ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

競馬大好きひろりんの大胆不敵な競馬予想。

独自の視点であみ出した
〝ひろりん指数〟で人気馬をメッタ切り!?

≪予想≫東京新聞杯

2018-02-04 06:04:18 | 競馬予想
 第68回 東京新聞杯 
東京1600M、芝D・左、4歳以上、オープン、別定

◎アドマイヤリード 斤量利を活かして得意のコースで
3歳時には、なかなか良績が残せなかったアドマイヤリードですが、昨年4歳になって緒戦の北大路特別(京都芝1800M・1000万円以下)で勝ち鞍をあげると、飛鳥S(京都芝1800M・1600万円以下)で連勝!オープンクラス入りを果たしました。ヴィクトリアマイル(東京芝1600M)では、6番人気の低評価を覆して勝利しG1馬となりました。昨年10月の府中牝馬S(東京芝1800M)3着以来の休み明けになりますが、その時よりも斤量は2キロ減の54キロと有利になっています。騎乗停止となったルメール騎手からの乗り替わりは想定外でしたが、道悪も得意ですし、いきなり好走もあり得ると思います。

○グレーターロンドン マイルなら好走必至
3歳時の秋から東京芝1800M500万円以下(2回)、中山芝1600M1000万円以下、明けて4歳の節分S(東京芝1600M・1600万円以下)、東風S(中山芝1600M)と5連勝しています。初のG1挑戦となった安田記念(東京芝1600M)では、コンマ1秒差で勝ち馬サトノアラジンに届きませんでしたが、健闘しました。近3走は、毎日王冠(東京芝1800M)3着、天皇賞(秋)(東京芝2000M)9着、ディセンバーS(中山芝1800M)3着とやはりマイラーであるということを確認させる結果となりました。東京コースは(4、0、1、2)の相性の良さがあるので、久々にマイルに戻る今回で安田記念の雪辱を晴らしてほしいと思います。

▲クルーガー このメンバーなら
デビュー当時から安定した成績を残してきたクルーガーですが、一昨年のマイラーズC(京都芝1600M)で勝った後に膝の骨折が判明。1年間の休養を余儀なくされました。奇しくも昨年のマイラーズCで復活し、不利もあって10着に敗れてしまいましたが、力のあるとことは見せられたレースとなりました。その後は、休養を挟んでのぞんだ富士S(東京芝1600M)3着、マイルチャンピオンシップ(京都芝1600M)7着、明けて6歳となった前走京都金杯(京都芝1600M)2着と着実に良化しています。今回の斤量は、前走から1.5キロ減の56キロで出走できるのは、いかにも有利!メンバーも手ごろになりますので、自分の力を遺憾なく発揮できると思います。

以上3頭に

 マイルなら変わり身が期待できる穴馬デンコウアンジュ
 4歳の若手から、ここが試金石となりそうなサトノアレス

を加えた5頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!

 
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ≪ひろりん指数≫東京新聞杯 | トップ | ≪ひろりん指数≫共同通信杯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事