退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「ややこしいこと」について

2012-11-30 02:50:13 | Weblog
晴れ。冷えはやや緩む。

山口文憲「団塊ひとりぼっち」を途中まで読む。

「団塊の世代」というのは当時通産官僚だった堺屋太一の造語で
広く言えば1947年(昭和二十二年)から1951年(昭和二十六年)までに生まれた人々のこと。

現在61歳から65歳になっている人々の中から
代表的な有名人」を採り上げてある種の「傾向」を描いている模様。

今どきの若者からすると信じられないかもしれないけれど
当時は多くの人々が「同じ基準」を元にしてあれこれ動いていたことを知ろう。

とりわけ中心的な考えは「世の中を変えよう」というもの。
「公的」には親の世代に反発しながら「私的」には一昔前のあれこれがありふれていた模様。

荒井由実が作ってバンバンが歌った「いちご白書をもう一度」の歌詞が
ひょっとしたら彼ら彼女らに対する「否定的な評価」をもたらしたのか。

もちろん「世代」などという大雑把な括りで個人は判断できない。
とはいえそこに何らかの「共通点」を見てしまうのもよくあることで。

数が多いからこそ「生存競争」にシビアだったのだとすれば
最近では嫌う人も少なくない中国と同じだったり。

仮に彼ら彼女らの姿に「嫌悪感」を覚えるのだとしたら
まさに「もって他山の石」とする方が生産的かもしれない。

要は世代を問わずそうしたものがあり
誰もが何らかの「枠組み」に従って考え行動しているはずだということ。

そして特定の好ましい個人たちは
その「枠組み」と離れた場所で生きていたりするということ。

ならば好ましいからこそ
むしろ特定の個人に注目していればいい。

同じ「共感」を元にするなら「否定」よりは「肯定」を。
ただし他人を否定する「快感」はどうやら生半なことでは捨てきれないものでもある。
コメント

「変わらぬ魂」について

2012-11-29 02:42:36 | Weblog
晴れ。今年一番冷えたらしい。

本は読んだけれどまたまた選択失敗。
特に感想を述べるほどのこともなし。

深夜「僕のSweet Devil」を観る。

次週彼女に「捨てられた」報復をするつもりの主人公が
ようやく「元の姿」で彼女の目の前に現れる模様。

ここまでよく引っ張るなと思う一方で
そう思わせることが作り手の「思うツボ」でもあり。

「母親役」をしてきた年の離れた「純潔な」姉にも「かつての恋人」が現れ
主人公には大学にいた頃の「女王」との再会も。

「視聴者よりバカなフリをする」ことと「視聴者に予想しやすい展開」を用意するあたり
作り手はなかなかの手練れ。

繰り返すがわが国で言えば「スチュワーデス物語」のテイスト。
「ドジと純粋」をウリにしているところに共通点がある。

さて。

わが身を振り返ると時々叫び出したくなるような過去がよみがえって
「爆死」したくなることが少なくない。

それゆえついつい年下の人々に「要らぬお世話」をすることにもなるのだが
そこが行き過ぎると「ダメな母親」になるので注意したいもの。

もちろん彼ら彼女らも「愚行」を繰り返しながらでないと
「少しはマシ」という言葉の意味が腑に落ちるようにはならない。

そうした経験を積み重ねながら
実は「少しはマシ」さえ難しかったりすることを知ることにもなるわけで。

「三つ子の魂百まで」。

いずれそのあたりに落ち着くのならば
せめて「正直」であることだけは確保しておきたい。
コメント

「オロオロすること」について

2012-11-28 03:27:49 | Weblog
晴れ。風冷たく冷える。

森達也・綿井健陽・松林要樹・安岡卓治「311を撮る」を読む。

マスコミのあらゆる情報に対して「何かが足りない」と思いつつ
被災地のあまりの光景に「何を伝えればいいのか」と迷った挙句出来た映画がある模様。

実物を観ていないので何とも言い難いけれど
「ハイエナ」になりきることがおそらくは「忠実な記録」になることは確か。

「遺体を撮るな」と木片を投げつけた地元の人の気持ちは当然だとして
むしろその無惨を文字通り無惨として撮ることで伝わるものがあり。

おそらく「現実の凄まじさ」というのはわれわれの想像をいともたやすく超えるもので
だからこそ「カメラアイ」が必要になるという視点を忘れずにおきたい。

とはいえ自分が実際に取材する側に回ってそのように行動できるかというと
とても自信がないのが正直なところではある。

どうにも太刀打ちできそうにない「現実」に対しては
「自分のスタンス」を明らかにするしかないのだとすれば。

少なくともいたずらに「他人を代弁」したつもりで声高に「正義」を訴えるより
「現場」でオロオロする方がよほど「誠実」だと思われるのだが如何。

「現場」には常に思いがけないものがある。
そのことだけはきちんと知っておくべきだろう。

さて。

