ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

競馬大好きひろりんの大胆不敵な競馬予想。

独自の視点であみ出した
〝ひろりん指数〟で人気馬をメッタ切り!?

≪予想≫天皇賞(春)

2019-04-27 19:37:15 | 競馬予想
 第159回 天皇賞(春) 
京都3200M、芝C・外右、4歳以上、オープン、定量

◎フィエールマン 潜在能力、無限大
昨年1月に東京芝1800Mで新馬勝ち。2走目の山藤賞(中山芝1800M)では、後続に2馬身半差をつけて快勝。3連勝を目指したラジオNIKKEI賞(福島芝1800M)では54キロの軽ハンデで期待されましたが、メイショウテッコンに半馬身差の2着に敗れています。体質的にあまり強くないようなので、暑い夏は苦手だったのかもしれません。ぶっつけ本番で臨んだ菊花賞(京都芝3000M)では、7番人気の低評価を覆し、2着のエタリオウにクビ差の勝利!クラシック一冠を手中にしました。前走はアメリカジョッキークラブC(中山芝2200M)で2着でしたが、距離は長めの方が良さそうなので、今回が狙い目だと思います。まったく底を見せていない潜在能力がさらに開花しそうな予感がします。

○クリンチャー 昨年3着の実績
昨年の春は、京都記念(京都芝2200M)1着、阪神大賞典(阪神芝3000M)3着と好走を続け、天皇賞(春)(京都芝3200M)で3着に入着。ステイヤーとしての実績を重ねました。その後は、フランスに遠征し、フォア賞(ロンシャン芝2400M)、凱旋門賞(ロンシャン芝2400M)に出走しましたが、それぞれ8着、17着と思うような結果にはなりませんでした。有馬記念(中山芝2500M)では15着と惨敗しましたが、前走日経賞(中山芝2500M)では7着とやや持ち直し。昨年3着に入った舞台で、さらに前進を期待しています。

▲チェスナットコート 叩き2走目で前進
昨年初めに、早春S(東京芝2400M)で勝ってオープンクラス入り。初の重賞挑戦となった日経賞(中山芝2500M)でも2着に入着。続く天皇賞(春)(京都芝3200M)でも、勝ち馬からコンマ3秒差の5着と大健闘しました。ところが、目黒記念(東京芝2500M)では11着と惨敗。その後、オーストラリアに遠征し2戦しましたが、いずれも二桁着順と残念な結果に終わっています。前走日経賞(中山芝2500M)では9着とやや持ち直した感じがあります。海外遠征帰りから叩き2走目で変われないか期待しています。

△パフォーマプロミス 得意の京都コースなら
昨年は、日経新春杯(京都芝2400M)、アルゼンチン共和国杯(東京芝2500M)と重賞2勝、目黒記念(東京芝2500M)で3着1回と重賞で大活躍しました。その代り、G1となると宝塚記念(阪神芝2200M)9着、有馬記念(中山芝2500M)14着と分が悪いです。前走休養前の京都記念(京都芝2200M)では、3着のマカヒキにクビ差届かず4着に敗れています。京都コースは(2、0、1、2)の京都巧者。距離延長はプラスだと思うので、大変身を期待しています。

以上4頭に

 菊花賞5着の実績がある☆グローリーヴェイズ

を加えた5頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!




コメント

≪ひろりん指数≫天皇賞(春)

2019-04-27 19:13:16 | ひろりん指数公開!!
 第159回 天皇賞(春) 
京都3200M、芝C・外右、4歳以上、オープン、定量
馬番/馬名/指数/前日最終単勝オッズ

10 フィエールマン/19 3.2(1番人気)
12 クリンチャー/15 6.9(4番人気)
1  チェスナットコート/14 48.3(12番人気)
8  パフォーマプロミス/13 16.4(7番人気)
7  グローリーヴェイズ/12 12.2(6番人気)
2  エタリオウ/10 3.7(2番人気)
3  リッジマン/10 43.6(10番人気)
5  メイショウテッコン/10 10.4(5番人気)
11 ケントオー/9 104.2(13番人気)
9  ユーキャンスマイル/8 6.3(3番人気)
4  ヴォージュ/7 47.2(11番人気)
6  カフジプリンス/6 35.7(9番人気)
13 ロードヴァンドール/5 28.4(8番人気)
コメント

≪予想≫皐月賞

2019-04-13 16:44:47 | 競馬予想
 第79回 皐月賞 
中山2000M、芝B・内右、3歳、オープン、牡57キロ、牝55キロ

◎ダノンキングリー 順調さは随一
昨年10月に東京芝1600Mでデビュー勝ち。2走目のひいらぎ賞(中山芝1600M)では、後続に3馬身半差をつけてブッチギリの2連勝をあげています。前走は共同通信杯(東京芝1800M)で、アドマイヤマーズに1馬身差以上の差をつけて3連勝目をGET!デビューから負けなしで底を見せていません。距離は延長になりますが、中山コースは経験済みなので、貯めを効かせて末脚に賭ければきっと大丈夫。

