牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

悲劇の…と言っても過言ではありません!

2016-12-13 21:25:44 | 国際

チェ・スンシルがこの国の大統領だった(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース

────────────────

> 「チェ氏が事実上の大統領だった。国家を運営していた」とまで話した。



朴槿恵大統領は
悲劇の大統領だったと
言うべきでしょうか?

チェ氏に
いいように利用されていたと
言っても過言ではないでしょう?

チェ氏によって
失ったものが大きい
朴槿恵大統領…

本当に
悲劇の大統領…

賛否両論はあるでしょう…

それでも
個人的には
私は朴槿恵大統領が大好きです…
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何とでも言えることでは? | トップ | カジノ解禁法案など意味がな... »
最近の画像もっと見る

国際」カテゴリの最新記事