Tomorrow is another day

「命どぅ宝」

【転載】「放射線を浴びたX年後」上映のご案内

2013-12-12 11:57:58 | 地域情報(神奈川県・横浜市編)

 

ドキュメンタリ-映画「放射線を浴びたX年後」上映の案内を致します。

日時  2014年2月28日(金)

1回目 14:00 開場
      14:30 映画上映
      16:00 前双葉町長井戸川さんインタビュ-(映像)

2回目 18:00 開場
      18:30 映画上映
      20:00  前双葉町長井戸川さんインタビュ-(映像)

場所    関内ホ-ル 小ホ-ル
         (JR関内駅徒歩5分)
参加費   800円(前売り700円)
   *18歳以下・障害のある方:無料

主催  「原爆と原発を考える」神奈川実行委員会
       問い合わせ…090-4439-2558(菅井)
                     090-8046-0925(五十嵐)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様

ドキュメンタリ-映画「放射線を浴びたX年後」上映の案内を致します。

私もこの映画上映の実行委員の一人です。

 日時 2014年2月28日(金)

      14:30・18:302回上映

 会場 関内ホ-ル 小ホ-ル

詳しくは添付したチラシをご覧下さい。

是非、多くの方にお知らせ頂けるとありがたいです。

 

この映画について、以下を参照下さい。

1954年、南の海で水爆実験が行われた。被ばくマグロは廃棄され、漁師たちは病に倒れた。
その後、200万ドルと引き換えに、すべての魚が日本の食卓にあがった!X年後の驚くべき実態・・・

3.11後の日本に投げかける衝撃の告発
地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー


1954年アメリカが行ったビキニ水爆実験。当時、多くの日本の漁船が同じ海で操業していた。にもかかわらず、第五福龍丸以外の「被ばく」は、人々の記憶、そして歴史からもなぜか消し去られていった。闇に葬られようとしていたその重大事件に光をあてたのは、高知県の港町で地道な調査を続けた教師や高校生たちだった。その足跡を丹念にたどったあるローカル局のTVマンの8年にわたる長期取材のなかで、次々に明らかになっていく船員たちの衝撃的なその後・・・。
そして、ついにたどり着いた、 “機密文書”・・・そこには、日本にも及んだ深刻な汚染の記録があった。

南海放送(愛媛県松山市)では約8年にわたり、これまであまり知られることのなかった「もうひとつのビキニ事件」の実態を描いてきた。地元の被災漁民に聞き取りをする高知県の調査団との出会いがきっかけだった。制作した番組は「地方の時代映像祭 グランプリ」「民間放送連盟賞 優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞 大賞」など、多数受賞。2012年1月に「NNNドキュメント」(日本テレビ系列)で全国放送され反響を呼んだ『放射線を浴びたX年後』に新たな映像を加えた映画化。
 
2013年12月11日
竹岡健治
コメント   この記事についてブログを書く
« 【転載】認知症セミナー「よ... | トップ | Believing in my learning ab... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域情報(神奈川県・横浜市編)」カテゴリの最新記事