そもそも「世界」は複雑すぎてわれわれのつたない「常識」では
どうにも捉えきれないところがあるもの。

ならばせめてそれぞれの「視点」から
自分に見えた「現実」をできるだけ「正確」に描いてみせるよりないのが「定石」。

ありもしない「客観」や「正しさ」は横に置いて。
脳があらゆるものを「単純化」する装置だということを忘れずに。

「民主主義」が常に執拗なチェックの下でしか機能しないものなのと同様に
われわれの思い描く「現実」にも同様のことが言えるはず。
コメント

「ありがたいこと」について

2012-11-27 02:45:01 | Weblog
雨。思ったよりしつこく降る。

小林信彦「四重奏 カルテット」を読む。

思えば「ぼくたちの好きな戦争」がすでに2つの焦点を持つ構造だった。
それが「日本橋バビロン」では「対談」「エッセイ」「小説」という3部構成になり。

2、3とくれば次は4となるわけで
今回の作品が上梓されるのも当然というのが「愛読者」の感想ではある。

「半巨人の肖像」「隅の老人」はすでに読んでいたものの
「夙川事件 谷崎潤一郎余聞」と「男たちの輪」に挟まれるとまたちょいと違った趣き。

それにしても「男たちの輪」の息苦しくなるほどの鋭敏さよ。
ここまでの「裏切り」と「現実の厳しさ」に出会うと「明日に向かって撃て」の心境になるのか。

この「行き場のなさ」の尋常でない雰囲気は
今で言えば福島の人々の気持ちに似ているかもしれないなどと。

その一方である種の人々の「未来」についてかなり「正しい判断」を下せるはずの著者が
周囲の人々については打って変わって「甘くなる」のが不思議といえば不思議。

「自分の好きなこと」について異様な嗅覚をもつ「超能力者」は
得てしてそういうものなのかもと思いつつ。

「仕事のできる人が組織から締め出されるのはなぜか」という問いは
おそらく今も通用する「わが国の『普通』」だとすると否応なく気分は暗くなるけれど。

「悪貨は良貨を駆逐する」あるいは「出る杭は打たれる」。
相変わらず「事実」は無残なほどに「正しい」模様。

個人的にはなぜか「大人の世界」とは違う場所に暮らしているので
どうにかこうにかもっている感じ。

あらためて「恵まれた環境」にいることを確認しながら
のんびりと生き延びられる「幸せ」を噛みしめることにする。
コメント

「美学」について

2012-11-26 02:38:19 | Weblog
晴れ。心地よい日本晴れ。

野暮用でほぼ一日が終わる。
朝昼兼用の寿司の味はまずまず。

「残念な」妹の主張に付き合って「高級喫茶」とやらで美味くもないカフェオレ。
一杯950円の「ぼったくり」に今だ残る「バブルの香り」をしばし味わう。

夜になってマル激を観る。

自分たちの選んだ政治家を悪く言い立てるのはむしろよろしくなく
「官僚がマシ」という「神話」を捨てるべきだと古賀茂明は言う。

「お勉強」が出来た官僚とて所詮「弱い人間」であり
老後を控えて天下りで2億ほど手に入る「道」を捨て去るのは難しい。

「注文に答える」のが得意なのだから
「国民のためになることをすればホメられる制度」を作るのが肝要だと。

なおかつそれが出来るのが政治家であることを忘れずに。
要は「人に合わせた制度」を作れということか。

「出世」という「基準」にこだわらなければ
「精神の平穏」は保てるというのはわかりやすい。

ただ「他人の基準に評価されること」に「自分」を見出した者たちにとって
それはなんとも難しいことなのだろう。

ここで重要な解決策をひとつ。

そのような男子に対して女子が揃って「意気地なし」と言うのはどうか。
もっとも同様に「他人の基準に評価されること」が好きな女子も少なくないのだけれど。

若い男子によく言う台詞のひとつ。
「モテたいと思った時にはすでに負けている」。

お互いに「評価されたい人」に評価されたいものではある。
そして自らもそういう存在でいるのがある種の「責任」だと知ろう。
コメント

「伝えること」について

2012-11-25 01:01:28 | Weblog
晴れ。夜に冷える。

仕事の都合でちょいと遅れて「男子会」へ。
「ホモソーシャル」な中にできるだけ「他人の考え」を入れる。

冒頭店のおかみさんが話しかけててくる。
若い同僚と同じくらいの娘がいることがわかり楽しい会話に。

その後飲みながらあれこれ。
若い女子からもらった手紙のことなど交えつつ和やかに解散。

男子たちは女子に対して大いに構えているようなので
「下心」も含めてもっと「自然」に話せばいいのではないかと「助言」する。

やがてそれぞれに居場所は変わるものの
せめて「楽しく話せる人」であれと願いつつ。

「郊外の学校での激しすぎる部活」がある種の「カルト」であり
むしろその後の生活に支障をきたすことが少なくないことを確認したりする。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会編「『戦地』に生きる人々」を読む。

