久方ぶりに。
「3割」を打てば一流の「世界」はあらためて考えると不思議と言うよりない。

「怪童」中西や「鉄腕」稲尾らの話が懐かしい。
前者の「内転筋」を鍛えろという具体的な教えに納得。

わが国のスポーツ情報はむしろ「ドラマ」と呼んだ方がマシなものが多く
各個人の類いまれな「運動能力」の凄さを実感させるものが少ない。

そもそも「スポーツ」そのものを愛しているのかが十二分に疑わしいもの。

本書では清原に関する「厳しい指摘」が目立つ。
おそらく著者は彼の事が好きなのだろう。

「ぼやき」ばかりが採り上げられる野村元楽天監督の話す内容は
野球そのものについては全く「正しい」。

「意識」が「身体」を狂わせることについて
これほど明確に知っている人も珍しく。

「休憩」が多く「同じ相手と対戦すること」も多いスポーツならば
「頭を使え」というのは至極当然のことでもあり。

新聞社が野球を「興行」として大いに利用していることや
「甲子園」という「美談」で「才能」をつぶしていることも今さらながら。

少なくとも日本サッカーが世界で強くなったのは「世界レベル」を知ったから。
この「当然」とそのための「努力」が野球界には圧倒的に欠けている。

もちろんそれは選手のせいではなく
「国内事情」にあくせくする「球団」および「スポーツに無関心な人々」のせい。

「野球を愛している人々」が「力」を持たない「現実」はいつまで続くのやら。
それがこと野球に限らないのはわが国の「通例」ではあるのだけれど。
コメント

「説明能力」について

2013-05-28 03:59:00 | Weblog
くもりときどき雨。傘を持って出かける。

国語学者時枝誠記の本を読み進めているところ。
論文ばかりなのでついつい時間がかかる。

日本語が辞と詞から成るという見立てと
ソシュールに対する反論はよくわかった。

今どきのものと違って論理構成はしっかりしているものの
残念ながらなぜそこが気になるのかについては歯が立たないところもあり。

とりあえず二冊借りてきているので
読み終えた上でさらに著者の本を読み進めるかどうか決めるつもり。

「読」「書」「話」「聞」の4つに分けて
「言語生活」を考えているのにはあらためてなるほど。

「いきの構造」の九鬼周造の分析方法との類似を思う。
明確な分類は時代を問わず近づきやすく好ましい。

さて。

若い知り合いに「どうぶつの森」というゲームについて聞いてみたところ
「全くの別物」だと思えるほど異なる説明をされる。

ふたりに共通していたのは「だなも」という語尾が特徴の商人がいること。
「昔の名古屋弁だよ」と言ったらどちらも知らなかった。

それにしても。

何も知らない相手にあるものについて説明させると
絶句したり「わかるでしょ式」だったりでどうにも歯痒い限り。

「肝心なところ」が的確に説明できないこと夥しい。
普段からその種の機会には恵まれていない模様。

個人的にはそうした「説明」ができることがコミュニケーションの基本だと思うのだが
今さらながらそれが「途方もない贅沢」だと知る。

巷では「英語教育」が叫ばれて久しいけれど
母国語が満足に使えず自国の文化や特徴も知らない者が英語を話してどうしようというのか。

まさに「バカバカしさの極み」ではあるとはいえ
そういう「現実」は相変わらず平気でまかり通っている。
コメント

「小人であること」について

2013-05-27 03:45:24 | Weblog
晴れ。暑さはさほどでもなく。

呉智英「つぎはぎ仏教入門」をようやく読む。

「知識人と大衆」という構図は
すでに仏教の中に「小乗と大乗」という形で存在したらしい。

現在では「輪廻=生まれ変わること」が「いいこと」のようだけれど
むしろそれは「苦」でありそこからの「脱出」を目指していたことも。

釈迦はそもそも「悟り」の内容を民衆に伝えたくはなくて
梵天の勧めで「慈悲」を知り伝えることにしたのも興味深いところ。

一度読んだだけでは理解が浅いので再読決定。
おそらく今週中にはきっと。

著者の本は結構あれこれ読んでいるせいか
何となくわかったつもりになってしまうところに注意しよう。

「知識人」は「大衆」に媚びることなく
自らの学識を深めることこそ重要だというもっともな指摘もある。

例えば白川静を思い出せばいいか。
個人的にはあれこれ「煩悩」がありすぎて難しいけれど。

「自我」を離れよという仏教の教えには共感することしきり。
身近にそうした人々が多すぎるせいで。

どうでもいい「私」が多すぎて辟易せざるをえない「現実」よ。
そこで「慈悲」なのかと思うとうんざりするよりなく。

できるだけ「寛大」でありたいと思いつつ
ついつい腹を立てることも少なくないのが情けない。

少なくとも「笑い」はまぶしているとはいえいやはや何とも。
「小人」は「小人らしく」生きる模様。
コメント

「言葉という『歴史』」について

2013-05-26 03:02:53 | Weblog
晴れ。夜にあやしげな満月。

呉智英「真実の『名古屋論』トンデモ名古屋論を撃つ」を読む。

図書館で偶然見つけて借りてきたもの。
表題とは別になるほどという「歴史紹介」もある。

そもそも「愛知県」の「愛知」とは「愛する=フィロス」と「知恵=ソフィア」で
現在では「哲学」を意味する言葉である。

県名をそんなふうにしたということは
誰がしたことかは知らないが「学のある先人」の業であることは間違いない。

などと思うと実際は違っているらしく次のような説がある模様。

『「あいち」の地名は、万葉集巻三の高市黒人の歌「桜田へ鶴鳴き渡る年魚市潟(あゆちがた)
潮干にけらし鶴鳴き渡る」に詠まれている「年魚市潟(あゆちがた)」に由来するといわれ、
「あゆち」が「あいち」に転じ、愛智(郡)の郡名もここから生まれました。
廃藩置県後、県庁が愛知郡の名古屋城内に置かれたところから県名に採用されました。
http://www.pref.aichi.jp/0000007714.html

郡名が県名にされた県の一つで、当時の県庁所在地であった愛知郡名古屋に由来している。
『万葉集』の「あゆち」に由来し、それが律令制下で愛知郡という郡名に採用されたといわれている。
なお、県公文書館発行のパンフレット「愛知県誕生のなぞをさぐる」では、
あゆち(年魚市)潟説・あゆちの水(湧水)説・あゆち村説の三説をあげている。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C

