ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

≪予想≫桜花賞

 第76回 桜花賞 
阪神1600M、芝B・外右、牝馬、3歳、オープン、55キロ

◎メジャーエンブレム 優勝候補筆頭の大物
デビューは、東京芝1600Mで後続に1馬身半差をつけて快勝。2走目のアスター賞(中山芝1600M)では、後続に2馬身半差の圧勝。3走目のアルテミスS(東京芝1600M)では、12番人気の伏兵デンコウアンジュにクビ差で負けたものの、続く阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600M)では後続に2馬身差をつける貫禄勝ちで見事に2歳女王に輝きました。前走クイーンC(東京芝1600M)では、後続に5馬身差の勝利をあげ、同級生の中にはもはや敵なしの様相を見せています。鞍上は、デビューからずっと手綱を取っているルメール騎手で、死角なし。

○シンハライト デビューから負けなしのチューリップ賞馬
京都芝1600Mでデビュー勝ち。2走目休養明けの紅梅S(京都芝1400M)で2連勝をあげ、前走チューリップ賞(阪神芝1600M)では、1番人気だったジュエラーをハナ差で制し、重賞勝利を納めています。430キロの小さな馬体には似つかわしくないパワーの持ち主。出遅れ癖はありますが、それを挽回するだけの末脚を持っています。

▲ジュエラー 鞍上の手腕に期待
京都芝1800Mでデビュー勝ち。2走目は、シンザン記念(京都芝1600M)で牡馬の一線級との手合わせ。結果は、勝ち馬ロジクライにクビ差に迫る2着と健闘しました。前走チューリップ賞(阪神芝1600M)では1番人気に推されましたが、シンハライトとの叩き合いでハナ差届かず2着に敗れてしまいました。放牧明けで状態は完璧ではなかったとのことなので、今回は真の力が試されるレースになりそうです。三つ巴の一角ではありますが、他の2頭からは少し水をあけられている感じ。名手Mデムーロ騎手の手腕に期待したいところです。

以上3頭に

 チューリップ賞でまさかの惨敗、復調を期待したいレッドアヴァンセ
 メジャーエンブレムに唯一土をつけたデンコウアンジュ

を加えた5頭で、◎メジャーエンブレム1頭軸流しの馬連・3連複・3連単勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「競馬予想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事