退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「そういうこと」について2

2012-08-31 02:25:52 | Weblog
晴れ。まだまだ暑い。

ようやく「早起き期間」が終わる。
これでまたのんびり酒が飲めて本が読めるというもの。

酒井順子「こんなの、はじめて?」を読む。

「病み上がり」に効きそうなおだやかな筆致。
「炭酸」のような刺激も少しだけあり読後が爽やか。

久方ぶりにゆっくりしたせいか仕事中に睡魔が訪れる。
ただしそれほど強烈なものではなかったので何となくやり過ごす。

一昨日は元同僚を囲む男子のみの飲み会。

来年度に「卒業」する同僚のひとりがやたらに「感慨にふける」。
「主賓」を差し置いてちょいと盛り上がってしまった。

彼がいなくなるのを「本気でイヤだ」という声も上がる。
「よくある風景」だがいささか季節はずれのようで。

「今度は朝まで飲もう」と言って解散。
後で元同僚から丁寧なメールが来る。

どうやら彼はこちらとじっくり話したかった模様。
「次回は年末に」という話もあったので「お楽しみに」と返事しておく。

さて。

たまのことだから「季節労働」が我慢できるように
「飲み会」もたまのことだから楽しかったりするのだろう。

そうしたことがいつでも可能な「立場」にいたいものではあり
それが実現しているのだから十分「しあわせ」。

贅沢を言えばキリがないし「満腹のゲップ」はいささか「はしたない」。

いずれも「腹八分目」でめでたしめでたし。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「たちの悪い子どもたち」に... | トップ | 「貧しさ」について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事