《目黒のお家アロマテラピーサロン・ピュアティ》 purity diary

アロマルームのできごと、好きなこと、日々のあれこれをココロのままに綴ってます♪
(最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅)

〈神意識と繋がる〉調和と解放のフランキンセンス

2018-05-06 01:05:32 | アロマテラピー
アロマテラピーサロン・ピュアティの
槙 美佐子です。

アロマルームで頻繁に?登場するフランキンセンス。

わたしも大好きな精油です。

フランキンセンスは、オリバナム、乳香とも呼ばれてます。

幹に傷をつけると、乳白色の樹脂が滲みでてきて、それを水蒸気蒸留すると精油になります。

古代からエジプト、ギリシア、ローマなどで、フランキンセンスは宗教行事や日常生活、瞑想などに使用されてきました。

香りの成分はとても重要だったようです。

フランキンセンスの名前の由来は、

『純粋』『自由』を表す中世期フランス語の『franc』と

『燻す』という意味のラテン語『incensium』の合成語だそう。


光に溢れる熱い砂漠の中に生える3〜7mの低木。

星、太陽、月の光を全て受け取り、地球の奥底に根を張っている。

光を取り込んだフランキンセンスは、その光を地球の底にグッと落としこんでプロテクションしてくれているのだそう。

神意識と繋がっていて、

全ての肉体的な病気を調和の状態に戻してくれると信じられてきました。

ちなみに『フランキンセンス』と検索すると『フランキンセンス 癌』と候補がでてきます

植物のエネルギーを自分自身に入れることで

わたしたちは

愛の世界から来ている愛そのもの。
創造主の一部
神から散らばった一部

と、思い出すそうな。

精油(エッセンス)をスピリチュアルな解釈、表現をすると

泣きそうになります😢

本当に、愛そのもの。

フランキンセンスの木は叡智が備わっていて、古代からの情報がインプットされてる。

その精油をつけると、わたしたちの意識も植物たちの集合意識に入り、

細胞たちも賢くなる。

持ってるチカラ(生命力)思い出す。

だから、病気も治る!と、心底信じられてきたのだな。

わたしたちは、

オギャーと生まれてきたときから

『知っている』ことを忘れていくのですって。

精油さんたち(エッセンス)は

何が人生で大切なのか?を思い出させてくれる神聖な存在とも言えます。

自分が自分で在る、

自分とつながる静かな時間

『調和』と『解放』

フランキンセンスの香りのチカラを感じます❤️






☆☆☆




aromatherapy salon purity



トリートメントメニュー



アロマタッチトリートメント 



出張メニュー(トリートメント、クラフト、石けん)



石けん教室




アロマテラピー&クラフト講座 






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハチャメチャだけど一生懸命... | トップ | ココロとカラダを整えて、ご... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アロマテラピー」カテゴリの最新記事