《アロマテラピーサロン・ピュアティ》 purity diary

アロマルームのできごと、好きなこと、日々のあれこれをココロのままに綴ってます♪
(最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅)

みつろうリップクリーム

2019-11-18 23:50:00 | アロマクラフト
アロマテラピーサロン・ピュアティの槙 美佐子です。

やっぱり冬が近づくと、おでこの辺りや唇がカサカサする予兆を感じて(笑)みつろうリップクリーム作りました♩




わたし、昔はこのちっこいサイズ(5ml)のみつろうリップクリームを作るのが下手で😅

固すぎて塗れなかったり(唇につかない。)💦

今度はみつろうを少なめにして作ると柔らかすぎて、玉子の半熟みたいな感じになっていた。

このリップケースで作る場合は

みつろう 1 : オイル 2 (固め)

クリームジャーで作る場合は

みつろう 1 : オイル 3 (普通)

の割合だと、いろんなレシピ本に載ってるのだけど、

いやいや〜👋😓って。笑

オイルによっても全然変わるし、ね。

リップクリーム作りにおススメのひまし油オイル使ってみたり

ココアバターやグリセリンとか配合してみたり、色々 試行錯誤?してました。

ちなみにグリセリン入れるとグロスみたいにキラキラ艶々になります。笑

今回は




みつろうWaxとキャンデリラWaxを使用しました。

みつろうだけだと、固くなりがちで

キャンデリラWaxはリップグロス作りに良く使われてるので、柔らかめになるし艶もでます♡

みつろう 1g
キャンデリラ 1g
マカダミアナッツオイル 5ml
オレンジ精油 1滴

のレシピがいい感じです♡

ひまし油オイルは唇にとっては良さげなんでしょうが、ベタつくんですよね😅←これは好みの問題です♡

マイカで色をつけるのも可愛いから好きですが、今回は色ナシ




自分用なので、キレイにカットしてません。流したまま。笑

計りで1g 計るのと計量スプーンで1g 計るのは大きな違いがあるのを気づかせてくれたのもみつろうリップクリームです。笑

アロマクラフト教室で良くボヤいて言っていたのが『小さいものほど難しいんですよねー💦』でした。笑

でも、失敗やら試行錯誤?たくさんしたおかげで、リップクリームに関わらず、なんかサクサク作れるようになりました。(経験値ってあなどれませんねー)

良い意味で『勘』が働くというか、、それを『適当』と呼ぶのかもしれませんが(笑)好みのものを作れるようになれました♩

この冬もみつろう、シアバターなどのアロマクラフトが大活躍しそうです♡















コメント   この記事についてブログを書く
« 活きのいい美肌クリーム♩ | トップ | 〈映画〉最初の晩餐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。