チベット・ビルマ(ミャンマー)・マーシャル諸島・ハイチ・チェチェン
レバノン・ガザに関するレポート。

世界にはさまざまな国があり
そこで相変わらずの「戦い」が繰り返されている「現実」がある。

「戦争」では何も解決することがないにも関わらず
常に「軍事」が「当然の前提」として語られることの奇妙さはすべてではないけれど。

「暴力装置」に支えられた権力の否応ない強制が生む「悲劇」は
どのような「前提」によって支えられているのだろう。

その一方で。

取材する人々がいるからこそそうした「現実」が伝わる。
「認知されないもの」は「存在の否定」どころか「無視」されてしまうということ。

伝わって困るものはない。
いたずらな「悪意」以外は。

安易に他人を嫌うことの「抽象性=いいかげんさ」を
そろそろ身に沁みて知ってもいい頃かも。
コメント

「評価」について

2012-11-24 02:41:05 | Weblog
晴れ。夜にちょいと冷える。

昨日はまた寝てしまう。
最近のパターンとして定着しつつある模様。

吉村公三郎「映像の演出」を読む。

古本屋で偶然見つけてすかさず買ったもの。
著者は「暖流」(’39)「安城家の舞踏会」(’47)などで知られる監督。

といっても今やほとんど知られていないのが「普通」かもしれない。
「映画の基本」についてあらためて考えてみるのに「いいヒント」を与えてくれる内容。

引き続き「異説・黒澤明」を読む。

それにしてもこの監督はどうしてこうもあれこれ言われ続けるのだろう。
もちろん非常に魅力的な作品群を撮ったからではあるけれど。

個人的には80年代後半だったか「七人の侍」をスクリーンで観た時の印象が強い。
それぞれの「お付き合い」によって相当評価が変わるのはむしろ「自然」だとして。

少なくとも「新しい表現」を次々と確立した「事実」があるのだから
もっと単純に「すごい」と言ってもいいと思うのだが如何。

さらに引き続き斎藤貴男「私がケータイを持たない理由」を読む。

著者の「意気地」はわかるし「企業の無節操ぶり」もよくわかる。
「たかが機械に自分を操られてたまるか」という「姿勢」には同感と言わざるをえず。

至極簡単に言ってしまえばPCは「高価なおもちゃ」で楽しいが持ち運びができない。
だからその代りとなる「ケータイ」がかくも流行することになる。

ただケータイから「搾取」される個人情報がマーケティングに利用されるのは気に食わない。
もっとも「典型的な消費者像」からは相当に離れたところにいるので実害は少ないはず。

とはいえどこかに「マッドサイエンティスト」が居て
何らかの電波を発信することであらゆるケータイが機能停止になると面白いとは思ったり。

なにしろ相手の都合も省みずにいつでも連絡ができるというのは「無礼」極まりない。
おまけに一方的な罵倒をいくらでも「発信」できてしまうものでもある。

あるいは「ボーッとする時間」を忘れさせ
いたずらに「間を埋めるため」に使われるツールでもあり。

見知らぬ他人との「出会い」が魅力的に見えるのは
実は「身近な他人との接触」があまりに少ないせいだと知っておくのもいいだろう。

「道具」を使いこなすためにはそれ相応の「知性」が必要だという指摘はもっとも。
ただしいくぶん「どうなのか」と思われる「証拠」が使われているのがやや残念なところ。
コメント

