ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

≪予想≫中山金杯、京都金杯

 第64回 中山金杯 
中山2000M、芝C・内右、4歳以上、オープン、ハンデ

◎マイネルミラノ 中山コースで4勝の実績
デビューから5勝あげていますが、そのうち4勝は中山コースのもの(うち1勝は松島特別(福島芝2000M)です。)。また、そのうち2勝は芝2000Mであげていますから、条件的には問題なし。前走は、美浦S(中山芝1800M/1600万円条件)で見事な逃げ切り勝ちをあげており、最内枠に入った今回も逃げ切り勝ちのチャンス。

○ラブイズブーシェ 天皇賞での好走を買って
一昨年夏の五稜郭特別(函館芝2000M/1600万円条件)で勝利してオープン入りしてからは、昨年の函館記念(函館芝2000M)で1勝したのみ。それでも、大負けはしておらず、そこそこの成績を残しています。前走天皇賞(秋)(東京芝2000M)では、16番人気ながら勝ち馬スピルバーグにコンマ2秒差に迫る4着と健闘しており、本格化が見込めます。

▲ロゴタイプ 皐月賞馬なので当然
一昨年の皐月賞馬ですが、その時以来、勝ち鞍から遠ざかっています。中山コースでは(3、0、1、0)とすべて馬券に絡んでいる中山巧者。皐月賞以来の中山芝2000Mでのレースで、58キロのハンデ頭でも勝算あり。

以上3頭に

 こちらも中山巧者のナカヤマナイト
 軽ハンデが魅力のアイスフォーリス

を加えた5頭で、馬連・3連複ボックス勝負です


 第53回 京都金杯 
京都1600M、芝A・外右、4歳以上、オープン、ハンデ

◎シェルビー 京都コースでの実績に目を見張る
京都コースで(3、4、1、0)、京都芝1600Mに限っても(2、3、1、0)の京都マイル巧者。前走は、キャピタルS(東京芝1600M)でオープンクラスで初勝利をあげており、条件的には最高の舞台。この中間は、古馬オープン馬キョウワダッフィーに併せて先着するなど、体調も良さそうなので、自分の競馬が出来れば、初の重賞勝利に手が届きそう。

○グランデッツァ G1でも好走しており能力が高い
前走は、マイルチャンプオンシップ(京都芝1600M)で、勝ち馬ダノンシャークからコンマ2秒差の3着と健闘。戦ってきた相手が他馬とは違う印象です。ハンデは57.5キロと、厳しいものとなっていますが、実績を考えれば仕方ないのかも。昨年春の都大路S(京都芝1800M)では、レコード勝ちをあげるなど、とにかく京都コースは好相性の結果となっています。距離は少し短いかもしれませんが、新境地を開くチャンス。

▲アクションスター マイラーズCでの経験活かし
明けて5歳馬ですが、3歳時には、ダービー(東京芝2400M)14着、菊花賞(京都芝3000M)9着にも出走したことがあり、そこそこの実績があります。昨年前半は成績が低迷、前走逆瀬川S(阪神芝1800M/1600万円条件)で勝って、やっとオープン入りした苦労人です。芝1800M以上が合っているようで、マイルだと若干距離不足な感じ。昨年春のマイラーズC(京都芝1600M)では10着と奮いませんでしたが、その経験が活かせれば、軽ハンデ54キロを相俟って変わり身が期待できそうです。

以上3頭に

 ハンデ利がありそうなニシノビークイックアズマシャトル

を加えた5頭で、馬連・3連複ボックス勝負です


「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!


新年あけましておめでとうございます
昨年末にインフルエンザにかかってしまい、つらい年越しとなってしまいました
すごく流行っているみたいなので、皆さんもどうぞご注意ください

さて、今年の競馬予想も金杯から始めますが、ハンデ戦の予想は苦手なので、割り引いてご覧ください

今年は、もっともっと競馬場に出向いて、生で競馬を楽しむ機会を増やしたいな~と考えています

今年も「ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ」をよろしくお願いいたします
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「競馬予想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事