PMC

愛ぬいぐるみ(?)「ぷよ」と綴る日常のコト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腰痛なおす方法ないかな

2005年12月10日 | P-Diary
おひさです
今週はもう地獄の一週間ですわよ

「病み上がりだから6割くらいで頑張りなさい」
と研究室の先生に言われました
ありがたいな~って思ったんだけどさ

来週の月曜日、卒業研究の中間発表割り当てられてるし(誕生日なのに)
卒業研究発表会の会議もあるし(しかも自分代表だ)
急遽、学生実験のアシスタントとかやらされたし(無償)

もう疲れたを通り越してナチュラルハイ
突然「けけけ」とか笑い出して、周りに気味悪がれる始末

しかも、とっととバトン書けとかいう輩がいらっしゃりやがって
だい。からまわってきたタイトル不明バトン

①:相手に望む理想の身長は?

自分の身長+10~15cmくらい
ってことは175~180cm
日本人の成人男性の平均身長は170~171cmってことなので若干高望みなのかな?

まぁ自分より高ければいいんだけど
ヒールの高い靴履きたいから(笑)

②:相手に望む体型は?

自分より痩せてる人は見ててムカツクから痩せ型は×
でもスタイルのいい人はいいよね~

③:相手に望むファッション

ファッションに関心が多少あって
そこそこお金かけてればいいや
ファッションどうでもいいとか言う人は論外

④:年上派?年下派?

年上(5歳以内)
性格的に年下のほうがあっている気もしなくはないんだけど
やっぱり自分が年上ってことで無理しちゃいそう

⑤:相手に望む性格は?

・A型的性格じゃないこと(偏見?) 
 →自分がB型でおおざっぱ&適当だから神経質な人とは合わない
  つまりは寛容な人ってことだろう
・やさしいこと
・向上心のある人
・相手に悩みや弱い部分を隠さない人
・対等な関係として認めてくれる人

こんなもの出していったらキリがない

⑥:その他、特筆事項があったら

理想は理想で現実は現実

⑦:次に回す人5人

じろ&たけし
にしましょうかね
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誰もお見舞いに来ない

2005年12月03日 | P-Diary
やらなきゃいけないこといっぱいあるんだけど…
研究室の先生からはしばらく休めと言われているからおとなしく家にいます

さて、入院していたのはちょうど試験期間&秋休み
そのせいで落とした単位が結構あるため、なぜか履修計画を再度立てる羽目に

秋休みの集中はしょうがないにしても…

通常講義で
「3学期にまた授業とればいいでしょ」
と言われてテストの救済をされないというのも悲しい(でももうちょっと粘ってみよう)
こんなギリギリになるはずでは…頑張って卒業しなきゃ

暇だから久々に雑誌を読む

冬になるとモデルさんがノースリーブニット着てる写真がやたら目につく
いくらこの上から上着とかコートを羽織ろうが季節感のない服…

北海道住んでた頃は
「こういう服が着れる本州の人はすごいな~」
と思ってたけれど、十分寒いって(笑)

おしゃれの為なら気象条件なんて何のその、ってくらいな人
ある意味尊敬
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入院のキロク

2005年12月01日 | P-Diary
結局…
病名:急性腸炎ということでした
ただの風邪かと思って油断してたら立派に(?)病名が!

入院2日目にぷよが届けられました
なんかぬいぐるみでも孤独な入院では心強いですね

治療方法は、抗生剤投与と絶食
絶食?1日3食といわず4食でもいけるのに
というわけで約5日絶食でした
当然点滴で栄養補給してるから死にはしないけどさ、すんごい空腹感
同室の患者さんはみんなご飯食べてるもんだから、いい匂いが漂ってくるんだよね~超拷問

さて、6日目から絶食解禁
うん、全然おいしくないね(笑)
よく「お腹が本当にすいているときってなんでも美味しく感じる」とかいうから、大感動するのかと思ったけどそうでもなかったわ~。今年なくなってしまったけれど、15年間も入院していたうちのおばあちゃんが外泊のときに本当に美味しそうにご飯食べていたのが身をもってよくわかりました
あまりの美味しくなさに退院無理いって早めてもらったし(ホントは明日か明後日だった)

みなさんも健康には十分お気をつけください
入院中たくさんの人たちに心配かけてごめんなさい、そしてありがとう

退院祝はいつでも受付ますので、いつでも貢ぎにきてくださいまし~
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はじめての入院

2005年12月01日 | P-Diary
師走です~
更新さぼってたわけじゃないのよ

入院してました(マジ)
そんでもって今日退院した次第であります

ずっと風邪気味かな~っていうのはあって、先週熱が38℃もでちゃったもんだから
「さすがに卒研に遅れでちゃうしなぁ…」と思って病院へ

それにしても何で病院ってあんなに待つのかな
やっと診察してもらって以下4時間の出来事

私「お腹いたいんです」

医者(内科)「虫垂炎かもよ。外科行きましょうか」

私「へ?!」

医者(外科)「妊娠してるかもよ

私「…はぁ(嘘つけっ!)」

医者(外科)「とりあえず虫垂炎の検査しましょう」

医者(婦人科?)「超音波検査しましょう」

私「はぁ(超音波って…なんか妊娠検査っぽいやつね)」

医者(外科)「虫垂炎ではなかったから緊急に手術が必要ではありません」

私「(やっとかえれる)」

医者(外科)「でも自宅で様子みるだけでは危険なので、入院しましょう」

私「…にゅういん?!」

看護婦「病室案内します~」

あわあわ…
これからテストとか集中講義とかあるし、っていうか卒業単位まだ足りてないのに
コンタクト用品も歯ブラシも着替えも何もないのに
卒研の中間発表来週じゃなかったっけ?!

なんかもう頭真っ白で入院にいたりましたとさ(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする