光を知らない猫との生活♪

生まれつき目が見えない猫との日々の出来事を趣味など紹介しながらお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八朔の追熟方法

2011-02-17 23:20:04 | お取り寄せ

八朔がまだ苦かったので、生産者の方に家庭での追熟方法を教えて頂きました。

 

暖房の無い 風通しのよい涼しいところで 箱の蓋を開けて、日に当たらないように
置いておきます。

日にちが経って、皮に張りがなくなって しなしなになったら追熟完了です。

その時 皮が張りがあるものは 中身がパサパサになっているので、
保存状態があまり良くなかったという事です。

皮に張りがあるものは 中身の水分が皮に吸い取られ中身がダメになっています。

八朔は 3月ごろから段々皮が萎びてくると中身が美味しいです。

大きな実は中身がパサパサになりやすく、あまり長く置くと、
皮に火傷のような斑点が出来てきます。

ミカンも同じです。

 

と、専門家のお言葉でした。

知らない人が多い為か、甘くなったしなしなのミカンをあえて選んで送ると、
「新鮮じゃない!」と、しばしばお叱りを受けるとの事です。

 

私もデコポンは萎びた頃が甘いと知っていましたが、八朔やミカンもそうとは
知りませんでした。

外見ではないんですね~

またひとつ勉強になりました。

 

でも萎びてしまうとピールが作れないのでは、と心配です。

中身を取るか皮を取るかですね。

やっぱり中身優先です。

 

しなしなになった方が甘いなんて、干し柿みたい!

 

 

 

 

にほんブログ村 スイーツブログ ナチュラルスイーツへ

人気ブログランキングへ

 

『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 柑橘祭り!第3弾の前に | トップ | 柑橘祭り 第3弾♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お取り寄せ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事