津田沼ロック!

I AM DJ.TAKA!
I LOVE PUNKROCK!
湾岸CRAZY DISCO!

ゲロゲリゲゲゲ!

2007-12-21 00:47:55 | Weblog
昨日の夜中に急に腹が痛くてトイレに駆け込んだら、汚い話で申し訳ないんですが物凄い勢いで水みたいなのがジェット噴射されまして、その勢いといったら軽く腰が3ミリ位浮くほどでしたよ。「あれ~?そんな悪いカレー喰ったかなぁ?」と思い返してみても心当たりはなく眠れずにいたら、今度は急に寒気がしてそのままダウンタウンブギウギバンドでした。ん~、土曜日は今年最大のビッグなイベントに出演するのについてないぜぇ~!でもまだ1日以上あるからね。完全に治してスッキリ気分でロフトへ行ってやりますよ。

そんなこんなで先日、島谷ひとみ「男歌~COVER SONG COLLECTION~」買いました。ノリ的には徳永英明のVOCALISTシリーズの影響も大いにありましょうが、先に「亜麻色の髪の乙女」のカバーでヒット出してるし、徳永のデビュー曲もこのアルバムでカバーしてたりするしね。関係あるっちゃあるだろうけど関係ないんだと思います。ま、作品の良し悪しは自分で決めたらいいと思います。

バラードばかりのカバーなんだけど、いや~癒されますなぁ!知らない曲も幾つかあるんだけど「悲しみにさよなら」とか「キャンディ」とか「幸せな結末」とかイイなぁ。特に「初恋」は個人的に人に言えない淡い想い出もあるのでグッと来ます。w

初回限定盤は若干高めですが、スタジオライブのDVDが付いてお得度高いですよ。収録曲全て見れますからね。こちらの方をオススメします。
コメント

人間って、寒い所にいるアザラシみてぇだなぁ~!

2007-12-20 00:06:46 | Weblog
分る人にはこのタイトルが何のことか分ると思うんですが…先日自分の日記に書きましたが「原宿ブルースカイへブン」を読んで俺の中でクールス熱が再燃してきていたり、色んな人の日記に永ちゃんの武道館へ行ったって書いてあったり、今日は西船橋で人と待ち合わせしてたら間違いなくこれから武道館へ行くであろう分りやすい人を見かけたり(九段下まで東西線で1本だしね)…と言う訳でキャロルの解散コンサートのDVDが見たくてたまらなくなりました。やっぱロックンロール最高!間違いない!

このライブ映像の中でかなり好きな1シーン。「ズッコケ娘」からユウのドラムソロで「憎いあの娘」に繋ぐ所があるんだけど、クールスが街を滑走するシーンが小刻みに挿入されるのね。ココがたまらなくカッコイイんですよ。

http://jp.youtube.com/watch?v=fqXShvIXXYw&feature=related

マニアってそういうモンでしょ。あ、タイトルはこの作品の中のジョニー大倉の台詞です。

あぁ~、またバイク欲しくなって来ちゃったなぁ~!
コメント

感謝の気持ちが足りなくね?

2007-12-19 00:07:14 | Weblog
某書店で本買ったら「歳末ナントカ感謝祭」とか言ってクジが引けるっていうんでキメてきました。D賞って言うからハズレでポケットティッシュよりは良いモノもらえるんだと思ったら、本日限り有効の100円券でした。コレ、ポケットティッシュ以下ですよね。今買い物してきたんだから、もう欲しいモノねぇよ!感謝と言うよりむしろ、さらに金を使わせようって魂胆ですよね?店員に「使えないじゃん!」って突っ込んだら「ですよねぇ~」ってニヤニヤしてて、あまりの下らなさに俺もニヤニヤしました。2人で一緒にニヤニヤしてみましたよ。

最近、「ニッポンの教養」とか「芸能界宇宙部」とかチョイ科学番組が面白いとか、マニア向けの雑誌が面白いとか書いてますが、俺の中では同じラインで繋がってるんですね。何かこう1つの方向に向かってくハンパないパワーに刺激を感じるんですよ。どっちも道を究める、つまり極道なんです。
コメント

STAY COOL!

2007-12-18 00:22:29 | Weblog
お友達のお薦めで「原宿ブルースカイへブン」を読みましたよ。バイクチーム・クールスの結成前夜からバンドとしてデビューして人気が出始めた頃のお話ですね。熱狂的ファンには物足りなくて賛否両論らしいけど、バンドのサクセスストーリーが大好きで「街」を描いた作品は大好物なので凄く面白く読ませてもらいましたよ。

