退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「安心」と「希望」について

2012-04-07 03:58:08 | Weblog
晴れのち雨。夜はまた少し冷える。

「リスク社会化する日本 ウルリヒ・ベックとの対話」を途中まで読む。

「危険社会」でも採り上げられていた「個人化」と
「リスクのグローバル化」を「コスモポリタン」で補おうというあたりに興味が持てる。

こちらの勝手な「文脈」のせいか
「本家」ベックの書いたものがやはり面白く感じられるけれど。

「西欧基準」をいたずらに当てはめるのではなく
東アジア特有の「歴史と環境」において考えようというのはもっともな話。

いずれにせよ「事態」は「複雑」なので
「最適解」を見つけるのは難しそう。

「あらゆる『当然』」がすべて頼りない現在
否応なく「再帰的=自己反省的」にあれこれ考えるよりなさそう。

とはいえだからこそ「過去への回帰」も起きるわけで。
たとえばわが国の若い女子たちは「母親の苦労と必死」を見て「専業主婦」に走ったり。

おそらく彼女たちはそこに「意味」を見出せなかったのだろう。
もちろん「人は楽なのが好き」という「大原則」はあれど。

「禍福」のみならず「歴史」はまさに「あざなえる縄の如し」。
常に変わりゆく「基準」には敏感でいよう。

さて。

「個人化の果て」はどのあたりに行き着くのか。
「世界の中心」が「ちっぽけな私」であるのはつまらない。

ただしそう思える「契機」がないと
大多数は「動物もしくは虫」のように生きることになりそう。

要は「不安」に耐えられる人は少ないということ。
「中国雑技団」並みの「綱渡り」は「普通の人々」には無理だし。

われわれはまだまだ「ひよわな花」らしい。
倒れても倒れても「打つべし」。

その中におそらくは「かすかな希望」があると思いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 別の「味わい」について | トップ | 「状況」について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事