ゆうき野菜は難しい

ガーデニングから本格農業・家庭菜園など安全な栽培方法について、営農指導員が質問・疑問にお答えするブログ

アブラムシは梅ノ木から?

2006-04-08 17:21:59 | ニームで安全な害虫対策
昨年はアブラムシの被害がニュースでも取り上げられるほど深刻な状況になっていましたが、今年はどうでしょうか。

そろそろ暖かくなってきたこともあり、家庭菜園の準備をはじめる方も増え始めました。そこで、今回は、ニームを利用したアブラムシ対策についてです。

アブラムシは、4~6月に野菜・果樹に現れ始め、9~11月には野菜・果樹から移動し、その後で越冬します。

では、実際にはどんな作物から順番に現れ始めるかというと、これは私の地元だけかもしれませんが、たいていは「梅の木」からスタートするようです。
これはあくまで私個人の予想ですが、ちょうど4月ごろに一番先につぼみを持ち始めるのが「梅ノ木」だからではないかと思います。

私の地元では、家庭菜園の畑の回りに梅の木があるところも多く、そういう場合には、畑に「ニーム顆粒」を撒く前に、まず「梅の木」のまわりにまいてもらい、できれば「ニームオイル」を花芽を持ち始めた頃に一度散布してもらっています。
こうすると、最初からアブラムシの絶対量も減りますので、かなり効果的のようです。

ちなみに、アブラムシはアリと共生し、分泌物を与えるかわりに天敵から守ってもらうことがあります。これはアブラムシ自身の防御力が弱いためだといわれています。

つまりニーム顆粒を「梅の木」のまわりにまいておくと、アリも寄り付きにくくなるため、アブラムシ対策としては効果的のようです。


<<質問について>> 家庭菜園・ガーデニング・農業についての質問や疑問などがありましたら、ご自分のブログからトラックバックを送っていただければ分かる範囲で回答します。もしくは記事にコメントで残していただいてもOKです。一応営農指導をしてますんで、大概のことはお答えできると思います。 マイ・オークションをごらんください


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。