例えば、俺は新宿系なので「新宿鮫」とか「不夜城」とかたまんないんですね。靖国通りを渡ってどの路地に入って…なんて書いてあると景色が浮んで一気にのめり込めます。ファッションにあまり興味がなかった俺は「原宿」で遊んだ記憶ってほとんど無いんだけど、社会人になってからあの界隈には取引先も沢山あったし、明治通りや青山通り・表参道等は営業車で普通に通り道だったので毎日走ってたからね。それに日本のロックンロール聴いて育ってりゃ「原宿」って言ったら聖地って想いはありますよ。表紙を開いて最初に「70年代の原宿」って地図が見開きで載っててさ。読み進める毎に場所を確認してみたりしながら、どんどん引き込まれいきますよ。ほぉ~、キャロルのラストライブのあのシーンは原宿からスタートしてたのか…と表参道から左折して青山通りに入ったんだなぁなんてリアルに感じる訳ですよ。

ぜひ読んでもらいたいので詳しくは書けませんが、喫茶店で読んでたんだけど泣けました。同じ想いで仲間が集まって、色々あって、それでも捨てきれない想いがあって…よくある話だけど、「ロックンロール」と「街」と「志」でいっぱいです。

第何期か知らないけど、大好きで一時期DJのシメはいつもこの曲でした。

http://jp.youtube.com/watch?v=NQ5DX27VPB8
超カッケェ~!
コメント

敵は本能寺にあり!

2007-12-17 00:05:58 | Weblog
玉木宏の信長、カッコ良かったなぁ。目付きの強烈さとか変な格好の似合う感じとか、クレイジーでイカしてました。多分、斬新な物語りとして仕上げてあったんだろうけど、日本史に弱い俺は普通に見てしまいましたけどね。歴史に人の生き様とかを求めるのはオッサンっぽいけど、イケイケな信長とか憧れるし、追い込まれ決断する光秀を熱い想いで見てしまいます。


さてさて、今度の土曜の夜は新宿ロフトでDJです。URASUJIですよ。

2007年12月22日/sat
at 新宿 LOFT

open-start
19:30-20:00
all night
bar stage DJ only club style
-要身分証-

DJ
URASUJI. CREW
SATO IVOLI HINO
Genta Hasegawa
Wakazono Tsuji


LIVE
遠藤ミチロウ
Oi-SKALLMATES

ED WOODS
DALLAX
WHO THE BITCH
CAPSULES
THE 69BALL
The HIGH TIMES

opning live
THE INSANITIES


GUEST DJ
大貫憲章
ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
小堀(2丁拳銃)
ワタル(i-rock)
島津行裕(THE JAPONICANS)
JOE(大阪西成)
DJ TAKA !(暴走ダンスホール)
ANZAI(Jiggy Crown)



前売3000円+D
当日3500円+D
P-276-254
L-37735


てな感じで、一つヨロシク頼みますよ!
コメント

ガスタンクトリビュ~ト!

2007-12-16 00:03:00 | Weblog
いつか買おうと思いつつ記憶の彼方へ行ってしまってたのですが、先日中古屋で見つけて買いましたよ。しかも500円、有り難い。しかも中々良い内容ですね。

やっぱ雷矢の「RED INDIAN'S ROCK」カッコイイなぁ。何しろ大好きなバンドだしジェロニモよりむしろこの曲が俺は好きなんですよ。それとストラマーズは参加自体が意外だし「MR.GAZIME」って選曲もね。ガスタンクの世界観を岩田さんの真っ直ぐなヴォーカルで歌うとヒーローものの主題歌みたいな味で面白いです。そして最後の「THE EYES」をやっている4 EMBALMERって凄いね。クレジットはVo:HIKAGE(THE STAR CLUB)、Gt:REE(RAPES)、Ba:KATSUTA(鉄アレイ)、Dr:TATSUYA NAKAMURA(BLANKY JET CITY)ってなってますよ。このメンバーでライブやった事あるのかなぁ?観てみたかったなぁ!気になるなぁ!

ガスタンクとの出会いは相当昔になるんですが、お友達がコブラ「スタンド・ザ・プレッシャー」をダビングしてくれて、その空きに「RED INDIAN'S ROCK」を1曲だけ入れてくれてたのね。いやー超カッコイイ曲だねって…俺は何年もずーっとコブラの曲だと思ってたよっ!!いやいや、他の曲だったら一発で違いが分かったと思うけど、この曲はガスタンクとしてはちょっと異色だし、ましてまだ何も知らなかったウブなTAKA少年でしたから…仕方ないじゃないですか!w

俺がそんなうっかりBOYだった頃のガスタンクのライブ…
http://jp.youtube.com/watch?v=NTOlVOqjttU
超カッケェ~!!
コメント

立ち上がれ!日本男児!!

2007-12-15 00:03:48 | Weblog
KKベストセラーズ「いざゆけ!ゼロ戦」。零戦の魅力を語るのにコロンブスのアメリカ大陸発見から書かれているのがいいなって思って買ってしまいました。何故そうなったのかって大事だからね。堅苦しい感じでなくポップな感じもいいなって思いましたよ。しかもブックオフで300円で買ったんですが、先月リリースされた新刊みたいで得した気分です。中身も写真やイラストが多数使われていて面白く読めそうですよ。基本的に歴史には弱いので非常に助かります。学校では教えてくれない近現代史をちゃんと勉強しましょ。

本日のご紹介は大好きなお友達のバンド「零戦」です。最近はパンクでも主張のないのが多いですが彼らは自分の思った事をちゃんと歌にしています。俺とは違う考え方の部分もあるけど、思った通りに歌う彼らの姿勢が大好きです。

http://jp.youtube.com/watch?v=BnugYEc3Yew

外交の問題のみでなく。全てに対して「立ち上がれ!日本男児」な気分です。色んなニュース見ていてそう思います。
コメント

さかもとっ!