いかにも「わかりやすそうな結び付き」が
実は「ウソ」だというのはよくあることのよう。

たとえば「鹿爪らしい=まじめくさっていて堅苦しい。もっともらしい 」という言葉より
「しかめ面しい」の方が今となってはわかりやすいかもしれないようなことなど。

「語源」を探るのが面白く感じられるのは
そこに当時の生活や風習があるからだろう。

言葉に興味を失いむしろ煩わしいものと感じる人々が少なくないかもしれない時代に
あらためて「言葉の魅力」を教えてくれるような本があることはうれしいこと。

「伝統を受け継ぐこと」の意味がそこにはあり
言葉に含まれた「歴史」は常にわれわれの「襟を正させる」。
コメント

無題

2013-05-25 04:26:10 | Weblog
晴れ。暑さはそこそこ。

昨日は気力を失って寝てしまう。

「伊藤計劃映画時評集Ⅱ」を読み「一般意志2.0」を再読する。
前者よりは後者に魅力を感じるタイプということでよろしく。

深夜「グリード(原題『deep rising』)」(’98)を観る。

やはりこの作品はいい。
映像も笑いもしっかりしている。

TV放映のカット版だから多少つながりの悪いところもあるが
むしろ「山場」の連続に感じられてグッド。

今回見直してみて思ったのは
ファンケ・ヤンセンが「蛇女」のように見えること。

今年48歳になる彼女はこの時33歳という計算。
もう少し「艶」があるはずだった印象がそうでもなかったのがやや残念。

鉄の扉が歪む映像はたしかロバート・ワイズの「たたり」(’63)が最初じゃないかと思っていたら
彼女がリメイク版に出ているようで妙に「つながる」。

「トレマーズ」(’89)では地面がボコボコするのが面白かったけれど
こちらでは「ドブ板」のようなものが跳ね上がる描写。

「怪物」そのものはいずれも大したことはないのでご注意を。
いささか「女性恐怖」に基づいているのではないかと思われる「造り」ではある。

「悪役」としてはクリフ・カーティスがいたことを思い出した次第。
どこかで見たことのある顔だと思うのでお忘れなく。

今日はこれくらいでおしまい。
コメント

「いい意味での『無関心』」について

2013-05-23 03:05:23 | Weblog
晴れ。暑い暑い。

東浩紀「一般意思2.0」を読む。

ルソーを読み替えフロイトを結びつけて
「理性」より「モノとしての一般意思=無意識」を「統治」に利用するとは。

「熟議」には「共通の土台」が必要だが
実はもうそんなものなどないのだという身もフタもない指摘も新鮮。

いたずらなコミュニケーションを減らし
「欲望の集約」を元にそれぞれの「趣味」に応じて暮らす社会。

なるほどそれはまさに「ユートピア」ではある。
3・11以前に抱いた「夢」を敢えてそのまま語った内容は興味深い。

さて。

少なくともはっきりしているのは
われわれに「統治能力」などないこと。

もっとも「小国寡民」であれば不可能でもないことは確かで
ならばそれぞれが「合理的な規模」の中で暮らせる環境が必要。

お互いにあれこれの「実験」をしつつ
「好ましい場所」を作っていくよりないだろう。

ただし個人的には「めんどくさがり」なので
とりあえず「放置プレイ」で十分。

「こうでなければならない」と思うことはあるものの
常に「他人の主張のめんどくささ」が気になるタイプ。

ゴチャゴチャ言わずに「好きに暮らす」のがいいので
その種の「自由」だけは確保しておきたい。
コメント

「生命力」について

2013-05-21 03:36:49 | Weblog
『晴れ。暑さはそこそこ。

米澤泉「私に萌える女たち」を読む。

女性誌に登場するモデルたちを文字通り「モデル」として暮らしていた女子が
「お手本」を脱してファッションから身体へと関心を移行。

あらゆるものを「コスプレ」としてこなし
「いつまでも若くかわいい自分」を主張し始めたというお話。

著者は「女性誌マニア」のようで読んでいる雑誌でタイプがわかる模様。
あれこれと「棲み分け」があるものだと納得する。

それにしてもこの「上昇志向」の「正体」は「生命力」なのか。』

と書いて昨日は寝てしまう。

晴れ。暑い。

「伊藤計劃映画時評集Ⅰ」を読む。

90年代後半から2000年代前半にかけては「SF映画の黄金期」だったと