「振り返るものがあるということ」について

2012-11-22 02:49:17 | Weblog
晴れ。やれやれ。

数十年ぶりに近所のおばちゃんに声をかけられる。
元は駄菓子屋をやっていてこちらの子どもの頃を知っている人。

あれこれの質問に答えた後待っていたのは自分の息子の自慢など。
「いい男なんだからあんたも結婚して子どもを作りなさい」とのたまう。

とりあえず笑いと「はぁ」という返事でごまかす。
ちなみに彼女はメイクばっちりで真っ赤なコートという出で立ち。

目を伏せて歩いていても見つかることがあるらしい。
今後もさらに伏し目がちで歩くことにする。

中村達郎「ロシアはどこに行くのか」を読む。

現れることはないと知りつつ「救世主」を待つのがロシア気質のよう。
選挙その他の場所で賄賂が横行する日常の中で。

自らの「後進性」を自覚するがゆえの西洋への反発も。
なんともやっかいな性質はわが国と似ていなくもなく。

そうした土地からドストエフスキーやトルストイ、ゴーリキー、
ゴーゴリやチェーホフが生まれたとするならそれもいいのか。

あるいはタルコフスキー、ミハルコフ、ソクーロフなど。
中村白葉「ロシア民話集」を読んだ時の感慨が再び。

シャガール「パレード」などの色彩に惹かれることもあったり。
そういえば「イコン」という言葉を知ったのは五木寛之経由だったかも。

これもある種の「オリエンタリズム」だということは承知の上。
とはいえ人は自分以外のものをそうした「視線」で捉えるもので。

チャイコフスキー、ムソルグスキー、ストラヴィンスキー
プロコフィエフ、ショスタコーヴィッチなどなど。

「母なる大地」が生み出したものの魅力はめくるめく。
「文化の豊穣」を知ると人は単純にその国を嫌いにはなれない。
コメント

「修羅場」について

2012-11-21 02:49:23 | Weblog
晴れ。だったっけ。

昨日は久方ぶりにソウルバーへ。
短い時間だったがマスターの話に笑う。

いつものように帰宅後爆睡。
体力の衰えを感じるのみ。

桜井章一「修羅場が人を磨く」を読む。

「20年間無敗」というのが枕詞になっている元裏雀士のあれこれの言葉。
水のようにやさしく「当たり前のこと」を説いているのが印象的。

危機に陥った時にこそ
まるで「幽体離脱」のように自分を取り巻く状況が見えることの大切さ。

何かから逃げるのではなくむしろ「身をまかせること」によって開かれる活路があると。
極意をひと言で表すなら「柳に風」か。

米原万里「不実な美女か貞淑な醜女か」を引き続き読む。

ロシア語同時通訳としての経験を元に
「通訳というコミュニケーション」の複雑さを笑いと下ネタをまぶして描いた内容。

「史上最強」とまで言われた実力の持ち主であったがゆえの「恍惚と不安」は
むしろ後者の方が強かったように思われなくもない。

おそらくはかつて徹底的にコミュニケーションから「遮断」されたことが
どこまでも「実質」を求める態度を生んだのではなかったか。

前者は生き延び後者は彼岸へ。
「修羅場」が人に与える運命もそれぞれに。

のんべんだらりと暮らす身としては
いずれも自分にないもののせいか好ましい。
コメント

「基本的なこと」について

2012-11-18 02:06:26 | Weblog
雨。夜に止む。

安冨歩「もう『東大話法』にはだまされない」を読む。
と書いて昨日は寝た。

「立場」による発言しかない世界が現実を歪めている模様。
その指摘が「結婚」に及ぶに至って呵々大笑。

今日は買い物に行った以外引きこもり。

妹の末娘の靴が目的だったのだけれど
色彩の貧困ぶりに驚く。

防水と安全の観点からだと思われるツヤツヤとキラキラものばかり。
黒を基調にしたピンクの多用にうんざりする。

全体にゴテゴテの印象が拭えず。
これでは幼い子どもたちの色彩感覚が育つとは到底思えない。

なるほど若者たちの服装はここから始まっているのかと納得。
残念ながら彼ら彼女らは「きれいな色」を知ることなく成長している模様。

繰り返すがせめて「いいもの」を教えるのが「大人のつとめ」だとするなら
その「義務」は果たされていないと言わざるをえず。

もっともその「大人」さえたいていは「きれいなもの」を知らないのだから
この「負の連鎖」はどこかで断ち切りたいもの。

「某小皇帝」が「総理」を目指しつつ「野合」するのも同様。
彼とて「引き際」を知らないことの「醜さ」を若い頃には知っていたはずなのに。

各地で跳梁跋扈する「猫の首」に鈴を付ける者はいないらしい。
ひと言「莫迦」と言えばすむはずなのだが。

ちなみに「おとなしくしていられない」のがその特徴。
むしろ「貧乏ゆすり」を思わせて。

たとえば福島を救うことを「マニフェスト」に掲げないのはなぜなのか。
本格的な「悲劇」はこれからだというのに。

どうせ「振れ幅の大きい振り子」ならば
そこにエネルギーを注いでいけばどれほど役に立つことか。

「国民生活の基本」が実はそこにこそあることを知ろう。
「経世済民の本義」をあらためて思い出したい。
コメント