鹿児島生まれの開発者便り~無職&復職日記~

生活保護受給・無職・復職を繰り返す50代独り身の両足に障害があるおばあちゃんです。

病院が赤字なんだから、経営制限の法律を軽減したら良いのに。

2020年05月23日 09時02分18秒 | 日記

病院って、何でも販売出来ない。

 
本当は、販売したくても。
 
参考記事:
http://www.jscm.org/m-info/07_iryouhou.pdf

医療法
(昭和二十三年七月三十日法律第二百五号)
最終改正:平成一八年一二月八日法律第一〇六号 (今、令和2年ですけど

第六十四条の二 都道府県知事は、社会医療法人が、次の各号のいずれかに該当す
る場合においては、社会医療法人の認定を取り消し、又は期間を定めて収益業務の
全部若しくは一部の停止を命ずることができる。
一 第四十二条の二第一項各号に掲げる要件を欠くに至つたとき。
二 定款又は寄附行為で定められた業務以外の業務を行つたとき。
三 収益業務から生じた収益を当該社会医療法人が開設する病院、診療所又は介護
老人保健施設の経営に充てないとき。
四 収益業務の継続が、社会医療法人が開設する病院、診療所又は介護老人保健施
設(指定管理者として管理する病院等を含む。)の業務に支障があると認めるとき。 
 
病院は患者を預かる所だから
ある程度のコントロールは
病院側で出来ないと
治療が出来ないのも
わかるけど。
 
あまり、病院に出入りを
勝手にされることも
病院は困ること。
 
私は店員をしていた時に
店員の最大の仕事は警備だと教えられた。
商品を盗まれないことは
お客様を犯罪者にしない思いやり
それより犯罪者が店内に出入りした時に
笑い飛ばすことが話術
地震や火事に襲われたら
安全な場所に誘導し
安全になるまで保護することが
本来の店員の仕事。
 
病院であっても、その指名は変わらない。
病院に一歩入れば、病院を出るまで
安全に保護しなければならないし
安全な場所に誘導しなければならない。
 
病院なら事務方が考えることだろう。
 
事務方が頑張って!
病院に一歩でも入ったら
すべての人を安全に保護し
安全な場所に誘導し
安全に無事に出口から
出ていく姿をお見送りください。
 
病院でも販売出来るチャンスを
早く法整備してね!
 
国会議員のみなさん、
あなた達の仕事でしょ!
 
頑張れ!国会議員!
 
忙しくなりますよ!
 
法改正することが、沢山だから!
 
頑張れ国会議員さん
 
期待しています!
 
スピード感で、法改正して、道筋を
立てて下さい。
 
やりましょう!
お任せ下さいと
 
言って下さい。
早く助けて、
迷わず助けて。
 
 
助けられないなら、
緊急対応して
即生活保護受給資格を提供してください。
 
即です!
 
泥棒も自殺も
人殺しも
 
即、なくなりますから
いえ、それはありませんね、、、
減りますから

この記事についてブログを書く
« 潰れた店、潰れそうな店をテ... | トップ | 通信というインフラは、若い人が出来る仕事なの... »