解説で柳下毅一郎が書いていたのになるほど。

著者の文章は「初顔合わせ」。
やや控えめに「大事なこと」を言うのがスタイルのよう。

文庫のデザインと「計劃」という「名は体を表す」ような名前に引っかかったのだが
目と耳の確かな持ち主だったことは感じられる。

「Ⅱ」も借りてきたので詳細はその後。
あるいは小説まで読むことになるのかどうか。

「面白い」と思うには「微妙なもの」ふたつ。
コメント

「食い違い」について

2013-05-20 02:56:16 | Weblog
くもりのち雨。深夜に止む。

図書館で知り合いの若い女子ふたりに会う。
向こうは帰りがけでこっちは行きがけ。

呉智英「吉本隆明という『共同幻想』」を読む。

柄谷行人は微妙な評価をしていて蓮實重彦は端から相手にしていなかった人について。
「読書家」である著者は若い頃から「違和感」を抱いていた模様。

要は「いたずらに難しい言葉遣い」をする書き手を有難がる人々がいる「奇妙さ」。
じっくり読めば意味がわからないことはないもののその「実質」はどうなのかと。

ただし。

それもあくまで「業界内のお話」であって
ほとんどの人は「吉本ばななの父」であることすら知らないかも。

もっともそんな本を借りてくる自分も「マニア」。
結局は「お互い様」か。

「読む」ということは誰もが当たり前にしていることだけれど
何を評価するかは全く異なるのは面白い。

それでも何らかの「等級」は出来ていくのも事実。
これを「関係の絶対性」と思えばいいのかもしれない。

「正当な評価」とはいったい何なのだろうとあらためた思った次第。
とりあえず自分がそれをするときには気をつけたいもの。

たとえば「評論」と呼ばれる文章に「論理的なもの」が少ないことだけは知っている。
あとはそこに「芸」があるかどうかなのか。

読者が勝手に「深読み」するようなものを
それなりのレトリックと言い切りを使って表せばいいのだとすると。

何も知らない人にある程度説得的であることは案外重要なのかも。
果たしてそうした「会話」をわれわれはどのくらいしているのだろう。
コメント

「栄養補給」について

2013-05-18 02:50:56 | Weblog
晴れ。暑さはそこそこ。

昨日はクインビーへ。
マスターからお子の話をあれこれと聞く。

最終電車で帰宅してちょいとゴソゴソ。
飲み直しているうちに爆睡といういつものパターン。

深夜「サヨナラCOLOR」(’04)を観る。

今回竹中直人が選んだ女優は原田知世。
ちゃんとキレイに撮っている「当然」がうれしい。

それにしても監督は「愛情」にあふれた男ではある。
音楽関係者の出演が目立つ中、伊佐山ひろ子の笑顔がよかった。

こんな「ファンタジー」なら許してもいいか。
そう思わせるだけのものがあるのだとしよう。

主題歌はこちら。
こんなにいい曲を知らなかったとは。

「力強いやさしさ」が身に沁みる。
まだまだ「世界」は広いとあらためて自分の視野の狭さを思い知った次第。

つまらないことでクヨクヨすんなよ。
いつでもオイラが笑わせてあげるから。

宮沢賢治ではないが
そういう人にわたしはなりたいといったところ。

これでまた少し生き延びられる。
何度でも繰り返すが「人はパンのみに生きるにあらず」。
コメント

「グルグル」について

2013-05-16 04:13:50 | Weblog
クリスタル・ケイのCMの曲

久方ぶりにラテンの誘惑。
「茶」にかけた歌詞も最近の中では工夫がある。

最初に見て聞いた瞬間から気になってついつい。
このグレードの高さはなかなか。

ゴソゴソした後で探してみたらyoutubeにあった次第。
というわけでとりあえず。

以前のモード学園のCMの曲「I really like it」も気になってはいた。
ただしサビの部分だけであとはちょいと長い感じはするものの。

彼女自身の「成熟ぶり」も伺えてグッド。
「いい女」になってます。

前者のCMの監督が誰かは不明だけれど
エンターテインメントがわかってらっしゃる方だとお見受けした次第。

彼女を絡ませた映画が見たいので
関係各位はよろしく。

もっとも彼女に「対抗する」だけの男優がいるかと考えると
敢えて「ベテラン」で勝負するしかない気もする。

深夜の「拾い物」はうれしい。
というわけで残りの酒を片付けて寝ることにする。
コメント