Tomorrow is another day

「命どぅ宝」

沖縄県知事選挙 & 普天間移設を考える

2010-08-03 10:21:12 | 地球環境・基地問題・政治関連
沖縄県民、県知事、県議会の皆さん、
米軍基地に依存しない沖縄の真の経済的な自立を目指しがんばりましょう!

↓ クリック 琉球新報2010年7月27日
沖縄県知事選挙 琉球新報

↓ クリック(You tube)
普天間移設を考える

↑に、辺野古に新たに基地を造っても、それを使うことは無い、と断言なさってます。
その言葉を信じます。

日米関係のなかの沖縄
我部 政明
三一書房

このアイテムの詳細を見る


この本の 
「はじめに」 
1「戦争」と「戦後」
に、日本人とアメリカ人にとっての、戦争と戦後が定義されてます。
分かっては居たことですが、文字にされてるのを読んで、恐ろしい事実に、
何か生理的な拒否反応が出ました。
まあ、しかし、一応大人ですので・・大丈夫ですが。


現在の米国で、固有名詞としての『戦争』をいうとき、いくつもの『戦争』が考えられる。
七十歳以上の世代は、『戦争』とは日本との太平洋戦争を含めた第二次大戦をさし、六十歳代では朝鮮戦争、四十歳代ではヴェトナム戦争、そして二十歳代は湾岸戦争を意味する。裏を返せば、米国は多くの戦争に関わってきたということである。日本では、『戦争』、『この前の戦争』『先の戦争』略
・・・・・・・
↑上記、本からの引用
コメント   この記事についてブログを書く
« miscellaneous ① | トップ | 認知科学に基づく語彙指導研... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地球環境・基地問題・政治関連」カテゴリの最新記事