2007-12-14 00:05:58 | Weblog
来週末にUSASUJIがあって、年内最後のDJは28日に渋谷クロールで金八リスペクトバンド・K8-BOYSと共演なので、久し振りに「金八先生」を見てみましたよ。何か選曲のヒントがあればって思って。俺、結構真面目でしょ?

始まっていきなり変態が出て来て…イジメ、ネット社会、ロリコン…もぉカオスですなぁ!俺が見てた頃のいわゆる「金八先生オリジナル」も結構カオスだったけどね。で、話は進んでって、黒板に書かれた「ウラサイト」の文字に怒りをぶつけるシーンとか、最後に提出されたノートを読むシーンとか、金八っつぁんのジレンマを見て悲しくなりました。もう「愛」では解決出来ない位に訳分らない状況になってしまってるんだねぇ。それでも金八っつぁんはどう生徒たちに説いていくのか…来週から見てしまうかも知れません!

でもさぁ、今後の展開は気にはなるんだけど、最終的にはきっと「正義」で片付けられちゃうんだろうなぁ。ま、解決しないととことん暗くなってしまうからね。

あの頃の学園モノって校内暴力全盛期で80年代のヤンキー文化の1ページだったと思うんです。たのきんトリオが出てたヴァージョンも沖田浩之のヴァージョンもね。ちなみに「金八先生」は多分再放送で見てた気がします。タイムリーで見てたのは「仙八先生」だったかな。シブがき隊よりもイジメられっ子な本田泰章のファンでした。

ナイフだけが僕の友達さっ!
コメント (2)

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう!

2007-12-13 01:52:00 | Weblog
by 早川義夫…

ではなくて、ハードボイルド小説好きな俺ですがいつも同じ作家の作品ばかり読んでいるのでもう少し幅を広げようと思い、割りと最近人気の作家の作品を読もうと思ってブックオフである作品を買ったんですね。でも「俺ってカッコイイだろ?」と言わんばかりの気取った作風に全然馴染めずに読む気なくしましたよ。違うんだよなぁ~。何か薄っぺらい感じがしてちっともカッコイイと思えないですよ。音楽に関しては頭悪そうな位に分り易いのが好きなんですけどね。w

と言う訳で早川義夫「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」を久し振りに聴いてみようと思ったんですが…見付らないんです!

で、とりあえず何か違うものを…って事で、宮部みゆき「R.P.G.」を読んでみましたよ。女流作家はあまり読まないんですが、以前誰かにオススメされたのを急に思い出して読んでみたんですが、中々面白かったです。

てゆーか、CDが見付りませんよ?
コメント (4)

まつだ!

2007-12-12 00:03:43 | Weblog
先日は本八幡サードステージ芸人御用達の西船橋スタジオSUNにTHE SHYLOCKのレコーディングで行って来た訳ですが、その隣が中古ショップになっていてココもセットで覗いていくのが恒例となっております。いつも行ってる店だと劇的な出会いも中々ないんだけど、たまに行くとあるよね~。で、松田優作のライブDVDを見つけたので即買しましたよ。こんなの出てたんですねぇ。去年のリリースみたいですけど。

松田優作って言うと俺より一つ二つ世代が上の人たちにとってはカリスマですよね。俺は歌手としてファンでした。中学生だった頃、俺にパンクロックを教えてくれた奴が好きで、たまたまアルバムを聴かせてもらった事がきっかけでした。沢田研二の「きめてやる今夜」を激シブのブルースヴァージョンとして歌ってたのがやたらカッコ良くてね。

と言ってもその当時買ったアルバム「INTERIOR」と没後リリースのベスト盤位しか持ってないんだけど。このDVDがちょうどその頃のライブなので、あの時聴いてた大好きな曲満載でかなりたまらないです。歌ってる所なんて、もしかしたら夜ヒットの秘蔵VTR的なので観た事あったかも知れないけど、ほぼ初めてなので感動です。中学生の俺には大人の雰囲気過ぎたけど、そういうのも感覚的にカッコ良さって分るじゃないですか。

決して歌が上手い訳でもないけど、このDVDの特典映像の中で内田裕也も語ってますが「存在がロック」と言う部分がビシバシ伝わって来ます。理屈じゃないんだよ。俳優としては子供の頃に「太陽にほえろ」に出てた人とか、ちょうどその頃だと「家族ゲーム」が話題になってたりとか、ファンになってからは遊戯シリーズとかも観たけど、俺の中じゃ「歌手・松田優作」なんですよ。
コメント