まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

京都 五条楽園のたてものめぐり~その2

2006-10-17 23:48:40 | ディテール
まだまだあります。


1Fの軒部分に手すりを模した(?)装飾がついています。


細かい市松模様のタイル貼りにステンドグラス入り丸窓。
う~ん、素直にかわいい。


窓は一ひねり二ひねり、凝っています。


こちらは角地のお店。アールを取ったファサードに丸窓と矩形の窓を散らし、
リズム感を感じさせる外観ですね。


明るめの褐色のスクラッチタイルに黒の窓枠、透明のステンドグラス。
洗練された感じです。


こちら側にも。
内側はカーテンか板で窓をふさいであるようですね。


ここは高瀬川沿いのお店。タイル巻きの柱がポイントですが、
その前の水玉模様に塗られた石がなんだかおちゃめです。


このお店、玄関が開いていたのをいいことにちょっと中を覗いてみたら、
タイルがすごい。左側の台の正方形のタイルは、釣鐘の表面を思わせる
ようなイボイボが並んだタイル。細長いタイルで色の濃いのは、斜めの
格子状に筋を入れたもの。他のも非常に味わい深く、渋いセレクトです。


これも別のお店の玄関先。床のモザイクが美しい。
こんな調子だから、内部も見ていくとさらにめくるめく世界が広がっているに
違いない!!


まだ続く。

コメント   この記事についてブログを書く
« 京都五条 たてものめぐりの間... | トップ | 京都 五条楽園のたてものめぐ... »

コメントを投稿

ディテール」カテゴリの最新記事