風の数え方

私の身の回りのちょっとした出来事

清水中央銀座

2007年11月14日 | 静岡
先週末、夜勤明けで帰ってきた夫が、「ソフトクリームの店のところの屋根がなくなった」と言うのです。
それは、清水中央銀座にあるお店のことで、前日の夕方、二人で歩いたときにはまだあったのです。
月曜日に通ると、確かに屋根の一部が取り払われていました。
中央銀座に軒を連ねる、私にとっては思い出深い店舗と屋根は一体化していたので、なんだかさびしくなっちゃいました。
それでも月曜日の夕方にはまだ、「中央銀座」と書かれたプレートは残っていたので、せめてそのプレートの写真だけでも撮ろうと、昨日の朝、出かけてきました。
そしたら、屋根はほとんどなくて、プレートもなくなっています。
きっと、人通りの少ない夜中に作業が行われたのでしょう。



中央銀座にお店を構えている店主さんも、写真を撮っていたので、私はプレートの行方を聞いてみました。
どうやら、廃材と一緒に持っていかれてしまったようです。
このあたりは、電線の埋設工事が行われるそうで、工事終了後は屋根が新しくなるらしいです。
ほんの一部、まだ屋根が残っていました。



新清水駅も解体作業中です。



ホームはいつもと変わらない風景でした。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 夜明け前。星三つです。 | トップ | 巴川作業風景 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kay)
2007-11-14 18:10:50
へぇ~、あの辺りも生まれ変わるのかな?!
それより!清水銀座じゃなくって清水中央銀座って言う名称なんですか?!
今日まで知りませんでした(笑)
だんだん (ゆうゆうみ)
2007-11-15 01:54:22
ともえさん、こんばんは。
きっと、ともえさんは夢の中でしょう。
私、まだ起きてます。
明日の朝が怖いです、、、起きられるかと。
お弁当作りも有りますし、、(泣)

ところで、寂しくなりますよね。
でも新しい物が出来るのですね。
焼津市でも、昭和通りはアーケードが取られなくなりました。
ですから「昭和通り」の看板もなくなったのです。
残念です。

昭和通りは、時代で名前が変化して、以前は「大正町」と言われてました。そして昭和になり「昭和通り」となりました。
妻夫木さんの出られた「ウォーターボーイズ」の撮影に使われましたよ。
お餅屋さん(大福が美味しい)、お肉屋さん等々。
その他のお店も、お店に寄っては閑小鳥が鳴いてます。
私の小さな時は、買い物に行くのがとても楽しみだった場所で、多くのお店が賑わってました。
今は、静岡まで電車で15分。
皆、静岡まで出掛けるんでしょうか。
どこも同じ、寂しい限りです。
◆kayさん (ともゑ)
2007-11-15 05:45:41
あの辺りは、清水橋が新しくなったので、
それに伴って周辺も変わっていくのかもしれません。
私自身も、いつ中央銀座と知ったのか記憶がないのですが、
駅前銀座と清水銀座がつながるところなのですね。
中央銀座のプレート、ほんとに残念で……
◆ゆうゆうみさん (ともゑ)
2007-11-15 06:36:51
おお、ゆうゆうみさん、も、もうすぐ2時ですね~。
私、完全に熟睡中です。
ゆうべは、9時から『小さな恋のメロディ』を放映していたので、
懐かしさに見たくなったのですが、気づいたらソファで眠っていました。
やっぱりダメでした。
昭和通りへは、もう長いこと行ってないのですが、焼津もそうでしたか。
時代とともに名前が変わったことは知りませんでした。
アーケードがないって、利用客にとっては不便ですね。
また、お店にとっても、陳列商品の劣化が防げられていいのではないかとも思うのです。
『ウォーターボーイズ』、何度か見ていたのに、
焼津の街が出ていたのを知りませんでした。
今度見るときは、そのあたりもじっくり見てみたいと思います。
私は毎日のように、商店街のお店をのぞいたり、買い物したりを楽しんでいるのですが、
できるだけ、この楽しみが続くといいなぁと思うんです。
って、すごく個人的理由になっちゃうのですが…。

静岡」カテゴリの最新記事