日渡ぷらす日記

   
 まんが描き日渡早紀本人のブログ
 『ぼく地球』とか『ボク月』とか『ぼく歌🌏』

浜田理恵さんの音楽

2022-01-17 14:20:00 | 宣伝




今日は浜田理恵さんの音楽と…
《ぼく地球》の関係性を書いてしまおうと思います。
。゚✶ฺ.ヽ(*´∀`*)ノ.✶゚ฺ。


ムフフフ。
大好きなのです〜。

公式に書き下ろして頂いたのが、冒頭画像にもある2曲です。
《夢のすみか》
《Psychic Flew》


もう最高です。
満足です‼️‼️


けどですね。
あの…マンガ読者さまはおそらく皆さまご存知かと思われますが…
漫画描きって…己のフェチに忠実じゃないですか……
それはもう、放っておいたら何処までも。

特に長期連載中の漫画描きって言ったらもぉ。
それはもう、どっぷりハマってるんですよ。
己れのフェチに。

浜田理恵さんの音楽を知ったのは《ぼく地球》描いてた後半辺りですかね。
その頃出入りしてくれていた作家さんに布教されました。





⬆︎コレが布教された CDで《無造作に愛しなさい》


⬇︎『汚れた夏』



もうこの『汚れた夏』がですね。
今聴いても歌詞読んでも輪ですね。
紫苑に汚染された輪。

不思議なんですが…
《時の記憶》の菅野さんのコーラスにも似た。
途轍もなく真っ直ぐな、したたかなコーラスが間奏部分に在るんです…
震えますよ。
ホント。




⬆︎《灰にもなれず 塵にもなれず》

コチラも輪で聴けてしまうんです。
灰にも塵にもなれずに、心焼かれて花になるのは紫苑です。
_(:3 」∠)_
こういうところが漫画描きのフェチの勝手なトコロ。


紫苑は悪夢の中で木蓮だけを見つめてる。
その紫苑を見つめてるのが輪ですね。

子供が歌うわけですよ。
灰にも塵にもなれない男の憐れな姿を。

音楽はそれこそ人それぞれの趣味がありますので。
一概にはオススメも…し難いのですが。

当時の、連載終盤は鬼リピしておりました。
特に苦しむ輪を😆描く時〜。
それこそ聴き込んで臨んでました。

『ありすーーーー』

と泣くシーン…あるじゃないですか。

あそこあそこ。
(*≧▽≦)ノシ))
⬆︎sくんはコイツ

コホン。
とにかくですね。
当時の日渡の中では。
浜田理恵さんの歌声は輪だったのです。
















この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鎮魂歌 | トップ | きゃーーーーーっ‼️ダリエさんだーーーーーっ... »
最新の画像もっと見る

宣伝」カテゴリの最新記事