プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

森口哲夫

2012-05-04 14:12:57 | 日記
切れ味よいドロップ 愛くるしいが度胸十分

まだウブ毛の残っているようなまことに愛くるしい、こどもこどもした投手である。大映スターズが今年集めた新人投手のうちで現在一番頭角を現しているのが無名の森口である。昨年福島商高を卒業、福島郵便局で一年間軟式野球チームの一塁手をやっていた。
プロへ行こうという気持はなかったが、道仏監督(元阪急)が大映へ推薦してくれたので、何となく入ってしまったとのこと。
プロの生活は驚きと苦しみと喜びの連発だそうである。驚きはプロの打者は0-3からでもねらって打つし、真直ぐの球は絶対にダメなこと。苦しみは東北からポッと出て来たため、トレーニング不足で、松山のキャンプでの先輩のスピードのある動作について行けず、幾日も困り抜いたこと。喜びは五月十七日の対トンボ戦に初めて勝利投手になったことと五月二十八日の対トンボ戦に七回までトンボ打線を三人ずつ完全に抑えて完全試合か無安打無得点の大記録を樹立出来そうなところまで行ったことだそうである。
二十歳、五尺六寸七分、十六貫、投手としてはややキャシャな体つきである。しかし純粋の上手投げのオーソドックスの投法だ。低目に決まる速球、ドロップに威力がある。試合度胸もあるが、これはうちの試合に観衆が少ないからあがらないのだと否定していた。
とにかく一応順調に育ってはいるが、問題はこれからであろう。それにまず体を作ることが大切だ。いまのような体では長いペナント・レースに耐えられないからである。第二は自分でもいうようにいろいろな球をマスターすることであろう。

将来性はある

藤本監督談 まだまだですね。第一体が出来ていませんよ。それに手首が硬い。これをやわらかくしなければダメだ。しかし投げ方は純粋のオーバースローで理にかなっているし、試合度胸もある。だから体力を作ることと、手首の使い方をよく覚える必要がある。スピードももう一息というところでしょうね。人間も真面目だから、東北人特有のネバリで、あわてずジックリやって行けば、将来性は富んでいる。

技巧に走るな

山内毎日オリオンズ外野手の話

オーバースローのオーソドックスの投げ方をしているのがいいですね。球も速いし、これが低目によくコントロールされている。ドロップの切れ味も良い。それに私が初めて対戦した時、いきなりビーンボールを投げてくるような度胸もあるようだ。体がやや貧弱ではないですか。これから体も出来てくることと思うが、球は速いのだからあくまでスピードで押し、中途半端な技巧に走らぬことが大切だ。よい捕手がつけばもっと威力を発揮する投手だ。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 高野一彦 | トップ | 益田昭雄 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事