ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

≪予想≫ヴィクトリアマイル

 第11回 ヴィクトリアマイル 
東京1600M、芝B・左、牝馬、4歳以上、オープン、定量

◎ミッキークイーン マイルが合っている
昨年のクラシックでオークス(東京芝2400M)と秋華賞(京都芝2000M)の2冠を達成し、4歳牝馬のトップ的存在です。3番人気に推されたジャパンカップ(東京芝2400M)では、位置取りが悪く8着に敗れてしまいましたが、休養をはさんで出走した前走阪神牝馬S(阪神芝1600M)では、年明けから絶好調のスマートレイアーにクビ差で届かなかったものの2着に入着。クイーンC(東京芝1600M)1着以来、1年ぶりのマイル戦で距離への感覚も取り戻したように見えました。もともと東京コースは(1、1、0、1)で得意な舞台ですし、叩き2走目でさらなる前進も見込めそうです。

○スマートレイアー 目下2連勝中で絶好調
ヴィクトリアマイルには2回出走しており、一昨年は8着、昨年は10着でした。昨年までは、芝1800M以上の距離での好走が目立っていましたが、今年に入ってからは、東京新聞杯(東京芝1600M)、阪神牝馬S(阪神芝1600M)といずれもマイルで勝ち鞍をあげており、適性が移行しているような感じがします。明けて6歳になりましたし、年齢による体調の変化でしょうか。東京コースは(2、2、0、2)で得意なコースですし、3回目の正直で今年こそヴィクトリアマイルでG1初制覇を達成してほしいです。

▲マジックタイム 遅咲きの能力馬
2歳時に新潟芝1600M未勝利戦、きんもくせい特別(新潟芝1600M)で2勝をあげてから、2年間勝ち鞍から遠ざかっていたマジックタイムでしたが、昨年秋の東京芝1600Mでの1000万条件戦で3勝目をあげました。その後は、ユートピアS(東京芝1600M・1600万円以下)で2着し、節分S(東京芝1600M・1600万円以下)で勝ってオープンクラス入り。昇級戦の京都牝馬S(京都芝1400M)で2着と好走すると、前走ダービー卿チャレンジT(中山芝1600M)では牡馬の一線級を相手に堂々の1着となり今までの成績がウソのような成長ぶりを見せています。とにかくマイルが得意で(5、3、0、3)、東京コースに限っても(2、2、0、1)ですので、ヴィクトリアマイルが最高の舞台になるでしょう。

以上3頭に

 昨年の覇者、海外遠征帰国からの立て直しも見込めるストレイトガール
 心配なのは距離だけ!実力最上位のショウナンパンドラ
 左回りならもっと走れるはずの伏兵シュンドルボン

を加えた6頭で、ワイド・馬連・3連複ボックス勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「競馬予想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事