退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

2007-08-08 23:57:45 | Weblog
くもりときどき晴れ。夜暑し。

今年も「裸族」になる季節到来。
ほのかな風にわずかな涼を求めるのみ。

生活のリズムが変わったせいか
DVDを観ると眠気がきてしまうのが哀しい。

ジョゼフ・L・マンキウィッツ「記憶の代償」を観る。

戦争で記憶を失った元探偵が自分の正体を知るため
聞き込みを続けるうちにあれこれあって・・・というお話。

ハードボイルドな題材なはずだが
監督の演出によってずいぶんマイルドになっている。

自分を「裸」にすることは
ある意味で最大の「仮面」をかぶることでもある。

筋肉も脂肪も
それがある種の「鎧」であることに変わりはない。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 生活のない人 | トップ | 蒸しそう、もしくは無思想 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イヴの総てしか知らん。 (elise)
2007-08-09 17:56:28
鎧というか、過去からの遺伝子なんですw
きっとPの祖先は裸族。
体内の3兆幾千万の記憶が、そうさせているんです・・・。
胎児の夢・・・なんです。

(ホラみなさい・・・この影響力・・・)
Unknown (pxcre2)
2007-08-10 23:47:13
フッフ。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事