純米燗オヤジの戯言 佐用の酒屋 地酒のDON

「完全発酵の純米酒を燗で呑む文化を普及させたい」そんな純米燗伝道師を自負する酒屋のオヤジ奮闘記。

買い忘れはないですか??・・・お正月の純米酒

2018年12月29日 | 純米酒
皆さま、今年も大変お世話になりました。


年の瀬も押し詰まってから寒波の襲来・・・

一気に冷え込んで

当店のある兵庫県佐用町の今朝の気温は「―3度」


朝は、うっすらと雪化粧しておりました


お正月も冷え込みが厳しいようです


1月1日のYahooの気象情報の予想最低気温は

「-5度」





冷え込みすぎです(笑)



お正月は、純米燗で心身共に温まり、癒されたい・・・



そこで、「冷や」でも「燗酒」でも美味しいお正月お薦めの純米酒を紹介します




「旭菊 特別純米 綾花 瓶囲いH29BY」
リンゴ、洋ナシ、草木等の優美で気品のある含み香を奥底に感じる。旨味は、優しく、柔らかく、どこまでも伸びていく。魅惑的な柑橘系の酸が複雑にたって、味わい深さ、立体感、そして余韻のキレを演出する。全体の味のバランスが凄く心地よく感じる。落ち着きと気品が同居する純米酒。
燗につけると、奥行きのある複雑な旨味を一層、堪能できる。




「玉櫻 純米酒 殿(しんがり)H28BY」
「軽く、優しく、呑みやすく」をコンセプトに桜尾杜氏が酒質設計した、アルコール度も低め(13度)の純米酒。上品な青りんごや洋ナシの含み香を奥底に感じながら、穏やかで優しい旨味、涼風の如き酸のコラボで、キレキレで、スルスル呑める。
また燗につけると、より酸が立ち、旨味も増幅し、バランスが良くなる。すべらかに呑ませてくれて「滋味深さ」抜群。酒宴の終盤にこそ活躍し、自然と盃を重ねてしまう、そんな酒質であることから「殿(しんがり)」と名付けられた。




「玉櫻 純米酒 魁(さきがけ)H29BY」
酒宴の最後のお酒として、はんなりと優しく呑める殿(しんがり)に対して、櫻尾杜氏が魁(さきがけ)を醸した。ただ酒宴の最初に呑む酒や食前酒をイメージしたのではなく、燗酒を呑む慣習がない人に対して燗酒を呑む魁(先駆け)となるように、冷やしても燗でも味が伸びることを意図して醸している。
草花、りんご、バナナを連想する含み香に、旨味は繊細で和らかく、まろやかで伸びてくる。同時に柑橘系の酸が登場してキレキレの酒質となる。
燗につけると、まだ若い香りがあるものの、上品で繊細な旨味と酸のキレで、爽快に呑ませてくれる。




「天穏 きもと純米改良雄町(2回火入れ)H29BY」
以前の1回火入れの「低温長期発酵の吟醸仕込みで醸したきもと改良雄町」のスペックから、2回火入れに代わって再登場。醪日数が短く、米を多めに溶かしたパワータイプの「きもと改良雄町」を85%と、1回火入れの吟醸仕込みタイプを15%でブレンド。
優しく、まろやかな旨味が前面に出て伸びると同時に、バニラ・ヨーグルト様のほのかな含み香に、「ホッ」と癒される。そして、酸のキレも良く、爽快に呑ませてくれる。シルキーでまろやかな酒質が多い天穏の純米酒の中にあっては、旨味と酸の輪郭がクッキリとした強い酒質のタイプといえるかもしれない。余韻の優しさは、変わりないけどね。(笑)
燗につけると、旨味は、優しさとまろやかさが増していき、それまで隠れていた透明感のある酸が現れて、一気にその存在感を発揮する。キレキレの酒質でありながらも、はんなりと心を和ませてくれる。改良雄町の優しく柔らかい旨味に触れてみてください。。




「天穏 山陰吟醸 無窮天穏 齊香H29BY」
「斎(さ)」・・・清浄な・神聖な・無垢な
「香(け)」・・・食べ物・飲み物・供え物
神聖なお供え物、すなわち「斎香(さけ)」が「酒」の名称の起源ともいわれる。「米」「水」など自然の恵みで醸す酒を通じて、人と自然の調和を図り、天穏の名の如く天を穏やかにすること、そんな小島杜氏の思いを全て注ぎ込んだ会心の作の山陰吟醸、「無窮天穏」です。まさに際限のない天の如く、伸びのある味わいが特徴だ。
爽やかな乳酸由来のバニラにも似た含み香に、優しくて奥行きのある旨味がどこまでも伸びていく。柑橘系の爽やかな酸がキレて、余韻は静かに渋味が顕れる。
当然のことながら、燗につけると抜群のポテンシャルを発揮して美味い!食欲をそそる酒だね。




大晦日まで、しっかり営業しますので、まだ発送は間に合います。

また、年始の実店舗の営業は4日(金)からですが

ネット注文は、受け付けており、お正月中も随時発送していきます。


宜しくお願いします。m(__)m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 御歳暮・・・まだ間に合いま... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

純米酒」カテゴリの最新記事