○メイショウテンゲン 前走で強さ認識
初勝利は4走目の阪神芝1800Mでの未勝利戦でした。出遅れ癖があり、なかなか勝てなかった3戦もすべて馬券に絡んでおり、力負けでなかったことは特筆すべき点です。5走目のきさらぎ賞(京都芝1800M)では、また出遅れて後手を踏み5着に敗れてしまいましたが、前走弥生賞(中山芝2000M)では、道悪を味方につけて好走!貴重な2勝目をあげています。出遅れの可能性を考慮すれば、中山芝2000Mは合っているのかもしれません。

▲ラストドラフト 前走は度外視
東京芝1800Mで新馬勝ち。2走目の京成杯(中山芝2000M)では、後続に1馬身差以上の差をつけて快勝。皐月賞でも走りそうな予感を感じさせました。期待された弥生賞(中山芝2000M)では7着でしたが、道悪に加えて騎手の乗り替わりがあり、ペースも合わなくて最悪なコンディションだったので度外視してOK。仕切り直して好走してほしいです。

以上3頭に

 強い馬はぶっつけ本番でも平気△サートゥルナーリア
 距離微妙でNHKマイルCなら断然買いの☆アドマイヤマーズ

を加えた5頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!


仙台は、桜満開です
春ですね~
コメント

≪ひろりん指数≫皐月賞

2019-04-13 16:24:41 | ひろりん指数公開!!
 第79回 皐月賞 
中山2000M、芝B・内右、3歳、オープン、牡57キロ、牝55キロ
馬番/馬名/指数/16時25分現在単勝オッズ

4  ダノンキングリー/19 6.7(2番人気)
9  メイショウテンゲン/18 43.6(9番人気)
1  アドマイヤマーズ/16 8.7(3番人気)
11 ラストドラフト/16 60.4(10番人気)
12 サートゥルナーリア/16 1.5(1番人気)
3  ファンタジスト/15 25.9(6番人気)
13 ブレイキングドーン/14 72.4(12番人気)
7  ヴェロックス/13 12.7(4番人気)
2  サトノルークス/12 36.8(8番人気)
8  ニシノデイジー/11 29.2(7番人気)
16 タガノディアマンテ/11 181.7(15番人気)
17 アドマイヤジャスタ/11 70.3(11番人気)
5  ランスオブプラーナ/10 73.7(13番人気)
6  クラージュゲリエ/10 122.6(14番人気)
10 シュヴァルツリーゼ/10 19.2(5番人気)
15 クリノガウディー/7 221.4(16番人気)
14 ダディーズマインド/6 394.5(18番人気)
18 ナイママ/6 393.6(17番人気)
コメント

≪予想≫桜花賞

2019-04-06 22:14:03 | 競馬予想
 第79回 桜花賞 
阪神1600M、芝B・外右、牝馬、3歳、オープン、55キロ

◎ビーチサンバ成長著しい
阪神芝1600Mでデビュー勝ちした時点で、桜花賞への期待が高まりました。2走目アルテミスS(東京芝1600M)では、スタートで出遅れて後手を踏み、勝ち馬シェーングランツから半馬身差の2着。3走目となった阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600M)では、最後の直線で伸びたものの、それ以上の伸びは欠き3着に敗れてしまいました。前走は、クイーンC(東京芝1600M)で、勝ち馬クロノジェネシスにクビ差の2着でしたが、上がりはメンバー中最速の32.9秒と成長とレース慣れを感じさせる走りを見せています。課題となっている最後の切れが発揮できれば、ライバルたちにも負けないはず!

○クロノジェネシス 馬群捌ければ
小倉芝1800Mで後続に2馬身差のデビュー勝ち。2走目のアイビーS(東京芝1800M)でも、後続に2馬身差をつけて2連勝!いずれのレースも上がりメンバー中最速の脚で追い上げ、牡馬相手に快勝しており、その強さが際立っています。3走目となった阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600M)では、ゲートで痛恨の出遅れ。メンバー中最速で追い上げたものの、勝ち馬ダノンファンタジーに半馬身差届かず2着に敗れてしまいました。前走は、クイーンC(東京芝1600M)では順調に勝ったものの、上がりタイムが2着のビーチサンバよりコンマ2秒差遅かったことが、余裕からくるものなのか、その他の理由なのか気になるところではあります。内枠に入ったしまったので、自慢の末脚を披露するためにはいかに馬群を捌けるかがカギとなります。北村友一騎手の手腕にかかっています。

▲グランアレグリア 能力上位も仕上がりがカギ
デビューは東京芝1600Mで、ダノンファンタジーに2馬身差をつけて勝っています。1番人気ダノンファンタジーが唯一負けた馬として注目されています。2走目はサウジアラビアロイヤルC(東京芝1600M)で、スタートで出遅れたものの後続に3馬身半差をつけて圧勝し、その能力の高さに驚かされました。2歳G1は、騎手の都合で阪神ジュベナイルフィリーズではなく、朝日杯フューチュリティS(阪神芝1600M)に出走。さすがに厳しいレースとなり健闘したものの3着に敗れています。今回は、4ヶ月休養明けのぶっつけ本番となり、昨年暮れからの成長度合が分からず不気味な存在となっています。能力の高さは認めますが、ライバルたちの成長度合を見ていると積極的に買えず、単穴まで。

以上3頭に

 やっぱりアッサリ勝ってしまうのか世代最強馬のダノンファンタジー
 ここが試金石となりそうなアクアミラビリス
 穴馬として一考ノーワン


を加えた6頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!


桜咲いたよ~
コメント