pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブーリン家の姉妹

2010-02-28 00:05:15 | アメリカ映画(は行)



2008年 アメリカ・イギリス作品 115分 ブロードメディア・スタジオ配給
原題:THE OTHER BOLEYN GIRL
STAFF
監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:ピーター・モーガン
原作:フィリッパ・グレゴリー『ブーリン家の姉妹』
CAST
ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン エリック・バナ デヴィッド・モリッシー


学生時代から歴史が苦手な科目だったあたしは、映画で史劇を観てもただ「作品」として楽しむだけで終わってしまいます…。でもこれは鑑賞後、思わずWikipediaで詳細を調べてしまいました いくら歴史ダメと言ってもエリザベス女王は知ってたけど、その母親にこんな壮絶なドラマがあったことは知りませんでした。

16世紀のイギリスの女性は、子供を産むためだけに存在してるんだね。娘の結婚は叔父や、親であるはずの父親の出世道具として扱われ、男の子が産めなければ役立たず扱い。んもー信じられないっっ!! 二人の娘が一族繁栄のために利用されるのをただ見てるしかなかった母親が一番辛かっただろうな。この母親がついにラストに、おそらくこの時代にはありえない行動だったのであろう、夫の顔を叩くシーンが印象的でした。こんな『男尊女卑』という単語だけでは言い表せない時代に産まれたエリザベスが、のちに女王としてこの国を統治したというのだから、ぜひともそちらも詳細を勉強したい。ケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」を近いうちに観たいと思います。


【字幕翻訳:?】


コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 9時から5時まで | トップ | ベッドタイム・ストーリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ映画(は行)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
映画『ブーリン家の姉妹』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ジャスティン=チャドウィック。脚本、ピーター=モーガン。原作、フィリッパ=
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...